2012.02.11 KDM30周年記念発表会

b0112648_20513788.jpg

熊本市内で行われた。熊本デンティストミーティングの創立30周年記念発表会に言ってまいりました。

テーマはインプラントとどう向かい合うかです。

最近よくマスメディアにも取り上げられているインプラントなのでとてもタイムリーですね。

インプラントは歯科医師の使い方により残存歯牙を守る役目もすれば、凶器にもなります。
とかく巷では歯のない部分にインプラントを埋入したら問題が解決するかのような事も耳にします。

インプラントの問題点ていったいなんだろう?
b0112648_22111758.jpg

インターネットで検索をするとこのような事態に
欠点 短所といれたとしてもこのような検索結果になります。歯科医師の私が見ても
患者さんのニーズでこうなっているとは到底思えません。上位に出ている問題点をあげているサイトも
治療期間 治療費が主です。
話題となった「クローズアップ現代」でも内容は技量不足の歯科医師による外科処置時のミスというもの。

スタディーグループに所属して経過の症例をみていくと思うのは本当の問題点はもっと別にあるようにおもう
のです。

経過を追っている先生方であれば、適切に埋入されたインプラントであっても経過が思わしくない事や、周りの歯牙に対する影響をしっています。
だから自ずと「本当にインプラントが必要になる症例」に適応がしぼられる。
治療本数が多ければ良い訳でも、最新のインプラント治療が最前という訳でもない。
今回参加したKDMの30周年記念発表会では改めて、治療経過を観察しその責任をとるという大切さを感じました。
b0112648_2055287.jpg

[PR]

by nooji1 | 2012-02-19 22:33 | Trackback | Comments(0)

2012.02.10 KDM 記念発表会 熊本へ

行ってきます。
b0112648_16451291.jpg

[PR]

by nooji1 | 2012-02-10 16:42 | Trackback | Comments(0)

2012.02.07 準備

こんばんは のじでんです。
明日行われる自家歯牙移植の準備をおこなっております。

b0112648_11132571.jpg


b0112648_11133052.jpg

[PR]

by nooji1 | 2012-02-07 09:45 | 移植 | Trackback | Comments(0)