2015/01/31 歯根破折の予兆2

歯を失う原因に歯周病、齲蝕(虫歯)と並んで歯根破折があります。
ご自身の歯をご自身の咬合力(噛む力)で壊してしまうのです。
予兆がかすかでも現れた昨日の症例とは違い、レントゲンでは
予兆が隠れてしまうものもありました。
b0112648_1415818.jpg

他院から転院された来院者さん 主訴は左上のブリッジがういている
補綴はきれい
歯周組織にも配慮されている。きっと補綴や歯周治療に熱心な先生だったのはないかとおもいます。
b0112648_1282884.jpg

左上7番を写真縦の方向にクラックラインが認められます。
この方向だからレントゲンに映りづらいのか?
頬舌の歯周組織の厚みがあついから隠されてしまうのか?
レントゲンの画質の問題なのか?
この破折の予兆をレントゲンだけで予見する事が出来ませんでした。
破折の原因をあえて考察すると
カリエスが大きかったからとはおもいますが、残存歯牙の量が少ない
根管の拡大が大きいなどが考えられます。
また咬合接触が極端にすくなく偏っている
b0112648_1325076.jpg

左右側面からも緊密でない、バイト材が抜けてこない。
セラミックの咬合面での全顎補綴が難しい事がうかがわれます。
こんな事も歯根破折の原因の一つかと思います。
b0112648_136298.jpg

上顎の修復をやりかえて義歯補綴をおこなうことで均等な接触を獲得
しました。
はたしてこの噛み合わせがどれだけ長く維持できるか?は目下のところ不明ですが
来院者さんの手の及ばない領域だけに責任を持ってメンテナンスしていく必要があるように思います。
[PR]

by nooji1 | 2015-01-31 01:42 | Trackback | Comments(0)

2015/01/30 歯根破折の予兆1

歯を失う原因に歯周病、齲蝕(虫歯)と並んで歯根破折があります。
ご自身の歯をご自身の咬合力(噛む力)で壊してしまうのです。
破折の予兆はかすかですが、レントゲンに現れる事があります。
b0112648_024526.jpg

掲載はご本人の承諾を得ております。
左上のレントゲンが初診時。原因不明の咬合痛が主訴
歯髄症状もあったため、テンポラリーを作製して歯内療法を行いましたが・・・
b0112648_0245994.jpg

写真遠心部分は右。矢印部にクラックラインがみえています。
失活が先か、破折が先か?分かりませんがちょうど上顎7番の口蓋咬頭が入り込むところ
から破折してしています。当初は生活歯でもこんな事がおこるのかと驚く事があります。
残念ながらこのようになってしまうとなかなか対処が難しく、このケースのような場合は
予防する事も難しいようにおもいます。
[PR]

by nooji1 | 2015-01-31 00:39 | 虫歯 | Trackback | Comments(2)

2015/01/24 院内勉強会

月に一度の院内勉強会を行いました。

 昨年から行っている 引き続き院内感染対策 東京保険医協会の手引き「歯科の感染対策」
から 滅菌をテーマに滅菌の評価とバリデーションについて検討しました。
b0112648_15583339.jpg
定期的に抄読している
デンタルハイジーン別冊「歯肉を診る・歯肉を読む」より
歯肉の経時的変化を観察から考察しました。

毎月一症例ずつの問題発見
b0112648_16022112.jpg
40代の方 根尖部歯根破折により#47を失い初めての遊離端となりました。
問題点や、口腔内から考察できる想像できうる
受診履歴や人となり生活習慣など問診時や対話の中で聴くことができる内容を増やしてもらいたいとおもっています。


[PR]

by nooji1 | 2015-01-30 16:05 | Trackback | Comments(0)

2015/01/25 苦手分野への挑戦

昨年から2回ほど御世話になっているCHP研究会が主催されておられる
研修コースのフォローアップに参加して参りました。
研修内容は3時間半ほどの時間をすべて「自己紹介」に費やすという斬新なものでした。

なぜこの研修をうけようとしたのか?
自分はどのような理念をもって診療をおこなっているのか?
など自分との対話を重視した濃密な時間でした。

治療技術の向上や努力については自信がありますが
コミュニケーションのスキルには自信がないため
ここを強化しようとという風に考えての受講でした。

おそらく、来院者さんに対してスタッフに対して
家族や子供に対してなど接し方に変化がでるかどうか・・・
そんなに簡単には変わりませんかね(笑)
また来月まで自問自答を繰り返すことになりそうです。


[PR]

by nooji1 | 2015-01-26 17:21 | Trackback | Comments(0)

2015/01/20 年齢と10年後を考えた治療

月に一度の黒田勉強会に参加して参りました。
 ミニケース3例 内一例は自家歯牙移植により3壁性骨欠損の修復を狙った症例
初診時の資料から処置方針と10年後がどのようになっているかを予測する。
「じっくり一症例」 昨年暮れから1週前に初診時の状態から処置方針を前もって
考えて提出するという方法になりました。初診時が健康寿命に近い患者さん
Eichner B3で前後のすれ違いが初診時に見えている欠損形態。
処置方針は 
 欠損改変派とそのままの欠損形態での施術派に分かれてのディベートを行いました。
論点はすれ違い一歩手前の状態が、術後に害悪をもたらすかどうかと言う点と介入時の年齢
をどうとらえるか

論文抄読は日本歯科評論 昭和49年1月−3月 金子一芳先生著 咬合器ー私の使い方
間接法と咬合理論が緻密に書かれており、40年前の論文とは思えない内容です。
全調節性咬合器を臨床で使われることはほぼないかもしれませんが、咬合器にできて
出来ない事を理解する事と間接法の限界について理解する一助となるとおもいました。

[PR]

by nooji1 | 2015-01-26 17:10 | 勉強会 | Trackback | Comments(0)

2015.01.04 聴く事が大事

前回のCHPセミナー受講から、傾聴と質問に興味がわいたため 勉強しています。
b0112648_10162810.jpg

本間正人著 業界では有名人のようです
どういうわけか当院には心理学部を卒業されたスタッフさんが多く
傾聴という部分ではこんな本を紹介してもらいました。
b0112648_10162225.png

カールロジャースさんという方の来談者中心療法という方法
こちらはカウンセリング技法のようですが、傾聴という所では参考になりそうです。
[PR]

by nooji1 | 2015-01-04 10:33 | Trackback | Comments(0)

2015.01.04 明けましておめでとうございます

年末年始皆様いかがお過ごしでしょうか?
のじでんは妻子共々風邪を患いようやく復調してまいりました。
b0112648_951540.png



新年は5日より診療を開始致します。

皆様本年も何卒宜しくお願いします。
[PR]

by nooji1 | 2015-01-04 09:51 | Trackback | Comments(0)