2014/10/25 院内勉強会

月に一度の院内勉強会を行いました。
先に参加した保険医協会主催の院内感染予防講習会をうけて、手引きの再読をおこないました。
b0112648_053816.jpg


本日は前回のスポルディングの分類に引き続き
「洗浄」 

当院は予備洗浄を廃止し、ウォッシャーディスインフェクターによる熱水消毒を
採用しております。
熱水消毒前の使用後に器具の処理について再検討しました。
[PR]

by nooji1 | 2014-10-25 00:47 | Trackback | Comments(0)

2014/10/14 黒田勉強会

月に一度の勉強会 黒田勉強会に参加して参りました。
サマーセミナーで出題した症例をもう一度5分という短い発表時間ではなく30分程でディスカッションしていきました。
タイトル 加圧因子の影響が出てきた症例
Eichner B2 62歳女性の症例 両側の下顎遊離端欠損
下顎欠損先行の症例に対してコーヌスを用いて義歯設計をおこなった。術後左側最後方の支台に問題がでた。

今月は、のじでんも出題しました。
タイトル 経過観察で口腔内の変化を確認
25歳女性 大学病院での矯正治療後に歯肉退縮を主訴に来院
b0112648_0192897.jpg

メンテナンス期間中に主訴部位は少しずつ退縮していきました。
サマーセミナーでは歯槽部への矯正による歯牙移動とCTG等による歯肉退縮の改善が意見として
出ていましたが、残り少ないこの下顎前歯部の歯根膜を移動でロスさせる
気にはなれず、また移動するスペースがない
メカニクスが思いつかない等の理由からメンテナンスでの現状維持を計る事としました。

臼歯部の歯冠乳頭は清掃方法の変更により
回復。初診より7年が経過しました。
b0112648_0194652.jpg

臼歯部の回復については当ブログでも紹介しましたが、経過を観察するとこんなこともおこる事が分かります。

タイトル 変えた顎位が元に戻った症例
他歯科医院で矯正により顎位が変更した症例
自家歯牙移植とテンポラリーレストレーションにより顎位の模索を行った症例
一度嵌合位をうしなうともとには戻す事ができない。
この症例にかぎらず咬合再構成や全顎矯正においては
現在の嵌合位をなくしてまで得られるメリットがあるかどうかを考えさせられた。

タイトル 破折で歯牙が失われた。
歯根破折について実臨床症例と数報の論文を交えて考察がなされた。
b0112648_0491150.jpg

提示症例は10分足らずの出題でしたが18年経過症例と見応えのあるものでした。

タイトル 初期病変(若年者)の経過観察から学んだ事
11歳女性の初期カリエスを10年間観察して、初期脱灰の最石灰化や歯肉の変化が
確認された。また家族間でメンテナンス介入される時期が早い程
メンテナンスの効果が出ている事が出題された。

論文抄読は 歯界展望 no60 vol2 s57
シリーズクラウンの周辺2セメンテーションをめぐって
5人の臨床家による対談
 さすがに30年前の論文の為時代的背景を考えての拝読となるが、
論文中の実験や本文中に出てきたセメントはエリートとスーパーボンドのみ
セメントの新製品がいかに信用できないかが垣間見える。
[PR]

by nooji1 | 2014-10-15 00:04 | Trackback | Comments(0)

2014/10/01 ホームページ

救歯会のサマーセミナーの事後抄録をホームページを作製して
会員の先生がたに配布してみました。
b0112648_11404280.jpg

そんなに凝ったホームページではないですが・・・。
10年前くらいに勤務先のホームページを作った際にhtmlやら
FTPのアップロードやら勉強した記憶がありますが、最近はブラウザーの発達からか
ブログ並みの手軽さでホームページが作れるんですね・・・。
時代の変化を感じました。
[PR]

by nooji1 | 2014-10-01 11:40 | Trackback | Comments(0)

2014/09/29 印象の断面

型取りの際にレジン個歯トレー印象法を用いて行っております。
b0112648_1181353.jpg

印象時の誤差を理論的には最小限にしてくれる究極の方法です。
反面フローしづらい印象材を個歯トレーの挿入時の圧力で縁下へ入れるため、
個歯トレーのマージンとの適合や内面の関係がうまくないとうまくとる事ができず煩雑です。
開業当初から苦労しながら取り入れてきた方法ですが、ようやく再印象をせずにコンスタントに
採れるようになってきました。
しかし細かいところではトレー挿入時に側面にわずかにあたっていたり、いろいろ不具合があるのも
事実でして・・・。
たまにですが、使い終わった印象面に石膏をもう一度ついで1mmずつトリミングして断面をチェック
したりしています。
b0112648_11151052.jpg

トレーに印をつけて1mmずつ削っては写真をとるわけです。
b0112648_11152184.jpg

そもそも個歯トレーのマージンが合っているかとか、トレーの挿入方向が正しかったかとかが
分かります。 
いい仕事は、地味で地道な作業の積み重ね
魂を込めていきたいと思います。
[PR]

by nooji1 | 2014-10-01 11:34 | Trackback | Comments(0)

2014/09/27 院内勉強会

月に一度の院内勉強会をおこないました。
b0112648_1104539.jpg

先に参加した保険医協会主催の院内感染予防講習会をうけて、手引きの再読
主にスポルディングの分類について再確認と当院システムを検討、討論しました。
もう一例は問題発見。主に歯肉の性状や現症所見からの考察を行いました。
b0112648_111386.jpg

b0112648_1103635.jpg

[PR]

by nooji1 | 2014-10-01 11:02 | Trackback | Comments(0)