2010.10.27

晴れた日の午前中は日差しが強いです.
b0112648_11544294.jpg

[PR]

by nooji1 | 2010-10-27 11:53 | Trackback | Comments(0)

2010.10.23-24 KDM 合同研修会

こんにちは のじでんです。
KDM 救歯会合同の研修会に参加して参りました.
KDMとは熊本にある有名な歯科のスタディーグループです。商業誌でもよく拝見できる方々ばかりなので
前日までは緊張・・・
初日2日目とも両方の会から2名ずつ 合計8人のケースプレでした.
臨床には厳しい先生方でしたが、懇親会では非常にフランクで会の中の雰囲気が良さそうです.
のじでんも発表しました。 たくさんのサジェストをもらい、終わった後も様々なコメントが頂けました.
ありがとうございます。今後の糧としたいと思います.

KDMの先生方の臨床は黒田先生のお言葉では「異文化」ということでしたが、先月の会からみたら救歯会に最も近い勉強会であるという事を実感しました.
b0112648_11291532.jpg

[PR]

by nooji1 | 2010-10-25 11:22 | 勉強会 | Trackback | Comments(0)

2010.10.18

現像後のデンタルフィルムの整理
b0112648_12324356.jpg

[PR]

by nooji1 | 2010-10-18 12:30 | Trackback | Comments(0)

2010.10.17 救歯塾

今年の塾も終盤にさしかかりました。今回は義歯設計

受講生が与えられた共通の歯式上で義歯設計をもちよりディスカッションをしました.
一部の過剰防衛的設計(笑)をのぞいては結構設計がにてくるものですね。
b0112648_1217569.jpg

黒田先生が評論の別冊に執筆されたとの事
御殿山で開業されているN先生
b0112648_12172656.jpg

そして次回は最終ケースプレです。
[PR]

by nooji1 | 2010-10-17 12:12 | 勉強会 | Trackback | Comments(0)

2010.10.14 ブリッジの清掃性を考える3

こんばんは のじでんです。

前回のブリッジの方歯ブラシのトレーニング後の状態です.
b0112648_193848.jpg

少しダミーの部分に残りましたが、ほぼ概ね良好な状態です.
b0112648_1939324.jpg

後ろの部分は歯ブラシがあたりにくい部位ですが、なんとか磨けておられるようです。
修復物はつけてしまうと形態を変更するのも制限がかかりますのでまれにですが、仮止めしてこのようにチェックをします。
[PR]

by nooji1 | 2010-10-14 19:42 | 歯磨き | Trackback | Comments(0)

2010.10.12 ミーティング

空き時間を利用して、前回作ったマニュアルをスタッフ同士で検討をしました。
b0112648_20221621.jpg

[PR]

by nooji1 | 2010-10-12 20:22 | Trackback | Comments(0)

2010.10.07 マニュアル

ようやく当院の業務マニュアルが完成しました.
細かい所はまだ修正が必要のようです。
b0112648_22435617.jpg

中を開くと機械の操作などが一つずつ丁寧にかかれています。
b0112648_22451865.jpg

6ヶ月間、完成までこつこつと作ってくれたのじでん妻ありがとう
[PR]

by nooji1 | 2010-10-07 22:38 | Trackback | Comments(2)

2010.10.06 ブリッジの清掃性を考える2

ブリッジの歯のない部分の形態はどのような形が磨きやすいのでしょうか?
仮止めから約2週間後。金属製の仮歯の状態です。
b0112648_16381446.jpg

内側から
b0112648_16383332.jpg

外側から
比較的良好です.
b0112648_16385995.jpg

外して下側から歯のない部分にプラークがついていました.
歯肉にべったりとついてしまうとこのようになってしまいます。
b0112648_16405033.jpg

一番後ろの部分は親知らずという事もあります.形態をやせ気味にして
歯ブラシをあててもらいます。
b0112648_16413163.jpg

底の歯肉に接する部分はすこし削って歯間ブラシか、歯ブラシの先が入る様スペース
をつくってみました。
b0112648_16423637.jpg

この部分は歯肉との間に隙間が出来すぎてしまっても食べ物が詰まってしまいやすい部分ですので。
御手入れの仕方と形態に注意が必要です.
[PR]

by nooji1 | 2010-10-06 14:59 | 歯磨き | Trackback | Comments(0)

2010.10.01 歯石の探知

歯の根の面についた歯石は小さいと歯肉の下の部分に潜り込んでいる状態では分かりにくいです。
手の感触をたよりに動かしていくことがおおく、この触診のトレーニングを衛生士としております。
b0112648_19114191.jpg

800番、1500番の耐水ペーパー と厚みが12ミクロンの箔などを歯根の部分にはって模型に戻します.
b0112648_19174232.jpg

探針をつかって違いが分かるかをトレーニングします。
[PR]

by nooji1 | 2010-10-01 19:18 | Trackback | Comments(0)