2015/01/30 歯根破折の予兆1

歯を失う原因に歯周病、齲蝕(虫歯)と並んで歯根破折があります。
ご自身の歯をご自身の咬合力(噛む力)で壊してしまうのです。
破折の予兆はかすかですが、レントゲンに現れる事があります。
b0112648_024526.jpg

掲載はご本人の承諾を得ております。
左上のレントゲンが初診時。原因不明の咬合痛が主訴
歯髄症状もあったため、テンポラリーを作製して歯内療法を行いましたが・・・
b0112648_0245994.jpg

写真遠心部分は右。矢印部にクラックラインがみえています。
失活が先か、破折が先か?分かりませんがちょうど上顎7番の口蓋咬頭が入り込むところ
から破折してしています。当初は生活歯でもこんな事がおこるのかと驚く事があります。
残念ながらこのようになってしまうとなかなか対処が難しく、このケースのような場合は
予防する事も難しいようにおもいます。
[PR]

by nooji1 | 2015-01-31 00:39 | 虫歯 | Trackback | Comments(2)

2011.03.28 プレスタイプのオールセラミック修復

金属のフレームがないセラミック単体の修復物です。
下地の金属色を隠す必要がないため透明感の高い修復物になります。
b0112648_20242116.jpg

土台の状態、虫歯を取り去って形を整えた状態
b0112648_20251740.jpg

セット時裏側から、境目が分かりにくいくらいマッチしてますね。
b0112648_20255242.jpg

表面から


[PR]

by nooji1 | 2011-03-28 20:26 | 虫歯 | Trackback | Comments(0)

2011.02.25 虫歯は患者さんが治すのですよ

こんばんは のじでんです

突然ですが、歯医者さんは虫歯を治す事はできません。
歯科医が行う事は、感染した部分を取り去る事と補うこと・・・。虫歯を予防して治療が必要ないようにする為には患者さんの協力が必要なのです.
口の中の病気で虫歯(う蝕 デンタルカリエス)は今も存在します.
約一年ほど前にいらした患者さん 若いお方ですがあちらこちらに虫歯があります。初診時には3つ在る矢印の一番右の歯が痛いということでいらっしゃいました.
b0112648_23462955.jpg

こういう時、患者さんはは痛い所を治したくて治療を受ける訳なのですが、歯医者の先生は・・・
どのような治療をご希望になられているのは当然として、
他の歯(矢印の部分)の虫歯の状態は?
歯の周りの状態、ポケットはあるかないか?
深い虫歯の部分が根の治療に入った時の他の歯噛み合わせが有るかどうか?
食いしばりや、歯ぎしりで根の治療に入った歯が折れてしまわないか?
そもそもどうしてこうなったか?
など色々な事を考えています.
でもこういうケースの特に、私がとくに思うのは
「そもそもどうしてこうなったか?」 という原因です。 なぜならこれが解決されないままだと
また同じ事になってしまうからです.

原因の大部分は 先天的(生まれつきの体質)よりも後天的(食習慣や、生活習慣、御手入れの仕方等)
が大きなウエイトを占める事がおおいのです。

残念ながらこの方は、その大事な部分を当時理解されずに根の治療にはいって痛みが消えた瞬間に
来院が途絶えてしまいました.

2枚目の写真はおよそ1年後に応急来院されたときのものです。
b0112648_004098.jpg

初診時の治療部位はたった1年足らずで頭が無くなるほど進行してしまいました.
来院の動機は初診のときと同じ「歯が痛くなったので・・・」  むむむ・・・
歯医者さんに通うのは、怖いし勇気も要るかもしれませんが、削ってつめるだけでは簡単に悪くなってしまうのです。
[PR]

by nooji1 | 2011-02-26 00:12 | 虫歯 | Trackback | Comments(0)

2011.02.09 バレンタインデー

こんばんは のじでんです

当院では7日から19日まで御来院の男性の患者さんに
キシリトールをつかったチョコレートをさしあげております。
虫歯の原因となるショ糖を一切使っていないチョコレートです。
b0112648_0191489.jpg

[PR]

by nooji1 | 2011-02-09 00:19 | 虫歯 | Trackback | Comments(0)

2010.09.04 今日の患者さん

先日のフィットチェッカーのお話ではないですが. 修復物セットの患者さんがご来院されました.
b0112648_1913412.jpg

セット前土台の状態
b0112648_192696.jpg

内側の適合、適合試験材が入っています. 
b0112648_193493.jpg

セット時の頬側
b0112648_1932558.jpg

合わせ目の適合などはこの方法に勝てるものはないですね。
うーんやはり歯冠色の修復物に比べて安心の安定感。
やっぱり金属修復はいいなあ。 患者さんにはあまり好まれないですけどね。
[PR]

by nooji1 | 2010-09-04 18:59 | 虫歯 | Trackback | Comments(0)

2010.06.10 E-max press

題名は製品名で、全てセラミックでできている詰め物ですね。
術前
b0112648_23111848.jpg

カリエス除去時(虫歯をとりきる直前の状態)
b0112648_23103326.jpg

形成時(形をつくって、型取りの直前)
b0112648_23105052.jpg

セラミックを鋳込んだ状態
b0112648_23124263.jpg

研磨までできた状態
b0112648_2313916.jpg

そしてセット時
b0112648_23132711.jpg

金属に比べると堅牢さに劣るものの、審美的ですね。
治療効果は「端的に美しくする」というのであれば良いのでしょうが、長期経過が治療効果となると話は別です。
定期検診による経過観察が必要です。
[PR]

by nooji1 | 2010-06-10 23:20 | 虫歯 | Trackback | Comments(2)

2010.05.11 歯磨きとクラウン

以前、仮の歯で磨けるかを見ていた方
クラウンが入り、ようやく治療も残すところ一カ所となりました。
新たな治療部位に入る前に、新しいクラウンが入った部分が
磨けるようにチェックが必要です.
b0112648_0591015.jpg

写真は仮の歯の時のもの、プラークを見やすくするためこのような画像になりました。
左上の最奥の部分なので、上下が逆になっております。
鏡で撮影しているので、写っている部分が奥の部分ですね。
仮の歯の時にはかなり多くのプラークの蓄積が見つかりました.
メタルの材質になっても汚れがつきやすい部分なので、何度か練習していただきました.
b0112648_0243599.jpg

ようやく技術的に磨きやすい環境と技術が得られたようです。
前にも書きましたが、根の治療に入るほど大きな虫歯のあったところなので、ぜひともこの歯磨きの状態を長く維持していただきたくおもいます。
[PR]

by nooji1 | 2010-05-11 00:26 | 虫歯 | Trackback | Comments(2)

2010.4.21 接着

前歯のラミネートベニア
ラミネートベニアは通常は歯の前側をつけ爪のように覆う方法です。
術前
b0112648_22155820.jpg

セット後 セメント硬化中なのでバリがついていますが、このように唾液ができるだけつかない状態にしてセットします.
b0112648_22174231.jpg

[PR]

by nooji1 | 2010-04-22 22:17 | 虫歯 | Trackback | Comments(2)

2010.04.05 仮の歯の方

前回型取りをした方、歯ブラシのチェックでご来院されました.
b0112648_22194799.jpg

歯医者さん用のミラーを入れて撮影しているので、再奥の歯の裏側が写っています.
仮の歯はプラークがつきやすいです。
形態も磨けるかどうかの判定をしなければなりません。
そして染め出して残った部分は、患者さんが頑張ってできる範囲のものなのか
もしくは冠の形態をさらに磨きやすいように改変するべきなのか考えなければなりません。
染色して、ユニットを倒して口を開けていただいて・・・。見た瞬間に
一瞬で考えないといけません。この方は今までの写真を見ると、この部分以外は非常に良く磨けているのです。
そのため、もう一度この部分を磨く重要性を強調して「気づいて」もらうだけで技術的には器用な方なので大丈夫と判断しました. 端的な「赤く残っているので磨けていません」という指導方法ではいけない事を鷹岡先生に教えていただきました. もともと歯の神経を失った原因となったのはこのプラークによる虫歯なので、ここだけはなんとしても改善してほしい・・・。
[PR]

by nooji1 | 2010-04-05 22:17 | 虫歯 | Trackback | Comments(0)

2010.04.2 仮の歯の方

以前仮の歯を小さくした方のクラウンができてまいりました.
b0112648_3252120.jpg

調整後の仮の歯はこんな感じでした. 今回はこの形態の写真を送りませんでしたが。
b0112648_3262442.jpg

すごい!、遠心のクリアランスが仮形成よりとられていることにT技工士は気づいてます.驚きました!
次回の来院で後ろの部分が磨けているかのチェックをします.
[PR]

by nooji1 | 2010-04-02 03:34 | 虫歯 | Trackback | Comments(0)