2017/05/06 長いブリッジの後方を守る

ロングスパンブリッジの支台に問題の発生した症例です。
b0112648_15384681.jpg
画像の右上にある長いブリッジに痛みがでました。(症例の掲載は了承済)
b0112648_15412437.jpg
確定ではないのですが、左上の8番は歯根破折の予兆のようにみえます。
実際に根管内には破折線が見当たりませんでしたが、同じように支台歯として負担させるのは難しそう
です。右側の8番は上下咬合しているため右側をいじることは難しそうです。
b0112648_15445526.jpg
左下8番に目をつけました。ここはここで67番の予後が若干心配なためとっておきたかったのですが・・・。

b0112648_15474570.jpg

術前のジグリング。この歯は以前このブログで紹介した埋伏歯とちがって頭が出ており施術はそれほど大変ではありません。イニシャルプレパレーション中はずっと揺さぶっておきます。
b0112648_15493053.jpg
抜歯したドナー歯はきれいな形態。
b0112648_15513015.jpg
CTの画像を頼りにソケット形成。術後の治癒の血液供給のよさを考慮してフラップレスで行いました。
b0112648_15530936.jpg
ドナー歯の複製モデルをもちいてレシピエントサイトの形態修正を行います。
b0112648_15540758.jpg
固定は縫合と固定線でおこないました。これで治癒を待ち後方支台を守る為の支台歯として用います。


[PR]

by nooji1 | 2017-05-06 15:57 | 移植 | Trackback | Comments(0)

2012.02.07 準備

こんばんは のじでんです。
明日行われる自家歯牙移植の準備をおこなっております。

b0112648_11132571.jpg


b0112648_11133052.jpg

[PR]

by nooji1 | 2012-02-07 09:45 | 移植 | Trackback | Comments(0)

2010.05.08 自家歯牙移植 Ope

先日の方のオペ
初診時に行えると良いなと思い、初診から数年後の本日ようやくオペを行いました.
b0112648_23174872.jpg

ドナーとなる歯は移植に向いている歯ではありません。
しかし若い年齢と、全体の歯の状態から移植に踏み切りました.
この埋伏歯を損傷させずに抜歯するのは非常に大変でした。
さらにこの大きいな歯が入る。大きさのソケット(穴)を作らなくてはなりません.
b0112648_23495854.jpg

歯がない側(移植したい側)の初診時、惨憺たる状態でした。
術時間3時間
ようやく埋伏歯を右側の歯のないところに埋めて固定する事ができました.
術後経過が大変心配な日々がこれからつづきます。
それでも患者さんに「再び自分の歯で」食事をして欲しいと願っております。
[PR]

by nooji1 | 2010-05-08 23:12 | 移植 | Trackback | Comments(6)

2010.05.08 明日の準備

明日のオペの準備
b0112648_0235116.jpg

当院は現在インプラントよりも、自家歯牙移植のオペの方が多いです。
自分の歯を抜いて、有効な場所に根づかせる。
移植を第一選択とする最大の理由は
「自分の歯で食べる事ができる」からです。
できれば異物ではない、自分の歯で食べてもらいたい。
そんな想いから、あえてインプラントよりも難易度の高く、面倒な移植を選択するのではないかと思います.
[PR]

by nooji1 | 2010-05-08 00:31 | 移植 | Trackback | Comments(2)

2010.02.22 移植の方のつづき

昨年移植をした方の経過と、反対側のオペを行っております.
本日は抜糸とプラーク除去でいらしてます。
b0112648_2315529.jpg

昨年の部分はだいぶ落ち着いてきてますね. 根の治療をしつつ仮の歯が入ってます.
b0112648_23151944.jpg

昨月末に行った反対側の移植部位 まだ固定してまして、歯肉の状態も落ち着かないですが、経過は良さそうです.上顎洞粘膜の挙上を伴ったため感染には細心の注意を施しました.
次回はこの部分の根の治療に入りつつ、近日中に下の歯の小矯正に入る予定.
[PR]

by nooji1 | 2010-02-22 23:05 | 移植 | Trackback | Comments(0)

2009.12.18 移植

こんばんは のじでんです。
もし不要な親知らず等があって抜歯する場合、歯のない部分に抜いた歯を入れると技術的には難しいですが、歯はその場でくっついて自分の歯として機能することができるようになります。残っている部分は咬める範囲が狭いため、さらに後ろに咬む部分を増やすべく、自家歯牙移植のオペをおこないました。術後1週間後の経過は問題なさそうです。年末にご迷惑をかけましたが、着々と治療が進行しております.(患者様の承諾を得て掲載しております.)
b0112648_235780.jpg

初診時の状態 上の歯がほとんどすべてひどい虫歯になっています.
b0112648_0393838.jpg

初診時仮義歯をいれたが、使えず・・・
b0112648_085947.jpg

歯ブラシのトレーニングと併せて、ちょっとずつ被せものを外し仮のものにかえていきます。
b0112648_0112171.jpg

仮の歯にすべて置き換わったら、根の治療と歯を小矯正で引っぱりあげていきます。
まだ歯肉の状態もいまいち
b0112648_2347076.jpg

義歯を使わないようにするには左右の後ろに歯が必要になります.インプラントは患者さんはのぞまれなかったので、移植を行いました.
b0112648_23471394.jpg

オペより一週間なのでまだ歯肉の状態はこんな感じ
当院ではできる限り、インプラントをいれる選択をとらないよう、もしくは少しでも遅らせるように心がけております.来年から左側にも同様の移植術をおこないます。
[PR]

by nooji1 | 2009-12-18 23:49 | 移植 | Trackback | Comments(0)