2016/11/15 黒田勉強会に参加して参りました。

月に一度の院外勉強会『黒田勉強会」参加して参りました。
b0112648_12570988.png
本日の出題は3題
 一例目は「6年間の個歯トレーを振り返る」K先生
 個歯トレーの精度が印象の成否をきめるということから9症例のレジン個歯トレー印象法で行ったトレーをカットし、断面や石膏模型から適合精度と印象時の所作について考察しておりました。御本人が言われていたように、反省点も残るようですが鋭い観察眼と全ての模型をカットして考察するという努力や熱意は素晴らしく、見習わなければならない事柄が多々ありました。
b0112648_12581238.png
 2例目は「他院処置インプラント患者への対応」H先生
 左右的に残存歯が偏在している症例 失活した脆弱な対合歯に対してインプラントが埋入されており、欠損進行の流れの変化やインプラント列のすれ違い咬合を避けるため対応を考察しておられました。
 3例目は上顎欠損症例の13年経過 M先生
上顎片側遊離端義歯に対してコーヌスクローネによる義歯補綴をおこない。13年間の経過について考察とディスカッションが行われました。
支台歯のグレードと支台装置の負担の割に、術後経過が緩慢な事からも「個別性」に対する考察の重要さを痛感しました。

じっくり1症例 H先生
 左右的すれ違い一歩手前の15歯のEichnerB4のケースに対して
残せない歯牙 治療方針 10年後の予測を全員で検討致しました。
今月の抄読論文 「欠損歯列における咬合破綻の臨床的対応」
92年別冊クインテッセンス 黒田昌彦 著 になぞられたB4症例が出題されました。
56歳 女性の方 上述の論文でEichner B4 症例は
 すれ違い咬合予備群
 シングルデンチャー予備群
 少数歯残存群
 安定群
 の4つに分類されておられました。
b0112648_16425623.png
弱体化した上顎の臼歯部を加圧ととらえるかどうかによって、上記すれ違い咬合予備群か、シングルデンチャー予備群
かに分かれるかとも思えます。 年齢が若いため上顎の咬合支持を諦めない方向性の処置方針が多く意見として出ておりました。


[PR]

# by nooji1 | 2016-11-16 16:55 | Trackback | Comments(0)

2016/11/13 救歯塾

GCの講演のあと、月に一度の勉強会「救歯塾セミナー」に参加して参りました。
今月が今年の最終回で、受講生の全員発表が行われました。
残念ながら今年は受講生の先生方の発表は、拝見できず黒田先生の時間からの参加となりましたが。
b0112648_15494539.jpg
黒田先生のレントゲンの規格性の高さを再認識しました。
今年一年は欠損歯列と間接法について考える機会を与えて頂き勉強になります。
叉来年もよろしくお願いします。

[PR]

# by nooji1 | 2016-11-14 17:39 | 勉強会 | Trackback | Comments(0)

2016/11/14 GC 第4回国際歯科シンポジウム

GCの

に参加して参りました。
今回このシンポジウムに参加した理由は、いつもお世話になっている府中で開業されている救歯会のM先生の発表があったからです。
b0112648_12550369.jpg
セッション名は歯の保存と欠損進行のコントロール
臨床歯科を語る会の先生4人が登壇されて発表されました。
 歯牙欠損の進行を止める、若しくは遅らせるために何を行ったら良いか?
 
M先生のご発表の内、特に興味深かったのは、来院者さんの「個別性」を如何に読むか?
という点に尽きるかと思います。非常にシンポジウムやセミナーではお目にかかる話題ではないようにも
思います。
 巷の歯科医療のイメージがどのようかは、不鮮明ですが問題のある部分が「実害があるかないかにかかわらず、
もしくは将来起こるかもしれないという理由で」全て介入してしまう。
予防線をはって、必要あるかないか分からないが将来悪くなるかもしれない理由で処置を行った結果は
過剰設計であればあるほど、将来問題は起こらないかもしれません。
一見良さそうにも思えますが、
分かり安くたとえると、「歯のなくなった部分全てにインプラントを埋入して・・・」なんて言うことがこれに当たると思います。
過剰防衛は医科の処置に例えると
『病気を治すのに必要のない薬を過剰に処方する」事に近いように思います。
臨床歯科を語る会では、常に疾患の未来予測が話題になることがおおい、しかし『個別性」による治療経過の
予測は難しい。だから治療を最小限に行う必要があり、治療経過を観察する必要がある。
なかなか伝わりづらい内容をとても分かりやすくご講演下さいました。大変勉強になりました。
M先生有り難うございました。




[PR]

# by nooji1 | 2016-11-14 15:47 | Trackback | Comments(0)

2016/10/30 水彩画を描く

下手の横好きという言葉がある。 たまにしか書かないくせにパレットをつくってカビさせたり、描きたいというモチベーションがまちまちなのでさして上手くもならない。 きっかけがあるとまた無性に描きたくなる。今回のきっかけは子供のクレヨン遊びにつきあってである。
最近は便利な物で、趣味の書籍等に頼らなくても動画サイトなどで上手な描き方がたくさん出ている。
たまの日曜日にはこんなこともします。
b0112648_15402777.jpg


[PR]

# by nooji1 | 2016-11-01 15:58 | 趣味 | Trackback | Comments(0)

2016//10/25 院内勉強会

月に一度の院内勉強会を行いました。
今月の抄読論文は
 現在歯数の推移から読む『治療効果」「患者満足」ー「歯の生涯図」の歯科医院における活用ー
歯界展望 2006年11月号 vol.108 no5
最近拝読している論文にしては比較的新しい論文です。
東京歯科大学 高江州義矩先生らによって喪失歯数のパーセンタイル曲線が開発、
東京都歯科医師会の協力により37000人のデータを元につくられた「歯の生涯図」という名称に
なり診療室で用いられていることを学びました。
当院でも説明などで用いることの多いツールですが、当院スタッフのSさんが当院の実例と共に
まとめて発表して下さいました。 彼女は助手さんながら前歴のキャリアを活かしてファイルメーカー
を使うことが出来る優秀なスタッフさんです。
b0112648_12470385.jpg
当院の来院者さんの内、歯牙欠損のない方を除いたデーターで来院傾向と喪失曲線状での推移を発表しました。



[PR]

# by nooji1 | 2016-10-25 12:32 | 勉強会 | Trackback | Comments(0)

2016/10/18 黒田勉強会



月に一度の勉強会 黒田勉強会に参加して参りました。
今回はミニケースで出題しました。
タイトルは予後不安歯の介入を再考する。
b0112648_13084676.jpg
主訴部位は#46動揺度3度
b0112648_13093476.jpg
根管内からの排膿はあるものの、破折や穿孔がないためRCTを開始
b0112648_13105911.jpg
術後約8年後の状態です。この後#46は歯根破折を起こしてしまいます。
b0112648_13142655.jpg
b0112648_13205400.jpg
術後8年目と今年初旬の状態。当該歯は当初から破折を警戒してのファイバーポストを装着していたもの
接着もラバー防湿下で行われておりました。 しかし力には抗えない。 ナイトガードが装着されていようと、
ファイバーコアであろうと歯根破折は起こります。8年の経過をへてこの方は現在他の失活歯の続発する歯根破折を警戒。
まだもう少しは持ちこたえてくれそうですが 次の一手は左上智歯の自家歯牙移植を検討中の為
次の処置に進む時期の判断が難しそうです。


[PR]

# by nooji1 | 2016-10-18 12:54 | 勉強会 | Trackback | Comments(0)

2016/10/16 救歯塾に参加して参りました

月に一度の講習会 救歯塾セミナーに参加して参りました。
実習は今月が最終回。来月は全員ケースプレ
作成中の内冠をセメントアップします。
b0112648_12214946.jpg
チュートリアル形式でのプロダクトは各種内外冠の作成法のメリットデメリットについて
ディスカッション、発表を行いました。
b0112648_12220453.jpg
こちらは内冠のセメントアップ風景。リン酸亜鉛セメントの練和経験があまりないという受講生の先生に錬ってもらいました。
リン酸亜鉛セメントは、セメントの中ではコンサバティブな材料になりますが、臨床実績や経過のある材料と言うことで
現在も一定数の需要があります。





[PR]

# by nooji1 | 2016-10-16 12:18 | 講演会 | Trackback | Comments(0)

2016/10/09 休みの日にバーベキュー

そろそろ涼しくなってきまして
今年も恒例の院内レクリエーションですが、ちょっと初の試みで
バーベキューを行いました。
都内ではなかなか裸火を起こすということが難しいですので、一度やってみたかったんですよね
というわけでバーベキュー場は
葛西臨海公園バーベキュー場
炭をおこすのも、ダッジオーブンも経験がないメンツでしたが

楽しい連休を過ごしました。

[PR]

# by nooji1 | 2016-10-09 16:09 | 趣味 | Trackback | Comments(0)

2016/09/27 院内勉強会

月に一度の院内勉強会をおこないました。
b0112648_1115723.jpg


 前回に引き続き論文抄読は、「補綴臨床別冊 歯周疾患を伴う欠損歯列の補綴」より
  「欠損歯列のプラークコントロール」 品田和美衛生士著
担当はS衛生士が発表しました。 内容はまだ簡単なものですがようやく自分の症例を出すことが出来ました。
基本的な問題発見はプロトコールをみないで行えるようにはなりましたが、問題を発見して解決に導くまでの道のりはまだまだ始まったばかりです。 さらなる高みを目指して頑張って欲しいと思います
[PR]

# by nooji1 | 2016-10-01 13:43 | Trackback | Comments(0)

2016/09/11 救歯塾

月に一度のセミナー『救歯塾セミナー」に参加して参りました。
今年は7回でコーヌスクローネの作成から間接法を学んでいくカリキュラムです。
七転八倒の末なんとか作業模型〜内冠製作までこぎ着けました。課題もちらほら見つかりました。
未だに新しい発見や学びがあるのは、非常に嬉しいことです。
b0112648_1048424.jpg

[PR]

# by nooji1 | 2016-10-01 10:59 | Trackback | Comments(0)

2016/09/30 久しぶりの衛生士会

S衛生士さんをつれて、月に一度行われている六本木衛生士会に見学に行って参りました。
Sさんにとっては初めて参加した衛生士会です。 
b0112648_10443186.jpg


1症例のじっくりと問題発見して治療の経過をみる事はとても大事な事です。複数の歯科医院の衛生士さん達が次々と的確な問題点を挙げていく光景は、彼女の目にどのように映ったかは分かりませんが、成長の糧となるかと思います。 
 来月は火曜会の鷹岡先生を招いての会が催されるとのこと。ぜひまた参加したいと思います。
[PR]

# by nooji1 | 2016-09-30 10:40 | 勉強会 | Trackback | Comments(0)

2016/09/05 内冠作成

ワックスアップからキャスト、内冠作成まで行っております。 以前より救歯塾でトランスファーコーピング法を用いたコーヌスクローネ義歯作成は3回目ですが・・・ 1回目は大手ラボで指示だしして作成。
2回目は悪戦苦闘の末自作しましたが、内冠に穴が空いたりマージンを削ったり・・・
さすがに、今回はそういうこともなく研磨までたどり着きました。
b0112648_00110657.jpg

[PR]

# by nooji1 | 2016-09-06 00:19 | 補綴 | Trackback | Comments(0)