2017/09/09 歯間ブラシの取り扱いにご注意下さい

初診時にいらっしゃった来院者さん。お若いのに歯の間の部分に隙間があります。
お話をお伺いすると、歯間ブラシをお使いとのこと。プラークコントロールはよいのですが、30代から
ずっと歯間ブラシを使い続けるのは大変かともいます。歯間ブラシを通すことでできた空隙は歯間ブラシ
を通し続ける事で退縮を続け、元には戻らない隙間になってしまいます。
b0112648_11411790.jpeg
写真上は初診時、下は歯間ブラシの使用を中止して頂いてから1ヶ月後。空いていた歯間鼓形空隙は少しずつ回復してきております。しかしオーバーブラッシング気味だった初診時に比べると、今度はアンダーブラシングになりつつあります。こんどは通常のブラッシング指導と先ずは歯ブラシ一本で歯間部分を磨く様にトレーニングしていただきます。

[PR]

by nooji1 | 2017-09-09 11:48 | Trackback | Comments(0)