2012.12.11 情報のインプット1 File maker pro 歯周組織検査

こんにちは のじでんです。
歯周組織検査のソフトを入力する際、当院のユニットサイドのスペースはそんなにひろくないのです。
b0112648_18143296.jpg

そこでマウスでは無くトラックボールを使用しております。
しかしこのトラックボールがスタッフさんがたに大変不評でして・・・。
b0112648_19232213.png

歯苦歯苦の歯周検査では値一覧でポケットを入力します。
この入力が難しいとのこと
b0112648_18271164.png

そこで値一覧を使わずテンキー入力に変更してみようとおもいます。
このテーブルはTabっぽくなってますが、じつは上のタブはスクリプトをボタンで操作している仕組みのようで
それぞれレイアウトを変える命令が与えられています。
1点4点6点と1歯ごと6点のレイアウトそれぞれにこの変更をしてフィールドを並び替えるのは物理的に無理
まあ6点しかつかっていないし、もともと当院には明らかなオーバースペックというところなので
6点入力のレイアウトだけを残す事にしました。
b0112648_18290100.png

BOPはチェックボックスにしました。
これに最近学習したグラフ表示を足して使おうと思います。
[PR]

by nooji1 | 2012-12-11 19:24 | Trackback | Comments(0)

2012.12.11 ブリッジ

b0112648_17545378.jpg

コチラが咬合器上の咬合接触

b0112648_17562194.jpg

口腔内未調整の状態 この後シリコーン茶色1回調整でセットとなりました。

これほど大きなものを口腔内と同じ状態に咬合器上にトランスファーできる事って

すごいことなんです。

セメントアップ時の浮き上がり残念でしたが、すばらしい補綴物でした。

T技工士さんありがとうございました。
[PR]

by nooji1 | 2012-12-11 18:00 | Trackback | Comments(0)

2012.12.07 歯の生涯図について


b0112648_12541663.jpg

グラフの見方
縦軸が歯の本数を表します。
横軸はご自身の年齢を表します。
7本の折れ線に該当する数字は、自身のご年齢の同級の方100人中第何位にいるかがわかります。
[PR]

by nooji1 | 2012-12-07 13:00 | Trackback | Comments(0)

2012.12.06 矯正勉強会

矯正治療の勉強会に参加してきました。
b0112648_8572282.jpg

b0112648_8572270.jpg

コース自体の卒業は5年も前になります
がたまに参加して問題がないかや他の先生の症例で勉強をしております。
[PR]

by nooji1 | 2012-12-07 08:49 | Trackback | Comments(0)

2012.12.05 救歯会 例会

月一の勉強会に参加してきました。
3症例3時間程の勉強会です。
20年近い経過のある自家歯牙移植の症例報告から移植の考察をする症例報告
2症例目は前後のすれ違いの症例。補綴処置までの一連の過程と、補綴設計について考察がされておりました。
3症例目は
多数の予後不安歯をコーヌスクローネで補綴した症例報告でした。
[PR]

by nooji1 | 2012-12-06 12:38 | Trackback | Comments(0)

2012.12.01 情報のインプット1 File maker pro

こんばんは のじでんです
前回、院外勉強会で一部分を出題した新規作成データベースファイルについて考えております。
医院の業務を円滑にしつつ、患者さんごとに歯牙欠損の進行や歯牙の保存、喪失に関係しそうな事柄
を検証できるテーブルを考えたいと思います。
治療を勧める上で、どちらに進むか迷うときの考えの助けとなる資料
類似症例をさがすなどいろいろ頭には浮かぶのですが・・・。
あと入力が楽なもの
b0112648_0212397.png

見た目が分かりにくいですね。 こうやって見るとKA367がとてもシンプルで直感的です。

まあしかしもともとのソフト歯苦歯苦があるのでコチラは最悪失敗しても気が楽です。
歯式を3カラムにするというやり方はたとえば
類似の喪失パターンのレコードを探すのにはやはり必要そうです。
勉強会では30年経つと3カラム目の上書きでは限界があるとの事。
しかし3カラム以上はさらに煩雑ですしねえ・・・。 10年経ったらリスタートしてレコードを改める
というのはどうなんだろう・・・。 自問自答を繰り返しています。
歯式の値をもとはこんな感じでしたが
b0112648_031565.png

最初は補綴物の種類も分けてとかかんがえていたのですが、これをやると
欠損の類似パターンをソート出来なくなることにきづきました。そもそも入力が大変です。
b0112648_0393882.png

なので補綴修復はすべて「処置歯」1種類としてみました。これなら
3ユニットブリッジなら上部がセラミックスであれ前装であれ
 trt pon trt という表示になりレコードの検索でばらけてしまうことがなさそうです。
[PR]

by nooji1 | 2012-12-02 00:43 | Trackback | Comments(0)