2017/05/14 近似再現について

今週末の塾の準備をしております。
課題はおいておいて(笑)外冠製作排列までの工程に時間がかかるため
今回は先取りをします。
b0112648_12242139.jpg
コーピングを印象してピックアップします。 次回の塾にはスペアのコーピングと各個トレーで臨むとして
模型をおこして。
 調節性咬合器に付着をして顎運動のトランスファーを行います。 
b0112648_12254804.jpg
今回塾では指示されていないのですが、自主的に適当な対合エポキシ模型を課題の下顎模型と付着して義歯作成を行っております。
つまりこの咬合器が患者さんかファントムと同じ扱いになります。咬合器はHanau 192 モジュラー 第一類 ボックス型顆路型
アルコン型の咬合器です。
b0112648_12300672.jpg
作業模型を付着した咬合器は Diner D4H 第二類 スロット型 顆路型 コンダイラー型の咬合器
内容はHanau university 130-22型 
要は第一類の咬合器の顎運動をする患者さんに、第二類の咬合器はその顎運動を追従できるかの実験です。
b0112648_12585680.jpg
b0112648_12584915.jpg
結論としては第1類のモジュラー咬合器で採得したチェックバイトを第2類 DenerD4Hは受け入れてスプリット部が完全に適合しました。
b0112648_13144863.jpg

[PR]

by nooji1 | 2017-05-17 13:16 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://nojiden.exblog.jp/tb/26862322
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]