「ほっ」と。キャンペーン

2017/02/21 黒田勉強会

月に一度の勉強会に参加して参りました。今年の2月は第1週が救歯会スキー部。第2週がもくあみ会。先週がなんかよう会との合同勉強会。来週は因みに例会発表とすでに半分以上が終わっているのですが、振り返るととんでもない強行スケジュールでした。
今回はミニケースが2例で1例は当院から出題しました。

b0112648_16211269.png
治療終了が2008年なので来年終了から10年が経過する方。治療終了後様々なトラブルに見舞われました。 幸い2カ所の抜根で済んでおり、喪失は免れております。力のつよさやパラファンクションによる歯根破折やセメント質剥離。現在は明らかに咬合力が減退しておりますが、根面カリエスという別の問題に直面しつつあるようです。じっくり一症例は左右的すれ違い傾向のある、少数歯残存症例。問題点と処置方針を討論10年後の喪失と「どのような残存歯の配置が望ましくないか?」を討論しました。レポート発表は 89年歯界展望別冊「診断と治癒像を探る」から 欠損歯列の処置の客観的評価を求めて 黒田昌彦 著欠損歯列を病態としてではなく、障害モデルとして捉える先月拝読した「対治と同治」にも通じる内容です。現在でも欠損歯列の処置に対する客観的評価は存在せず、難しい問題である事が分かりました。
[PR]

# by nooji1 | 2017-02-22 16:39 | 勉強会 | Trackback | Comments(0)

2017/2/18-19 欠損改変の対価

救歯会の若手の先生11名と火曜会の若手の先生の会「なんかよう会」との合同勉強会に参加して参りました。3年程前にもおこなっておりますが、なんかよう会の先生方と症例を持ち寄り診断や治療方針の是非などを討論する会です。
前日の懇親会では各会より2名の先生のお伺い症例。
自家歯牙移植、意図的再植術の術式や適応の是非。欠損歯列における咬合再構成の手順などが話題となりました。
19日は10人が出題。討論の内容は主に欠損歯列の診断 改変の是非 咬合に関する話題 自家歯牙移植についてはCBCTでの術後評価なども話題に上りました。
3年前の合同例会でも比較的話題になったのは「欠損歯列改変の是非」


b0112648_15144402.png

特徴的だったのはこの症例、左下の犬歯はすでに喪失。その後右下54番が相次いで喪失した時点で上顎の7番を下顎の4番相当部に自家歯牙移植。ついて左側も上顎7番を分割し下顎の5番相当部に自家歯牙移植を行い、加圧条件の減弱、受圧条件の強化と咬合支持を獲得するという処置が行われました。右下の3番を守る為に下顎前歯が崩壊して無歯顎に移行するのを守る為に欠損を改変するという点に対して討論が行われました。
少し前にGCのシンポジウムで救歯会の壬生秀明先生が欠損歯列における個別性を話題にされておられました。3年前の同合同勉強会ではこの欠損歯列改変の部分で色濃く両会の特徴が現れた瑛におもいました。やはり話題としては盛り上がる論点のようです。
b0112648_15481276.jpg
両会の先生方の様子を数枚ですが写真に収めました。終始楽しい会だったと思います。
先週のもくあみ会でも感じましたが、火曜会の若手の先生方の熱意とエネルギーの高さを実感し大変刺激をうけました。
[PR]

# by nooji1 | 2017-02-18 15:53 | 勉強会 | Trackback | Comments(0)

2016/02/11-12 もくあみ会

年に一度の勉強会「もくあみ会」に参加して参りました。
 「臨床基本ゼミ」のOB会であり、「勉強したことが身につかず「もとのもくあみ」にならないようにという意味合いがあるとの事です。
 発足はかなり古く、今年で15周年ということ。勉強会としての原点に返るべく今年は日曜日も全体回ではなくケースプレゼンテーション
 が行われ、全体で14人が出題されました。
  各スタディーグループの気鋭の先生方の発表と言うことも、新人の先生の熱意のある発表もあり全体的にすごいレベルの発表だったと
 感じました。今年の臨床歯科を語る会でも分科会のテーマとなるディープオーバーバイト症例の問題についても話題が登り、一年間のはずが
 大変な浦島太郎状態を体験しました。火曜会の先生方の進化のスピードに瞠目しました。さすがエリート集団です。
b0112648_16311839.jpg
b0112648_16333610.jpeg
2日目にこのような書籍をいただきました。以前黒田勉強会で黒田先生にご紹介頂いた書籍で、かつて2年前と3年前に行われた長谷川成男先生をお呼びしての救歯会外来講師講演会で拝読した参考文献に幾度となく登場した論文です。まさか手に入るとは思っていなかったので大変嬉しかったです。有り難うございます。来年のもくあみ会は新潟で行われるとの事です。


[PR]

# by nooji1 | 2017-02-13 16:37 | 勉強会 | Trackback | Comments(0)

2017/02/10 パンフレットを作成中です

昨年から、医院のパンフレットを亢進するべく試行錯誤しております。昨年までつかっていたパンフレットはちょうど開業時にばたばたしながら、作った物。
呈示できる経過のある症例も当然無く、若干背伸び気味のものを作って使っておりました。今年の4月でちょうど開業10年目。経過のある症例呈示もできて、ようやく身の丈にあっている医院紹介となった様に思います。
b0112648_15403609.png

[PR]

# by nooji1 | 2017-02-10 11:43 | Trackback | Comments(0)

2017/02/09 感銘を受けた本

昨年黒田勉強会に参加した折に、黒田先生蔵書を何点か頂きました。そのうちの一冊がこの本なんですが。
b0112648_11053970.jpg
朝日新聞社 朝日新聞科学部 「歯無しにならない話」
いぜんから知っていた本なのですが、なかなか読む機会がありませんで、今回手には入ったため拝読しておりました。
非常に分かり安い。歯周疾患や虫歯は「生活習慣病」であり、根本治療についてかなりの内容が割かれている書籍は初めてです。
感銘を受けるフレーズが多々でてきますが、来院者さんの病気に対する考え方と価値感、知識についてどのように接するか?日々試行錯誤し、苦心
する部分と思っていた矢先、30年以上も前に作品中に登場する豊中の歯科医 故片山恒夫先生は 歯科医が治療を成功させるためには
「心理学と教育学の原理及び技術を身につけなければならない」と説かれていたとあり。驚きました。
「日一日と歯ぐきが悪くなっていくのは、分かるのだが、どう手を着けたらいいのか。歯医者さんにもさんざん通って、この有様だ。
途方に暮れていました。」文中に登場する歯周病患者の方に対して「くどくど説明せず十分に話してもらった」という下り。恐らく傾聴と教育のバランス
が素晴らしくよいのでしょう、モチベーションをかける技術なども30年以上前の書籍とは思えない内容です。
何故治らないのかと思ったら、読んで欲しい書籍です。おそらく入手は困難かもしれませんが古本などで手に入ったらぜひ読んでみて下さい。



[PR]

# by nooji1 | 2017-02-09 11:40 | Trackback | Comments(0)

2017/01/26 院内勉強会をおこないました。

月に一度の院内勉強会を行いました
 毎月テーマを決めて抄読論文の発表を行って降ります。
 今月の抄読論文は 「デンタルラボから〜4前略歯科衛生士様 プラークコントロールへのアプローチ模型からのアプローチ」
 歯科衛生士 vol11 No 8 1987 玉置 博規先生

 
b0112648_20275252.jpg
歯科技工士の立場から、プラークコントロールや補綴物の清掃性についての考察が書かれております。
衛生士さんの視点から補綴物、とりわけ作業模型などの技工物はなかなか目に入らない事が多いかと思います。
少し違った視点からも物事をみてほしいという願いからこの論文をチョイスしました。






[PR]

# by nooji1 | 2017-01-26 20:27 | Trackback | Comments(0)

2017/01/25 こそ練しにきてます

2月の第一土日で、救歯会の先生方と秋田の田沢湖にスキーにご一緒することになりました。
43年間、スキー用品店街にいながら一度もやったことのないのじでんですが、ちょっとしたきっかけでハマりました。
流石に同行される先生方にご迷惑をおかけする訳にもいかず、また怪我をするのも嫌なので救歯会のK先生にお願いして
ご指南を受けることになりました。もと国体選手にマンツーマンレッスンという結構有り難い状況です。
b0112648_19521345.jpg
埼玉県 狭山スキー場に来てみました。
人工スキー場で雪は重めとの事ですが、初めての身してみたらなにがどうだが分からないので結構楽しめます。

[PR]

# by nooji1 | 2017-01-25 19:51 | Trackback | Comments(0)

2017/01/22 印象の硬化不良の原因を探る

昨年末の型どり作業中に、シリコーン印象材の硬化不良が起こってしまいました。
b0112648_19204284.jpg

幸い2度目の再印象で採得することができました。ご迷惑をおかけしてしまった来院者さん申し訳ありませんでした。
b0112648_19311908.jpg
シリコーンの硬化不良の原因でよく言われているのは、ラテックスグローブによるもの。しかしこの時術者は
硬化不良等の感作しづらいグローブを使用しておりました。 アシスタントはグローブを外して衛生手洗い。
原因は他にあるのではないか?と検証をしている最中です。
b0112648_19315665.jpg
普段使いのシンガーラテックスグローブも幾分か感作します。
b0112648_19323371.jpg
ニトリルグローブもこのくらい。若干の硬化不良はありますが、いままでは起こらなかった事態です。
b0112648_19354380.jpg
硬化不良が起こったシリンジに残っていた印象材。硬化しておらずひどい状態です。
b0112648_19362977.jpg
シリンジを通常の予洗〜熱水消毒の工程にのせてそのあと印象材を入れても問題は出ませんでした。
b0112648_19372195.jpg
硬化遅延はおこらずいたって平和な状態
b0112648_19385281.jpg
唯一近似した状態に硬化遅延がでたグローブ。
アシスト業務中はグローブの無い状態だったので、恐らく消毒、滅菌行程でグローブをしていてシリンジに問題がすでに
あったのではないかということで・・・。
b0112648_19395705.jpg
b0112648_19410629.jpg
 グローブをした手でさわったシリンジと
b0112648_19414033.jpg
衛生手洗いをした手で握ったシリンジでそれぞれシリコーン印象材が硬化するかを見ていきます。
b0112648_19424490.jpg
印象用シリンジを洗うブラシをさわってみる。
b0112648_19433652.jpg
これで解決かと思いきや、硬化してしまいました。
あと思いつく物としては手に付く物としては、ハンドクリームくらいしかありません。
b0112648_19450723.jpg
まだ確証はえられていないので、製品名などはひかえますが、
b0112648_19460107.jpg
1種類だけ硬化が遅れる物があります。
b0112648_19463054.jpg
しかも結構協力に硬化遅延がでます。
歯科関係の皆様、ハンドクリームにもくれぐれもご注意下さい。



[PR]

# by nooji1 | 2017-01-22 19:19 | Trackback | Comments(0)

2017/01/08 そしてハマる

昨年から趣味で、スキーを始めましてただいま湯沢温泉にきております。
b0112648_10521171.jpg
いままでなにも趣味をもってこなかったのですが、ちょっとしたきっかけで始まることになりました。
やってみると今までのやらず嫌いがウソのようでして・・・。
開放感にすっかり魅了されてしまいました。
b0112648_10520445.jpg
こちらは雪遊びをするためにウェア一式をてにいれてご機嫌な様子。
家族での過ごし方の選択しが増えたのも良かったかと思います。



[PR]

# by nooji1 | 2017-01-08 10:32 | 趣味 | Trackback | Comments(0)

2016/12/20 院外勉強会に参加して参りました

月に一度の勉強会「黒田勉強会」に参加して参りました。

b0112648_17404703.jpeg
b0112648_17403253.jpeg


本日は一例報告3題
 1症例目は「歯牙保存の意義を考察した1症例」K先生
 39歳女性の方 左上6番が弱体化しており、トライセクションとエクストルージョンを用いて保存されておられ、4年
 の経過から歯牙保存の意義について考察されておられました。
 発表は口腔内写真をあえて使わず、デンタルエックス線写真だけでおこなうというもの
 予後不安歯がどのくらいまで経過するかが読めない状況や、経験上読みづらい場合は安易な抜歯は避けて保存に努める事が重要のように感じました。
b0112648_15521588.png
二症例目は下顎片側遊離端欠損のコーヌス支台歯にトラブルを生じた1症例 N先生出題
 62歳女性の方
b0112648_13261939.png
片側遊離端の症例 右側の智歯は重要です。左側の咬合支持のうち5番は歯内歯周疾患合併症を起こしており4番は
 ポストの方向、太さとも心配な状態です。治療終了時にこの左下45番は支台歯として使えるようにまで回復
 左下45と右側8番をもちいたコーヌス支台と右下4番の間接維持装置という義歯補綴が行われました。
 2年後に支台歯の維持力が集中したと思われる左下4番のポスト脱離、初診から約9年で5番も弱体化してきつつあります。
 ディスカッションでは、義歯設計と予後不安歯の経過を受けて今後の処置方針などが行われました。
三症例目は左上犬歯を守るImplant と天然歯連結の行方 M先生出題

b0112648_16265389.png
53歳女性のかた#26が喪失したことにより上顎に遊離端ができました。左上犬歯は遠心に骨欠損があり
鈎歯としてはかなり脆弱な状態。左側の咬合支持をつくり犬歯を守る為に左上小臼歯部にインプラントを
埋入。9年の術後にインプラント埋入と、犬歯の経過について考察されました。
じっくり1症例 欠損歯列症例の問題発見と処置方針、10年後の予測をそれぞれの先生で出し合います。
今回は N先生が出題してくださいました。


b0112648_17102635.png
b0112648_17105607.png


53歳男性 左下6番が歯根破折で喪失後の処置方針
 上顎はすでに大型の義歯を使用できている点から、挙動を抑えた義歯補綴を選択される先生が多い印象でした。
 下顎は加圧である右下8番を左下臼歯部に移植して補綴という案
 下顎から上顎右側への移植も出ておりました。
 左側の小臼歯、大臼歯部の咬合支持域をどのように維持若しくは確保するかがポイントのようです。
 実際にM先生の施術は#48→#16相当部移植 #47→#36相当部移植 列外で咬合接触に参加していない#41を#35相当部
 へ移植して固定性補綴を行うというものでした。
 焦点となっていた左下に関しては、長年の咀嚼側だったせいか、炎症の為かは不明ですが骨密度が高く血液の供給の
 非常に悪いコンディションだったとのこと。
 レポート発表1988年歯科医師会雑誌より 黒田昌彦先生著 「歯周補綴を考える」
  「歯周補綴」について技術的、理論的解釈が著されておりました。論文の主題と、主旨が違う所も興味深く
 きわめて臨床的な論文とおもいました。
 冒頭の2ショットは出題で使った物ですが、来院者さんが自立して自分の健康を守ろうとプロモーションする上で
 留意している二つの考え方を挙げてみました。


[PR]

# by nooji1 | 2016-12-21 17:51 | 勉強会 | Trackback | Comments(0)

2016/11/27 日本臨床歯周病学会 関東支部教育研修会で発表致しました。

日本臨床歯周病学会の関東支部会での発表を行いました。
b0112648_20384059.jpg
学会発表は大学院時代以来なので、実に17年ぶりになります。
b0112648_20134333.jpg
発表会場は、結構広い!300人くらいの大きさでスクリーンが2面。おまけにサテライトがあるというもの。急に緊張してきました。
久しぶりの学会発表ですが、以前と違うのは大学院という枠内ではない事。全てが自由で、発表の全責任も自分に当然あります。出題症例は一例報告で研究による新知見も。診断の根拠となるエビデンスもディシジョンツリーもありません。だから自分は精一杯経過の有るものを出題しました。
b0112648_20490487.jpg
上顎右側に歯牙欠損を抱え、左側の大臼歯部が根尖までレントゲン透過性が亢進している症例です。
初診当時勤務先の同僚が担当、「#26#27は残せないので抜いて義歯かインプラントにしましょう」と説明して
来院が途絶えてしまいました。その後数年経って再来院された際に担当することとなりました。
b0112648_20570983.jpg
歯牙欠損部顎堤は下顎の親知らずを上顎のサイナスをよけて移植
b0112648_21025131.jpg
開業後も、当院まできてくださいまして、治療継続となりメンテナンスを経て現在に至ります。
上顎左側は切除療法で補綴しました。 
b0112648_21051172.jpg
移植した後方支台の経過。終了から8年後 移植時からは10年が経過しました。
b0112648_21065440.jpg
口蓋根を抜根した#26と#27はポケットを抱えながらも8年経過。お煎餅くらいは食べられるそうです。
救歯会の例会とは違う、様々な考え方の先生方の前での発表は大変勉強になりました。




[PR]

# by nooji1 | 2016-11-27 21:12 | 勉強会 | Trackback | Comments(0)

2016/11/15 黒田勉強会に参加して参りました。

月に一度の院外勉強会『黒田勉強会」参加して参りました。
b0112648_12570988.png
本日の出題は3題
 一例目は「6年間の個歯トレーを振り返る」K先生
 個歯トレーの精度が印象の成否をきめるということから9症例のレジン個歯トレー印象法で行ったトレーをカットし、断面や石膏模型から適合精度と印象時の所作について考察しておりました。御本人が言われていたように、反省点も残るようですが鋭い観察眼と全ての模型をカットして考察するという努力や熱意は素晴らしく、見習わなければならない事柄が多々ありました。
b0112648_12581238.png
 2例目は「他院処置インプラント患者への対応」H先生
 左右的に残存歯が偏在している症例 失活した脆弱な対合歯に対してインプラントが埋入されており、欠損進行の流れの変化やインプラント列のすれ違い咬合を避けるため対応を考察しておられました。
 3例目は上顎欠損症例の13年経過 M先生
上顎片側遊離端義歯に対してコーヌスクローネによる義歯補綴をおこない。13年間の経過について考察とディスカッションが行われました。
支台歯のグレードと支台装置の負担の割に、術後経過が緩慢な事からも「個別性」に対する考察の重要さを痛感しました。

じっくり1症例 H先生
 左右的すれ違い一歩手前の15歯のEichnerB4のケースに対して
残せない歯牙 治療方針 10年後の予測を全員で検討致しました。
今月の抄読論文 「欠損歯列における咬合破綻の臨床的対応」
92年別冊クインテッセンス 黒田昌彦 著 になぞられたB4症例が出題されました。
56歳 女性の方 上述の論文でEichner B4 症例は
 すれ違い咬合予備群
 シングルデンチャー予備群
 少数歯残存群
 安定群
 の4つに分類されておられました。
b0112648_16425623.png
弱体化した上顎の臼歯部を加圧ととらえるかどうかによって、上記すれ違い咬合予備群か、シングルデンチャー予備群
かに分かれるかとも思えます。 年齢が若いため上顎の咬合支持を諦めない方向性の処置方針が多く意見として出ておりました。


[PR]

# by nooji1 | 2016-11-16 16:55 | Trackback | Comments(0)