2013.03.26 黒田勉強会

月一回の院外勉強会に参加して参りました。
本日はミニケース2例
歯周治療とMTMをともなう欠損補綴症例一例
自家歯牙移植とインプラントを併用した症例
じっくり1症例は受圧加圧の悪い両側の上顎犬歯を喪失した症例に対して
加圧の歯牙を分割して咬合支持を3カ所回復させるという素晴らしい症例が出題されました。
b0112648_2121273.jpg

論文の抄録は前回当ブログで紹介した「I-bar]について
3年前にも抄読しておりますが、再読です。前回読み切れていなかった技工にまつわる部分や
義歯の咀嚼、着脱時の動態と支台装置について勉強しました。
b0112648_20575768.jpg

[PR]

by nooji1 | 2013-03-27 20:57 | 勉強会 | Trackback | Comments(0)

2013.03.23 論文

自分が生まれた年の論文を抄読しております。 
b0112648_14205752.png


Ibarクラスプについて
豊永美津糸 渡辺浩 豊永優文 著 日本歯科評論 1974.10-No384
義歯の設計についての論文です。40年近く前の論文ですが、咀嚼時に義歯を動かさない、ぶれない工夫が
書かれております。
[PR]

by nooji1 | 2013-03-24 13:32 | Trackback | Comments(0)

2013.03.22 歯の移植

咬合支持確保のために、下の前歯のあたりというちょっと難しい位置への移植を試みました。
術後の付着の回復がとても心配な所でしたが、ようやくクランプをかけても大丈夫なくらいになってくれました。
このまま回復を期待しつつお手入れの練習に入ります。
b0112648_1082153.jpg

[PR]

by nooji1 | 2013-03-23 11:24 | Trackback | Comments(0)

2013.03.22 E max press による修復

Emax pressはプレスタイプのオールセラミクス。金属をフレームに使うメタルボンドにくらべるとかなり自然な仕上がりになるようです。
b0112648_16365357.jpg

術前の状態一本だけ色が変色してしまっている所の修復をする事となりました。

もともと根の治療をしてある歯のため、根の再治療と歯の内外からホワイトニングを行っていきます。
b0112648_16402873.jpg

ホワイトニング終了後 かなり白くなりました。この上ものはある程度下地の色を透過するため、大事な治療過程です。
b0112648_16403934.jpg

土台がはいって下の歯との厚みや、した顎が動いたときに邪魔にならないように形を考えていきます。
わりと裏側の機能的な所の事を考えていることの方が多いです。
b0112648_16443796.jpg

マイクロスコープ下での形成と印象はレジン個歯トレー印象法
b0112648_1648122.png

技工所には、簡単な情報と写真データを添付して・・・
b0112648_16472849.jpg

ようやくセットです。セット時周囲の歯と同じような形態色合いに注意して作成していただきました。
[PR]

by nooji1 | 2013-03-22 16:52 | Trackback | Comments(0)

2013/03/18 院内勉強会

b0112648_13253650.jpg

月一回の院内勉強会を行いました。 
プラークコントロールの取り組みに関する症例報告1例
Ten Cate 口腔組織学 第14章 歯周組織前半をまとめてシェアしてもらいました。
[PR]

by nooji1 | 2013-03-19 13:24 | Trackback | Comments(0)

2013.03.16 ようやく完成?

昨年の9月くらいからつくっている。データベースファイルですが大分充実して参りました。
b0112648_2339548.png


全部でおよそ1500個のフィールドがありますが、入力するのはおもに100前後で残りは
すべて計算式で自動的に入力されるようになってます。 画面の右半分は現状を把握する
(余計分かりにくい(笑))というよりは検索用です。
[PR]

by nooji1 | 2013-03-16 23:39 | Trackback | Comments(0)

2013.03.15 スタッフさんとの勉強

歯科衛生士を目指すスタッフさんと勉強をしております。 
tencate 口腔組織学 の抄読 ようやく14章 歯周組織
歯髄象牙質複合体
エナメル質等硬組織の内容からようやく歯周組織の各論に入って参りました。
内容をまとめて月一回の発表も大分慣れがでてきて,少しずつ理解が深まってきていると良いと思います。
b0112648_23321895.jpg

文中に束状骨(篩状骨)が登場しました。これは歯の生命線といえる「残存付着組織量」をレントゲン上で考える上で特に大事な「歯根膜空隙」「歯槽硬線」に該当します。
[PR]

by nooji1 | 2013-03-15 23:39 | Trackback | Comments(0)

2013.03.07 禁煙指導

タバコの害は歯科でも深刻です。
歯周治療の効果がでにくく、後戻りしやすい。
歯を永い間健康に維持するためには、タバコはない方がよいです。

以前タバコの銘柄と一日の喫煙本数から摂取した延べニコチン量を計算するようなファイルをつくっていました。
最近は禁煙外来での処方薬や治療で禁煙を効果的に行えるようになってまいりましたので、紹介を円滑におこなえるようなシステムを作っていこうと思いました。
b0112648_1443129.png

厚生労働省が定める禁煙支援のフローチャートから、
まず健康保険で治療が可能かどうかを見定めるニコチン依存度テスト等4項目が該当すると
健康保険で治療可能のようです。

また最寄りの禁煙外来がどのあたりかがわかるような仕組みと、
紹介状の印刷が出来るようにしてみました。
[PR]

by nooji1 | 2013-03-07 14:43 | Trackback | Comments(0)

2013.03.07 院外勉強会

月一度の救歯会例会に参加して参りました。
今月は 乳歯混合歯列期の咬合育成の症例と重度歯周治療症例他ほか3症例が出題されました。
咬合育成は乳歯期の生え替わりの時期に、歯が違う位置に生えてこないように誘導しながら正常な
歯列になるよう導く方法です。通常の矯正とは異なり、無理な矯正力による根の吸収や後戻りという
デメリットが少ないように思いました。
b0112648_10342762.png

適応症例には患者さんへの負担が少ないのでよいかとおもいます。
[PR]

by nooji1 | 2013-03-07 10:37 | Trackback | Comments(0)