2009.07.30

b0112648_23584115.jpg

スタッフとお食事会
[PR]

by nooji1 | 2009-07-30 23:55 | 趣味 | Trackback | Comments(0)

2009.07.19.20 海へ

こんばんは のじでんです。
今年ものじでん妻と千倉の海にきてみました。
道中でアンジェリカさんの近くを通ったので、記念撮影
b0112648_23481314.jpg

天気はよかったけどまだ、冷たかった。
b0112648_23511622.jpg

ボディーボードをホテルでかりましてひとしきり遊んだ後
b0112648_0191978.jpg

ちょっと寒かったので、カフェであったかいコーヒーを頂いてるところ
b0112648_0231839.jpg

[PR]

by nooji1 | 2009-07-19 17:36 | 家族 | Trackback | Comments(0)

2009.07.13 バリア?

こんばんは のじでんです
診療区画では、口腔内を触れた状態では取っ手やハンドル、電話の受話器を触れる事はできません
そこで診療区画内では予め触れるところには、ポリエチレンのフィルムを巻いておきます.(患者様ごとにです!) 
 
b0112648_23395156.jpg

[PR]

by nooji1 | 2009-07-13 23:24 | マイクロスコープ | Trackback | Comments(0)

2009.07.04 語る会つづき

分科会の後のテーブルクリニックの模様です
コーヌスクローネへの道・実践編
去年の「黒田式コーヌスクローネへの誘い」
の続きという訳ではなさそうです.間接法を用いた技工作業のほぼすべての内容を網羅していないとできないと言われている「コーヌスクローネ」
余談ですがウィキペディアでコーヌスを調べると現状に・・・
「1980年代に非常に流行った治療であるが、上述のように高い技術が求められる治療のため未熟な技術での治療も多く、予後が本来の期待されるものより悪くなってしまった例が多々あった事、他のテレスコープデンチャー同様、コーヌスクローネの利点を包括するインプラント治療の技術の確立、普及により症例数は減少傾向にある。インプラント治療とは違い手術の必要がないという最大の利点があるため今後も一定数の需要はあると考えられるが、症例数の減少によりコーヌスクローネ作製のための高い技術を有する歯科技工士が減少し、ロストテクノロジーになりつつあるという問題がある(多くの歯科技工学校がコーヌスクローネを実習等で教えていない)。近年、インプラントを用いたコーヌスも一部で研究されているが技術確立には至っていない。」
とありました。「今後も一定数の需要はあると考えられるが、ロストテクノロジーになりつつある」
ってとても鋭い記事で驚きました.
なぜコーヌスクローネが難しいか? に対して黒田先生は
補綴のすべての技量が必要
欠損歯列の読み方 診断 咬合支持 受圧加圧
全顎の印象採得 Cr Brの印象採得と顎堤粘膜の印象採得
精度の良い咬合採得 ゴシックアーチ 調節性咬合器
試適時のチェック;適合の認識
さらに補綴以外の歯周治療やエンドなど
が必要になり、技工サイドとのチームワークが必要と記しておられました.
今回のテーブルクリニックでは、このラボサイドとチェアーサイドの聞きにくい事、言いにくいことを語るという趣旨のように感じました.
b0112648_22473462.jpg

会場の様子、凄い熱気です.
b0112648_22501050.jpg

コーピング作成の実演もしていただき、非常に盛り上がっていました.
[PR]

by nooji1 | 2009-07-05 22:46 | 勉強会 | Trackback | Comments(0)

2009.07.04 語る会つづき

新人発表の後の様子です.
石岡第一病院 傷の治療センター 夏井 睦先生の講演がありました.
http://www.wound-treatment.jp/
形成外科の先生なんですが、患部を記録しながら経過を観察するという姿勢は歯科に通じるところがあると感じました.
傷口に消毒したり、ガーゼをあてるという行為にエビデンスがないというのは知っていたのですが、実際にこの先生の講演を聞く機会があるとは思いませんでした.
分科会の模様「欠損歯列におけるトリートメントプランと予後予測」
b0112648_2221362.jpg

様々なスタディーグループの先生が、呈示された1症例について
いろいろなトリートメントプランを立てて ディスカッションをするという一部と、類似症例を呈示していただいた先生のトリートメントプランについてディスカッションをするという2部の構成でしたが、微妙にスタディーグループ間、もしくはスタディーグループ内でも方針が異なるという点が非常に興味深かったです.
[PR]

by nooji1 | 2009-07-05 22:21 | Trackback | Comments(0)

2009.07.04 語る会つづき

ほぼ貫徹に近い状態で、ようやく発表原稿ができがり
原稿を憶えて、発表時間のチェック
b0112648_21491617.jpg

発表直前の様子・・・ いやーな空気ですね(笑)
前日夜遅くまで予演会をしてくださった先生がた
ありがとうございました.
[PR]

by nooji1 | 2009-07-05 21:51 | 勉強会 | Trackback | Comments(0)

2009.07.05 臨床歯科を語る会

こんばんは のじでんです。
7月3日から開催された臨床歯科を語る会へ参加してまいりました.
オフィシャルサイト
http://www.katarukai.com/
b0112648_2134107.jpg

b0112648_21343596.jpg

曇りのち小雨・・・勉強会日和です(笑)
会場となった駒場エミナースは今年が最後(?)となるようです.
去年の参加は、完全にオブザーバーで日帰りでしたが、今回は新人発表で2泊
すごいギャップです。雰囲気としてはサマーセミナー級
チェックインのあと前夜祭に参加
b0112648_2139243.jpg

実際に発表会場で試写ができるとの事、会場は・・・500人入るようです。
この日は、救歯会の先生方と黒田先生を含めて部屋で予演会をしていただきました.
さまざまな先生方にご指導いただきました.
[PR]

by nooji1 | 2009-07-05 21:44 | 勉強会 | Trackback | Comments(0)