2015/01/30 それは起こってみないと分からないんです

発達した下あごの形態や、歯ぎしりの状態から
b0112648_21553162.jpg

初診から「危ないなー」と思っていた左上の7番(写真右端の歯)
外傷所見も出ているし、根の形もシンプルな形をしていて
根管拡大も大きくされている

わかりやすく説明しようとしても
「ケアしないと折れてしまうかもしれませんよ」
と言ってみてもなかなか来院者さんとしては実感のできないところ

日中のかみしめに対するケアも
夜間のナイトガードもおすすめにはお答えいただけませんでした。

こういう時歯医者の先生は、色々と悩みます。
再治療をしたほうが効果があるのか?
手をつける事が破折を助長させるので
手をつけずに、力への配慮に徹するべきなのか?

歯を失う3大要因の一つ「歯根破折」
自分の力と上下の歯で自分の歯自体を割ってしまう現象です。
救歯会の疫学データでは
救歯会の先生がレントゲンの所見で破折の予兆が見えて
「歯根破折かな?」と思った症例の75パーセントが
2年以内に歯根破折が確定(歯がぱかっと折れてしまい、抜かざるをえなくなる)するそうです。
b0112648_2212359.jpg

半年後に撮影した時、半年前にはあった歯槽硬線が消失(破折を疑わせる所見)
b0112648_2231079.jpg

違和感で来院時の写真、こういうレントゲン所見になったら破折の予兆の典型像です。
この後外科処置による確定診断で破折線が確認され、確定診断となりました。

虫歯や歯周病の急性発作と違って、なにか症状があった時は手遅れな事が多い

「歯根破折」

予期できていたのに・・・という後悔はどうしてもありますが

ここからは破折をこれ以上広げないために努力をしていかなくてはなりません。
[PR]

by nooji1 | 2016-01-30 22:17 | Trackback | Comments(0)

2016/01/29 自分の苦手を克服する努力

午前中の仕事の合間にふと石膏コーナーを見るとこんなものが
b0112648_12105032.jpg

当院のM衛生士が抜去歯牙を模型に埋入して練習しようとしておりました。
連結冠や、ブリッジの支台となっている歯牙で
補綴をはずすことが出来ない状況でのSRPが難しいといっていましたが・・・。
先輩の衛生士や、私に聞かずに
まず自分で考える姿勢、いいですね!
頑張れ!
[PR]

by nooji1 | 2016-01-29 12:16 | Trackback | Comments(0)

2016/01/26 黒田勉強会

月に一度の勉強会 黒田勉強会に参加して参りました。.
b0112648_1311475.jpg

 ここ半年ほど「歯根破折の予兆」について、症例を集めて
ブレインストームをしております。
写真はY先生(左)の歯根破折の疫学調査結果まとめを発表して頂いてます。
色々と興味深い知見や仮説が出てきそうです。
 これまでの内容は、救歯会の歯根破折歯の疫学調査と、数例の症例呈示
座談という形で今年の歯界展望6月号に掲載されるとのこと
のじでん呈示症例には入れるも、残念ながら座談には入れませんでした。
しかし座談の模様を見学してもよい
との事なのでぜひうかがいたいと思います。
[PR]

by nooji1 | 2016-01-27 13:18 | Trackback | Comments(0)

2016/01/23 院内勉強会

月に一度の院内勉強会を行いました。
b0112648_12332349.jpg


国家試験直前の当院スタッフSさんも参加して行いました。
本日は抄読書籍のレポート発表
昨年から引き続き抄読している「口を診る・生活を読む」医歯薬出版 三上直一郎先生著
発表はM衛生士
第2編(2) 禁煙指導の難しさ
禁煙指導、禁煙支援はなかなか難しい印象があります。
やめたいという兆しや兆候を見逃さずに、支援できる時期に支援できる知識を勉強しておくべきかとおもいます。

院長の発表は毎月の問題発見
 歯周治療後にメンテナンス中断後、再度来院時の所見から問題発見をしていきました。
b0112648_12574784.jpg

初診からメンテナンスに入るまでの治療経過、右下のレントゲンで歯槽骨頂に緻密化が確認されたと
判断しましたが、今見ると5番の遠心と7番の近心は歯槽骨頂の緻密化がなく再評価が甘かったことを
反省しました。
 
b0112648_12574339.jpg

遠方への転勤のためメンテナンスが中断となり、一年後に再度来院時
日常生活の中での歯周治療で、多忙な方ですが再度治療に臨みたいとのこと
衛生士ともども魂を込めていきたいと思います。
[PR]

by nooji1 | 2016-01-27 13:08 | Trackback | Comments(0)

2016/01/20 救歯会例会

こんにちは のじでんです
 月に一度の勉強会、救歯会例会に参加して参りました。
今年の第1回目の例会です。昨年4月より石神井のK先生と座長を仰せつかり、
早い物で残すところあと2回となりました。思い起こすと長い道のりでした。
K先生と試行錯誤、事前抄録を読み返してディスカッションを繰り返し
例会発表中の
    議論が停滞する沈黙にも負けず・・・
    「え・・そこほりさげるの?」という空気にも負けず・・・(笑)
任期中にさまざまなアドバイス、叱咤激励など頂きました先生方には
この場を借りてお礼申し上げます。(まだ終わっていませんが(笑))
慣れてきた頃に、何か起こるのはよくある事なので
あと2回は気をひきしめて臨みたいと思います。
b0112648_1214389.jpg

新年会はおしゃれなイタリアンでした。
[PR]

by nooji1 | 2016-01-20 12:13 | Trackback | Comments(0)