2013/08/23-25 救歯会 サマーセミナー ナイトセッション

2日目 ナイトセッションでは 少数歯残存症例にもちいるチェックバイト法についてディスカッションがおこなわれました。 件の なつやすみの自由研究は、ここで出題しました。
b0112648_20524299.jpg

通常の口腔内描記するタイプのゴシックアーチトレーサーの前方にステンレス製のバーをとりつけて
左右のだいたい同じ位置にアクリル製のシャーレをとりつけます。
この中に白色のワックスを同じくらいの量いれてかためます。
生体の顎運動の範囲でシャーレから飛び出ないように下顎の同様につけたステンレス製のバーに
スタイラスを取り付けて先を研ぎます。 この尖端が任意の咬合面と言うことになります。
b0112648_20571840.jpg

スタイラスを付ける前に上下のトレーサーをつかってゴシックアーチを描きます。
側方チェックバイトを採得して右側方運動時の後方指導要素だけ設定します。
ちなみにスプリットは下段の様な感じになりました。
b0112648_20582325.jpg

下顎の前方のバーにそれぞれスタイラスをつけて、口腔内で自由運動をした結果です。

白いワックスはスタイラスで削り取られて尖端は、ちょうどインレー形成の先角のようになっています。
動画は咬合器上でおなじ右側方運動をしているところですが、生体で削り取ったワックスを咬合器の動き
では追随するように動いて見えます。 少なくともさらに深く削るような感じには動いていない。
しかしこの生体と咬合器の両者には違いがあるとおもうので・・・。
b0112648_217118.jpg

一度削り取ったワックスをこんどは青いワックスでうめて、今度は咬合器上で右側方運動のみさせて
この青いワックスを削り取ります。そうすると1番 作業側と4番では下の白いワックスの見え方がかなり
違うことが分かりました。 
理論的に作業側ほど生体の動きを咬合器で再現する事が難しいと言うのはわかるのですが、はたして再現
性の有るものなのかどうか。 追試が必要です。
こんな発表をしました。
[PR]

by nooji1 | 2013-08-27 21:10 | Trackback | Comments(0)

2013/08/23-25 救歯会 サマーセミナー初日、二日目

こんばんはのじでんです

8月にいつも行われている救歯会の夏合宿に参加して参りました。
2泊3日ですが、分単位で食事以外は缶づめになるというスケジュールです。
b0112648_2021109.jpg

場所はXIV山中湖 綺麗なホテルなんですけどね(笑)7回参加して7回ともこちらにお世話になっております。
b0112648_2023534.jpg

サマーセミナーの企画運営をとりしきるU先生,S先生、T先生 

初日は救歯会に新たに入会された3人の先生方の自己紹介をかねた発表と、
b0112648_20285753.jpg

自家歯牙移植の疫学調査の論文掲載状況。7報すでにアクセプトされて自家歯牙移植の疫学調査に関しては救歯会が拠点と言っても過言ではないようです。
また新たに喪失歯の疫学調査の途中経過報告がありました。
予定スケジュールのあとは、宴会ですがここでも症例検討やお伺いなど2時くらいまで行われました。
b0112648_20331815.jpg

こちらはT先生 ヒラメを7枚も釣ってきて刺身と、カルパッチョ、エンガワもおいしかった〜!ありがとうございました。
b0112648_20393338.jpg

岐阜から参加したK先生 最高級の飛騨牛ありがとうございました。これも格別でした。
b0112648_2218488.jpg

2日目は全員発表。今年の統一テーマは臨床における私のこだわり
37人全員発表です。 丸一日缶詰状態になります。
b0112648_22211887.jpg

右はじにうつっているのは、大学の同期のM先生。偶然ですが大学の同期で救歯会なのです。
[PR]

by nooji1 | 2013-08-26 22:25 | Trackback | Comments(0)

2013/08/20 歯科技工別冊"誤差”を埋めるクラウンブリッジの臨床・技工

こんな本をみつけました。
b0112648_1055426.jpg

クラウンブリッジによる補綴をするシーンは臨床では、小さいものではインレーから大きなものでは全顎のレベルまで行われない日はないくらいメジャーな処置と思います。

型どりから模型をつくり、修復物ができあがって口腔内にセットされるまでには必ず誤差が生じます。
印象をとってから頻繁に技工所と連絡をおこない、紙媒体や写真を使っての情報のやり取りを行うことが多いかと思うのですが、なかなか技工所でのこの”誤差”を埋めるために行われる仕事を細かいレベルでは知らない事が多いです。
様々な実験的考察から、誤差がなぜおこりどのように修正するか?という内容が非常に仔細に書かれていました。
大変良い本でお勧めです。
[PR]

by nooji1 | 2013-08-20 14:30 | | Trackback | Comments(0)