2010.10.02 新人衛生士歯石除去トレーニング

こんばんは のじでんです。
当院の衛生士のトレーニングは現在スケーラー(歯石をとる道具)の研磨と併行して、歯石をとるトレーニングにはいりました。歯周病の原因は細菌です。その細菌がしんで根の表面に張り付きます。
そのギザギザした表面にさらに細菌が付着して歯の周りを破壊するといわれています。
そのため歯の表面についた歯石をとる為に、よく研げたスケーラーと複雑な根の表面に器具をあてて歯石をとる技術が必要になります.
歯科衛生士の技術力が問われるところです。
先日参加したセミナーで作成した模型にマニキュアをつけ、それを落とすという実習がありました。コレにヒントを得ています.
歯の周りには本来歯肉がついていて、根の表面を見る事は不可能なため盲目下の手探りできれいにしていくスキルが必要なのです。でも新人がいきなり行う事は奇跡に近いくらい無理です。
そこで刃が根の表面に適切にあたっている感じを体で憶えてもらう必要があります.
目で見える状態で数回トレーニングしてもらい、根の表面をゴム質の材料で隠してマニキュアをとるトレーニングを本日始めました. 結果は・・・
b0112648_23595922.jpg

トレーニング後に根の表面を隠していたゴムをとると、マニキュアはまだ下の方に多量に残っています.
新卒の子の一回目にしては良い方かもしれませんが、実戦ではつかえません。
これからこれをきれいにとりきれるようになるまで、地味なトレーニングが必要になります。

トレーニングしている間に のじでんは次のトレーニング用の模型を作成します.

1.目で見る事のできる状態の根の表面に塗ったマニキュアを落とす
2.目で見る事のできない状態できれいにマニキュアを落とせる.
3.前後に歯のある状態できれいにマニキュアをおとせる。
4.連続した入り組んだ歯並びの模型で隠された根の表面からマニキュアを落とせる。
5.4と同じ事をマネキンに付けた状態でできる。
6.相互実習
b0112648_0113463.jpg

写真は4番目用の実習模型です。

このくらいできると初めて患者さんに触れる事が許されるのではないでしょうか?
しかしこの「歯石」という厄介なものは、患者さんの歯ブラシでも生産中止になった胡散臭気な某パーフェクトなんとか水でもとる事ができず、歯科衛生士という人が歯石除去を行ってはじめてとる事ができるものなのです。
時間はかかるとはおもいますが、ぜひとも患者さんの歯の周りを安全確実に良い環境にできる一流の衛生士に育ってほしいと思います.
[PR]

by nooji1 | 2010-05-28 00:14 | Trackback | Comments(0)

2010.05.28 Free Hugs



All the Same by SICKPUPPIES

I don't mind where you come from
As long as you come to me
I don't like illusions I can't see
Them clearly

I don't care no I wouldn't dare
To fix the twist in you
You've shown me eventually
What you'll do

I don't mind...
I don't care...
As long are you're here

Go ahead tell me you'll leave again
You'll just come back running
Holding your scarred heart in hand
It's all the same
And I'll take you for who you are
If you take me for everything
Do it all over again
It's all the same

Hours slide and days go by
Till you decide to come
And in between it always seems too long
All of a sudden

And I have the skill, yeah I have the will
To breathe you in while I can
However long you stay
Is all that I am

I don't mind...
I don't care...
As long are you're here

Go ahead tell me you'll leave again
You'll just come back running
Holding your scarred heart in hand
It's all the same
And I'll take you for who you are
If you take me for everything
Do it all over again
It's always the same

Wrong or right
Black or white
If I close my eyes
I's all the same

In my life
The compromise
I close my eyes
It's all the same

Go ahead say it you're leaving
You'll just come back running
Holding your scarred heart in hand
It's all the same
And I'll take you for who you are
If you take me for everything
Do it all over again
It's all the same
[PR]

by nooji1 | 2010-05-23 20:34 | Trackback | Comments(2)

2010.05.25 スケーラーの研磨

こんばんは のじでんです。
新人衛生士の教育スケジュールの一つとして「スケーラーの研磨」を行っております.
鋭利なスケーラーの刃をまず作る事ができる衛生士でないと、歯肉の下にある歯石をきれいにとる事ができません。
トレーニングに入って4日目くらいの様子 途中「塾」が入った事が彼女にとってはよい影響をもたらしたのではないでしょうか?
b0112648_23461131.jpg

スケーラーを持つ手が安定せず悪戦苦闘した結果ですが、なかなか難しいみたいですね。
でもよくみると、一カ所だけ研げてます.  ほほう!
逆の刃をみると! 
b0112648_23514595.jpg

ヒールの部分はまだだるいですが、結構きれいにとげてます。
吸収の早さは、若さからでしょうか? ときどき驚く事があります.
救歯塾の効果ですかね。
まだ右刃は苦手のようなので、次回の課題かもしれません。
[PR]

by nooji1 | 2010-05-20 23:51 | Trackback | Comments(0)

2010.05.17 院内ミーティング

こんばんは のじでんです
今年当院が採用した新人も、早いもので1ヶ月が経ちました. 基本的な院内の仕事を憶えて一段落した感が強まり、いよいよ衛生業務のプログラムがスタートしつつあります.
まずは根面にスケーラーを当てるトレーニングからスタートです。
スケーリング前 
b0112648_1232027.jpg

スケーリング後 
b0112648_1233146.jpg

スケーラーのシャープニングとともに
しばらく毎日トレーニングしていきます.
[PR]

by nooji1 | 2010-05-17 01:24 | Trackback | Comments(0)

2010.05.16 塾

2回目がはじまりました。今月はSRPがテーマ
歯肉縁下の根面の取り扱いは、歴史的に変遷して現在では滑沢な根面を作る事が目的ではなくなりました。
長いメンテナンスにおいて歯根面を減らさない努力が必要とのことでした。
 当院の新卒のスタッフも、スケーラーのシャープニングやキュレットの取り扱い等
色々教えていただきました.
b0112648_0504371.jpg

写真は石神井で開業されているK先生 衛生士のAさんにシャープニングを教わっているところですね.
大変お世話になりました.
[PR]

by nooji1 | 2010-05-16 00:30 | 勉強会 | Trackback | Comments(0)

2010.05.13 画像

現像ソフトを比較しています。
まだまだ勉強不足・・・
SILKYPIX現像(露出のみ)
b0112648_0165283.jpg

Camera RAW現像
b0112648_2343746.jpg

画像自体はまだまだ比較できるレベルのものではありません。
SILKYPIXの方が変更できる内容が細かく、使いこなす事ができれば
より深い調整ができる様に感じます.
[PR]

by nooji1 | 2010-05-13 23:34 | Trackback | Comments(0)

2010.05.13  箱?

最近読んだ本で感銘を受けたものがコレです.
「自分の小さな「箱」から脱出する方法」 大和書房 アービンジャー・インスティチュート著
b0112648_125097.jpg

原題名 Leadership and self-deception getting out of the box
組織のリーダーと部下
夫婦
世の中でおこる人間関係のトラブルはこの「箱」に入っている状態から発生するというもの。
箱とは「自己欺瞞」自分の素直な気持ちを裏切った時のことをさすのだそうです。
[PR]

by nooji1 | 2010-05-13 01:16 | | Trackback | Comments(2)

2010.05.12 SILKYPIX

一眼レフで撮影する際
jpg画像とRAW画像設定する事ができます.

この辺は以前金子先生に教えていただいた事がありました。
症例写真の記録を撮影する際に大事な仕事である。「色をきめる部分」
を機械にやらせるのではなく、ソフト上で「現像」するのだそうです。
仕事上photoshop を使う機会がおおく、Camera RawとBrのワークフローは重宝しております.

しかし現像ソフトは数多くあり、この辺りもすこし勉強する必要があるように感じてきました.
http://www.multi-bits.com/dat/photographer/raw/
とても親切に書いてあります. しかし現像ソフトはこんなにあるのですね。
Camera RAW以外のソフトで最近SILKYPIXというソフトを使いだしました.
お試し中の為、勉強してよかったら購入してみようかと思います.
b0112648_139462.jpg

[PR]

by nooji1 | 2010-05-12 01:11 | Trackback | Comments(0)

2010.05.12 歯磨きセット

こんばんは のじでんです。
b0112648_195045.jpg

当院では歯磨きのトレーニングの際
1. 必ず鏡をつかってもらう。
2. 歯垢染色液で確認してもらう。
3. 鏡をみながらブラシをつかってもらう

治療期間中は、ご自宅でもやってもらうようお願いしております.

その為には
1. 使いやすい歯ブラシ
2. 歯垢を染色する液
3. 使いやすい手鏡 
の3つが必要となります。

そこで試験的に5月の父の日のキャンペーンとして、のじでんが自分でつかって試したおすすめの製品を格安でセット販売する事と致しました.
ぜひご利用ください.
[PR]

by nooji1 | 2010-05-12 01:10 | Trackback | Comments(0)

2010.05.11 歯磨きとクラウン

以前、仮の歯で磨けるかを見ていた方
クラウンが入り、ようやく治療も残すところ一カ所となりました。
新たな治療部位に入る前に、新しいクラウンが入った部分が
磨けるようにチェックが必要です.
b0112648_0591015.jpg

写真は仮の歯の時のもの、プラークを見やすくするためこのような画像になりました。
左上の最奥の部分なので、上下が逆になっております。
鏡で撮影しているので、写っている部分が奥の部分ですね。
仮の歯の時にはかなり多くのプラークの蓄積が見つかりました.
メタルの材質になっても汚れがつきやすい部分なので、何度か練習していただきました.
b0112648_0243599.jpg

ようやく技術的に磨きやすい環境と技術が得られたようです。
前にも書きましたが、根の治療に入るほど大きな虫歯のあったところなので、ぜひともこの歯磨きの状態を長く維持していただきたくおもいます。
[PR]

by nooji1 | 2010-05-11 00:26 | 虫歯 | Trackback | Comments(2)