2012.06.26 院内勉強会

月一回の院内勉強会を行いました。
以前から助手さんと個別で抄読を行っている ten cate 口腔組織学 第11章「象牙質歯髄複合体」
b0112648_0532640.png

K衛生士は 休日の講演会の情報をシェアしてくれました。
b0112648_0543742.jpg


のじでんの発表は、K衛生士と個別で行っている
b0112648_17511192.jpg

治癒の病理/臨床編
第2巻
歯周治療
変容する臨床像への対応 より第2章

この会は勉強会としてはまだまだ幼い
それぞれ持ち寄ってシェアした知識は、それら同士が茫漠とした距離をもった点でしかない。
この点同士はいずれそれぞれが関係し合う「線」となり「面」となり
そしていつか「形」になります。 それまでその「点」を持っていられるかどうかが大事のように思います。

当院で働くスタッフさんは、どんなに忙しく大変な状況であっても煩雑さに流されるようであってほしくない。
常に患者さんに起こっている問題を絶えず自分で考える自立した存在であってほしい。
そんな風に育ってくれる事を願いながら院長はこの会に望んでおります。
[PR]

by nooji1 | 2012-06-28 01:07 | 勉強会 | Trackback | Comments(0)

2012.06.25 情報の整理

勉強会でシェアしてもらった本を読んでおります。
「超」整理法―情報検索と発想の新システム (中公新書)
 この本は実は名前を知っておりました。その他のこの類の書籍には結構引用されているので気になっていたのです。
 1996年に執筆された書籍ですが、非常に根本的でわかりやすい情報の整理法は現在でもお手本になるものがあります。 
 ポケットを1つにするという事。
 時系列による分類(内容による分類を避ける)

などはかなり思い当たる事がありました。
この本が出版された当時にはできなかった事としては (知的生産の技術にも書かれておりましたが)
机ごとに情報を整理せざるを得なかった点は、現在は上記2項目をクリアした上で
クラウドコンピューティングが達成できていると思いました。
b0112648_14204644.jpg

野口式押し出しファイリングシステムはどうか?
b0112648_14273888.jpg

先に書いたGTDの考え方のうち 実行中のノートで時系列に並べると使う事ができる
かと思います。
[PR]

by nooji1 | 2012-06-25 22:44 | Trackback | Comments(0)

2012.06.24

前からやりたいと思っていた水彩画を始めました。
b0112648_1271582.jpg


我流なんでそのうちどこか勉強しにいこうかと思ってます。
少ない時間で出来てたのしい趣味です。
[PR]

by nooji1 | 2012-06-24 01:14 | 趣味 | Trackback | Comments(0)

2012.06.23 早速

勉強会でシェアしてもらった本を買ってみました。
2、3冊は新たに買う事ができないものでしたので後日探してみようかと思います。
b0112648_1023463.jpg

しばらくは積読書ですけど。
[PR]

by nooji1 | 2012-06-23 10:22 | Trackback | Comments(0)

2012.06.19 黒田勉強会

台風が近づいておりましたが、毎月定例の院外勉強会に参加しております。
b0112648_11154641.jpg

7分程度の小発表 一時間の症例検討
論文抄読で3時間程の会です。
書籍の紹介をしていただきました。闇雲に読むよりも上澄を教えて頂けるというのはとても有難い事です。
[PR]

by nooji1 | 2012-06-21 10:51 | Trackback | Comments(0)

2012.06.13 詰め物の精度

詰め物は土台と内側の厚みが少ないほど、修復の程度は良い状態でセットする事ができます。
写真は詰め物の内側に適合試験材を入れた状態です。
b0112648_22261546.jpg

修復物の内側がきれいにはいるものは、なんとなく外側の高さもきれいに決まる事が多いように思います。
試適してそのまま咬んでもらった状態。 高さ調整量は最近は本当にすごい事になっています。
研磨程度の調整ですんでしまう事が多いです。
b0112648_22424436.jpg

だいぶ適合のよい修復物がセットできました。
[PR]

by nooji1 | 2012-06-13 22:34 | Trackback | Comments(0)

2012.06.13 衛生士個別勉強会

治癒の病理/臨床編 第2巻 歯周治療の抄読を続けております。
本日の項目は
歯肉縁下プラークコントロール
 福田光男・野口俊英・天埜克彦
 歯肉縁下2ミリ以上の深部にはブラシが到達しない事から。イリゲーションやウォーターピック、ポケットへのDDSによる抗生物質投与の効果について記載されていました。
臨床的な意義や、治療に取り入れる頻度としてはかなり低いとはおもいます。しかし寝たきりの状態やセルフケアの困難な状況というのがもしあったら必要なものかもしれません。
[PR]

by nooji1 | 2012-06-13 12:50 | Trackback | Comments(0)

2012.06.11 救歯塾準備

レポートの準備中
 
b0112648_0343060.png

[PR]

by nooji1 | 2012-06-10 00:35 | Trackback | Comments(0)

2012.06.04 院内個別勉強会

助手さんとの勉強会です。 
前回に引き続いて 象牙質歯髄複合体 
月末の院内勉強会用の発表ができるレベルまで理解を深めていきたいと思います。
[PR]

by nooji1 | 2012-06-05 13:59 | Trackback | Comments(0)