2011.12.21 側方運動の再現性

昨日院外勉強会が行われ、参加して参りました。

 歯内療法の診断に関する症例報告1例
 根尖からの歯根破折の診断に関して考察がなされ、また根尖病変が大きい症例に関する
診断と施術について討論が行われました。

 自家歯牙移植の主にジグリングフォースに関する考察を含めた症例1例
救歯会の先生方報告した学術論文の考察をもとに類似条件の症例を3症例提示
その中でジグリングフォースとその効果について考察をされておりました。

 10年後の経過予測を討論する症例報告1例
初診時の情報のみが渡されて「自分ならどう診断して施術するか」
施術10年後にどのように経過するかを討論しました。


 論文抄読が一報
 論文は歯界展望 昭和50年2月 第45巻 第2号 
 続Hanauの咬合器に聞く130-7型咬合器の機構と再現性
論文では左右顆路の分離性と顆頭間距離調節機構が側方運動時の咬合面にどのくらい影響を及ぼすかか
理論的な再現性と意義について考察されておりました。

論文では単独歯やブリッジの補綴への応用を想定して書かれていました。
おそらく側方運動時の平衡側の再現性を考えないでよいからでしょうけれど
やはりこの手の咬合器は全顎の補綴の方が効果は高そうです。

一歯の補綴のケース実際の口腔内


模型上

平均値咬合器でここまで再現する事ができるのですね。 驚きました。
[PR]

by nooji1 | 2011-12-21 13:15 | Trackback | Comments(0)

2011.12.19 基礎の勉強

スタッフさんとの基礎の勉強も4回目
ようやく歯の発生の部分に差し掛かりました。
b0112648_1548279.jpg

歯周病も虫歯も病気
つまり異常像です。

異常なものを理解する為にはまず正常像をしっかり理解して
どのように発生しその形となるかを理解する事がとても大事とかんがえてます。
[PR]

by nooji1 | 2011-12-19 22:45 | Trackback | Comments(0)

2011.12.16 年末の病気

毎年そうなのですが年の瀬になると、のじでんは毎年病気が始まります。
基本的に興味のあるものはずっと続く性格と思うのですが、さも続かなそうなことに挑戦したくなるのです。

一昨年はダイエット(ちなみにダイエットは4年前にも挫折済み)

昨年はサテライトのホームページ作り
そして今年は・・・
b0112648_2143743.jpg


挫折?いえいえ、やってやるですよっ!!
[PR]

by nooji1 | 2011-12-16 21:42 | Trackback | Comments(0)

2011.12.15 夫は見た(笑)

のじでんつまもブログをやります。 
いつも2人で行動する時はデジカメもって・・・まるで林○ペー●ー夫妻のようです。(笑)
しかしあまり二人で行動している時はネタがかぶるので、私はのじでんつまを観察しております。

例えば・・・ 
ケーキがでてきまして



b0112648_21353728.jpg


すかさず撮ってます正にブロガーの鏡ですね。
ちなみに、私は忘れて食べてしまうことが多いです。

b0112648_21353857.jpg

んー、


b0112648_21353828.jpg


b0112648_21353932.jpg



b0112648_21353951.jpg

wwwおもろい(笑)
[PR]

by nooji1 | 2011-12-16 21:30 | 家族 | Trackback | Comments(0)

2011.12.14 そろそろ年賀状の準備

こんばんは のじでんです。
b0112648_11593995.jpg

今年もあと数日 当院でも患者さんへの年賀状の印刷を開始しました。
だいたいぎりぎりになってしまいます。
毎年の反省点
 もっと早くやっておけば・・・(のじでんつまの催促を聞きながら)
 帰ってきてしまった賀状の住所の確認、変更
 データベースからはがきソフトへの移行(なんせ年一回ですから・・・)
[PR]

by nooji1 | 2011-12-15 19:51 | Trackback | Comments(0)

2011.12.15

他業種のセミナーに参加する折、銀杏が綺麗だったのでパチリ

b0112648_10203466.jpg

[PR]

by nooji1 | 2011-12-15 15:12 | 勉強会 | Trackback | Comments(0)

2011.12.16 S歯科医院院内勉強会に参加しました。

こんばんは のじでんです。

救歯会の先輩であるS先生の診療室で行われる院内勉強会にお呼ばれて参加致しました。
まず驚いたのは勤務されている先生の熱心さ。

症例発表をする予定でしたので。事前に資料をお送りしたところ
症例の問題点
補綴設計
10年後の予想
をそれぞれの先生がレポートにまとめてくださいました。
自分の症例に他の先生の見解のレポートを頂けるなんてあまりない経験で、のじでんの方が大変勉強になりました。
あまり活気のある院内勉強会だったので、思わず写真を撮るのも忘れてしました。(泣)
S先生貴重な経験をありがとうございました。
[PR]

by nooji1 | 2011-12-10 21:18 | 勉強会 | Trackback | Comments(0)

2011.12.06 凄技

本日セットの患者さんの模型です。 赤い印は上下の歯が接触しているところを表しています。
b0112648_20194531.jpg


咬合器という機械に上下の方取りした模型をつけて口の中の上下の歯の関係を再現します。
以前こんな実験をしておりました。いかにこの口の中の状態を模型で再現するかが難しいかがわかります。
ほんとに難しいんですよ
b0112648_2021268.jpg

そしてこれが口腔内の接触状態、ほとんど一緒!。驚きました。どういう技術をつかっているんだろう?
この噛み合わせにかみ合う部分の詰め物が入る訳ですが・・・。
b0112648_20285380.jpg

試適した時点で手前側にはさんだ12µmのストリプスが引き抜けない。
これよりちょっとでも低い高さで納品されると、その部分だけ上下に隙間ができてしまいます。
この修復物は前回の実験の最後に使用したスーパーボンドC&Bのティースカラーを使用してセメントアップしております。 その為咬合圧ではどうしても避けられないセメントの浮きあがりという分はセット前に考えないといけません。 でもセメントの浮き上がりの測定結果では15µm±8µm 誤差線の最も下の部分は実に7µmとなりとても人間の調整できる領域ではないように思いました。
本当にT技工士さん神業でした!!
[PR]

by nooji1 | 2011-12-06 20:38 | Trackback | Comments(0)

2011.12.05 診療時間後

のじでんつま トレーニング中

b0112648_23253528.jpg

[PR]

by nooji1 | 2011-12-05 22:08 | Trackback | Comments(0)

2011.12.04 救歯会外来講師講演会

b0112648_2323114.jpg

長野の北川原健先生を講師にお呼びしての講演会でした。30年40年経過が32症例と他では見ることが出来ない長期経過症例を見せていただきました。
患者さんと永く関わり、記録を残すスタイルの診療は今でこそデジタル化が進んだ環境であれば、多くの歯科医院がやっているかもしれません。しかし1980年代にはほぼ皆無だっのではないでしょうか?
更に徹底したプラークコントロールにも驚きました。
印象に残った先生のお言葉に
我々は虫歯の予防をしている訳ではなく、患者さんの健康観を育てる事をしている。
深いお言葉です。
[PR]

by nooji1 | 2011-12-04 22:45 | 講演会 | Trackback | Comments(0)