2017/09/19 黒田勉強会

月に一度の院外勉強会に参加して参りました。
 本日はミニケースが2例
 1症例目はA先生 70代男性欠損が比較的少ない方の中間欠損に対して、移植かブリッジワークかで迷った症例
b0112648_11063156.png
右上に一本入って埋入されているインプラントは他院での埋入とのこと。年齢を考慮してかインプラントは考慮されていませんでした。
最小限の介入を行う為に、一本義歯での対応も意見が出ておりました。バージンティースの切削の可否は非常に迷うところ
個人的には右側の咬合支持の破折が怖いところで嵌合位もあまり安定ではない様子なので、ブリッジワークを選択したく思いました。
なにより70代から人生の終盤にかけてはなんとか義歯を使わずに過ごして頂きたいと思いました。
 2症例目はK先生 歯根破折をした歯の治療に苦慮した1症例
歯根破折をした左下7番の近心根を用いてなんとか保存しようと試みた症例でした。
論文抄読の時間を使い本日は4ヶ月ほど前から行っている、ディープオーバーバイトの症例の検討をM先生がまとめて頂きました。
臨床歯科を語る会の分科会で総括が試みられていましたが、黒田勉強会では先天性のディープオーバーバイトの特異性ではなく、
欠損歯列におけるディープオーバーバイトについての検討を行う様子。臼歯部の咬合支持が失われて咬合高径が低下、前歯部に強い接触
がでるような症例を対象に次月からまた検討するとの事のようです。
じっくり1症例はY先生
b0112648_11293847.png
50代男性のかたで、クロス偏在の様相がみてとれます。議論は右下の7をkeytoothとして守る為にどのようにするかというような
討論がされてました。症例の有利な点としては前歯部(特に犬歯)が健全である点です。この点から将来すれ違い咬合にまで崩壊
する気配は無いとする意見が多数でておりました。


[PR]

by nooji1 | 2017-09-19 10:53 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://nojiden.exblog.jp/tb/27146072
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]