2007.09.29.30 マイクロデンティストリーコース

SJCDのマイクロデンティストリー 歯科用実体顕微鏡の
アドバンスコースにいってまいりました。

前回は基本的なお話でしたが、今回はおもに歯内療法についてやってまいりました。
当院が最初に拡大顕微鏡を導入しようとおもった第一の理由は
拡大をすることが大切で、どのシーンでもまず拡大して真実に目をそらさないことが大事だと思ったからです。
見えていない肉眼での充填なら、歯とのあわせがあっていなくてもあっているようにみえることでしょう。
口の中ではあっているように見えていても、患者さんはわからなくても顕微鏡レベルであっていないことが多々ある事をこの半年間接眼レンズからのぞいてきました。
詰め物を作る技工士さんのかたがたは昔からマイクロで何十倍に拡大して模型をみて作業をしてこられておりました。顕微鏡レベルでは型が取れていないことも形成が出来ていないことも知っているはずです。そういう方々と高いレベルでお仕事がしたいという想いもありました。衛生士さんの仕事にも役に立つでしょう。なので少々高額でも導入を決意しました。
b0112648_2213495.jpg

[PR]

by nooji1 | 2007-09-30 22:13 | 講演会 | Trackback | Comments(0)

2007.09.28 他院衛生士会

月に一回の衛生士会にいってまいりました。
b0112648_2051130.jpg

レントゲンの装置の照射方向がどのくらい違うとどのような像がとられるかをしらべて
ました。経過を診続けたいという想いが衛生士にはあるからこのようなことを調べたいと思ったのでしょう。まえにも書きましたが、衛生士の方々の純粋な患者様をよくしたいという情熱はみている私にも「がんばろう!」という気にさせられます。
衛生士会人数の増加に伴い来年よりセミナールームをかりてさらに発展するようです。
[PR]

by nooji1 | 2007-09-28 20:01 | 勉強会 | Trackback | Comments(0)

2007.09.24 中秋の・・・

b0112648_0175765.jpg

今年の中秋の名月は今日だったそうです
今日は曇りかとおもいましたが、帰りの空はこんな感じでした。
しらべたら満月ではないんだそうで、満月二日前が今日に当たるそうです。
[PR]

by nooji1 | 2007-09-26 00:29 | 家族 | Trackback | Comments(0)

2007.09.23 イタリアン

きょうは患者様が開業に携わっているイタリアンのお店にいってきました。
プレオープンは残念ながら仕事でいけませんでしたので、日曜日に二人でランチをしにいきました。
b0112648_18234520.jpg

煉瓦の外装の建物とトリコロール、明るい色調の店内がいい雰囲気ですね。
ランチセットで千円ととてもリーズナブルでした。
b0112648_18282656.jpg

前菜のあとに
b0112648_18292766.jpg

ベーコンとブロッコリのパスタ
b0112648_183046100.jpg

嫁のはカルボナーラですかね。
b0112648_18333618.jpg

コーヒーのスプーンが縁に引っかけられるおもしろい形でした。
ごちそうさまでした。こんどはディナーにうかがいます。

TRATTORIA&FLOWER
Angelica
tel 043-308-7134
千葉県千葉市中央区青葉町1265-1
京成線千葉寺駅徒歩8分
[PR]

by nooji1 | 2007-09-23 18:41 | 家族 | Trackback | Comments(0)

2007.09.15 内藤先生講演 これからの補綴

きょうは嫁と二人で内藤先生の講演を聞きに行きました。

くれなゐ塾の存在は知っていたのですが、内藤先生の講演をきくのはこれが初めてです
テーマは新しいマテリアルによる補綴が前半で、後半が咬合がメインの内容というものでした。新しい材料についてはこれからもいろいろな評価や考察をうけながら淘汰されていくのでしょう。 なので患者様にお勧めするのもかなり慎重になります。
後半の咬合については、内藤先生の長期経過症例が単独冠レベルですが、でておりました。緻密な考察と長期経過した補綴はすばらしくおそらく長期にわたり患者様のQOLを維持してきたに違いありません。 最長で34年(だったかと思います)経過症例は現状であれば、患者様のライフステージによっては現在でもおすすめできるのではないかとおもいます。メタルによる修復は審美性の障害さえなければ、現在でも繰り返しの治療を回避するリスクを低減出来る方法とおもいます。 しかし新素材により美しくなおかつ長期に嵌合位を維持できる補綴方法が確立する日がきてほしいともおもいます。
b0112648_0374395.jpg

[PR]

by nooji1 | 2007-09-15 00:16 | 講演会 | Trackback | Comments(0)

2007.09.14 レントゲン続き

こんにちは のじでんです。
レントゲンは乾燥して必要に応じてデジタルデータにします。
デュープにはシャーカステンとコピースタンドにくくりつけたカメラを使用します。
レンズは50mmのマクロレンズ 口腔内写真には80mm位がデジタルカメラの場合
使いやすいのでしょうが、この場合は被写体レンズ間が100 mm以内のほうがつかいやすいみたいです。カメラは現役を引退して、第二の人生のEos60D
ちょっと前まではマスキング用の台紙を自作して使っていたのですが、開業のどたばたでしわしわになってしまったのでまた新しくしたいです。
b0112648_112336.jpg

b0112648_113237.jpg

[PR]

by nooji1 | 2007-09-14 01:13 | マイクロスコープ | Trackback | Comments(0)

2007.09.14 担々麺

こんばんは のじでんです。
当院の近くの中華料理屋にはいってみました。まえから気になってたのです。
b0112648_132685.jpg

よく冷えたグラスに瓶ビール 手羽差、黒ごま担々麺
辛みがほどよく好みの味でした。手羽差しは塩辛かったけど。
[PR]

by nooji1 | 2007-09-14 01:05 | 趣味 | Trackback | Comments(0)

2007.09.13 矯正用インプラント

今日は診療室を嫁にお願いして、矯正用インプラントの勉強をしてまいりました。
ヘッドギア等の顎外固定を使用せずに強固な固定源をこれにもとめるんだそうです。
b0112648_0542578.jpg

b0112648_0544187.jpg

木ねじみたいですな・・・。
[PR]

by nooji1 | 2007-09-13 00:41 | マイクロスコープ | Trackback | Comments(0)

2007.09.12 レントゲンの続き

こんにちは のじでんです。
デンタルフィルムのホルダーはセーフライトで確認ができるようになったため
このように、一枚一枚を確認してスリットに入れることが出来るようになりました。
b0112648_0582878.jpg

[PR]

by nooji1 | 2007-09-12 00:55 | マイクロスコープ | Trackback | Comments(0)

2007.09.10 印象のつづき

こんにちは のじでんです。
この間は印象材についていた計量カップで計量して練和すると自分の感覚的にゆるくねりあがりますな ということがわかりました。そこで今回はメーカーが指定するW/P比と自分の感覚で良いとおもわれる計測値からできた模型を比較します。
試験体はステンレスの円柱8mmの直径のもの、模型の第一大臼歯の位置にレジンで固定します。
b0112648_2235013.jpg

b0112648_2241234.jpg

この試験体の頬舌径をはかるためにマイクロメーターを使用します。1マイクロメートル
(千分の一ミリ)まで測定することが出来ます。
b0112648_2262499.jpg


試しに咬合紙をはかってみると30マイクロ
オクルーザルストリップスだと12マイクロ・・・うたっている数値は本当のようです。
とこんな感じに精確には計れます。
b0112648_2282875.jpg

印象用トレーはモモセ歯科商店製Jトレーをつかいます。
b0112648_084546.jpg

片方は粉液比8.4g/20ml(マニュアル通りのもの)
もう片方は粉液比8.4g/17ml(自分が練っていた硬さ)
b0112648_0143431.jpg

測定結果を検定するほどの数はまだないですが、実感としては柔らかい
印象材で採得された模型のほうが数%ほど大きく測定されているような気がします。
あくまで実感です(笑)
[PR]

by nooji1 | 2007-09-10 02:13 | マイクロスコープ | Trackback | Comments(0)