2016.06.30 語る会の準備

今年も年に一度の大規模な勉強会「臨床歯科を語る会」を目前に準備を行っております。
エントリーは欠損歯列のはずでしたが、発表以来はこちらでして都合により出題することと相成りました。
b0112648_2259101.jpg

しかし始めてみると難しい・・・。
根管治療の難症例ってなんだ?
マイクロスコープと歯科用レーザーとCTが歯科における御三家みたいな風潮の昨今
マイクロエンドのハンズオンやセミナー、学会はなかなかの盛況かと思いますが・・・。
一方で昨年の語る会のエンドペリオ病変の分科会でも術者の経験差がほとんど出なかった記憶があり
根管治療は術者経験が割と若いうちに良好な結果が出てきたりする事も事実。
おそらく、マイクロがなくても、根尖病巣を治す歯科医師は結構多いはずです。
そんななか、根管治療の難症例とはなんだろう・・・
極端な湾曲根
狭窄の強い根管
複数の分岐や形態、側枝、隠された根管などなど
機械や器具の進化でだいぶ解決されている問題が多いように思います。
しかし手を尽くしても治らない症例には破折が絡んでいることが結構あるように思いまして。
タイトルのような出題としたわけですが
うーん、やはり企画の趣旨に完全に外れていますかね・・・
だんだん出題するのが怖くなってきた。
[PR]

by nooji1 | 2016-06-30 23:12 | 勉強会 | Trackback | Comments(0)

2016/06/29 個歯トレー印象法について考える

塾受講後に考察をしてみました。
おもにレジン個歯トレー印象法について、若干イメージの違っていた部分がありました。
印象自体は、従来からやっている方法でも採れている。 黒田先生と石山さんのやり方は個歯トレーのマージンの位置を思った以上に大切にしている事がわかりました。
セミナー中の黒田歯科医院で採得されたレジン個歯トレー印象の断面は、とんでもなく正確にマージンに個歯トレー辺縁がフィットしている事が分かりました。
顎模型上でセミナーの日に採得した印象は、次のTEK用に使うとして・・・。
2度注ぎした模型を同じようにカットしてみました。
b0112648_2116359.jpg

黒田先生のレベルにはほど遠いですが、かなりイメージした個歯トレーの辺縁マージン部のフィットに近いです。
しかし内面の均一さが今ひとつ
wash→くりぬく際のさじ加減と、圧接時の強さがかなり大事の様です。
内冠用の印象はさらにコレを越すレベルを目指します。

臨床歯科を語る会の発表準備もひかえているので、コレばっかりやっているわけにはいかないのですが・・・。
診療時間後の技工作業です。
印象は個歯トレー内に若干の不均一がでてますが、
b0112648_21182765.jpg

4歯完全にマージンを採ることに成功しました。

b0112648_21211582.jpg

任意の関係で咬合器付着した顎模型。クリアランスを確認、形成を修正後に印象採得
b0112648_21223129.jpg

b0112648_21222754.jpg

研磨が不十分ですがTEKまでできました。
あとは「語る会」のあとにやりたいと思います。
[PR]

by nooji1 | 2016-06-29 21:25 | Trackback | Comments(0)

2016/06/26 救歯塾に参加して参りました。

今年も4月から行われている救歯会が主催するセミナー「救歯塾セミナー」に参加しております。
今年のテーマは「黒田式コーヌスクローネをマスターしよう」
コーヌスクローネは間接法を用いた補綴治療の最高峰。コーヌスクローネの作成を通じて「間接法」を学ぶ実習付きのセミナーです。
このセミナーの特徴はチュートリアル方式を用いた、双方向性のあるセミナーである事。
ただ聞いているだけではなかなか身につかないことが多々あります。
参加しだしたのは2003年。十年以上も参加していることになります。
以前上顎のコーヌス義歯の製作を実習で行った事があるが、今回は下顎。
4月の第一回から、2回かけて支台歯形成とレジン個歯トレー印象までを行いました。
b0112648_2065456.jpg

支台歯形成。歯軸の向きは上顎よりも平行に近く簡単です。
b0112648_2075064.jpg

一度模型に起こして、トリミング後に支台歯に個歯トレーと各個トレーを作りました。
b0112648_2084071.jpg

寒天アルジネートでもそこそこ縁下までとれている。
しかしこのままだと各個トレーは作れても個歯トレーは作りづらい。
そこで
b0112648_2093995.jpg

デモで行われた様に1本づつの模型になおして個歯トレーを製作
b0112648_20105847.jpg

印象採得した支台歯
 救歯会会員として救歯塾に参加して何となく思うのですが、 何年も参加した受講生が今年参加した方々と同じレベルの技工物ではダメなんですよね。
時々思うのです。救歯塾のチューターの先生方はほとんどボランティアで我々受講生に教えてくれている。
 黒田先生に至っては恐らく数え切れないくらい、同じ事を受講生に向かって教えてくれている。
今回個歯トレーは「パターンレジンでの製作」でした。
 その為今回は、「セミナー会場で調整不要なレベルまで」作り込んで受講に臨みました。
しかし今回の受講で個歯トレーのウォッシュから印象までの調整法と、マージン付近の具体的な感じを
寄り細かく理解しました。
結果残念にも一部採れませんでしたが・・・。
b0112648_2020897.jpg

採れなかった部分は恐らくですが、個歯トレー間をつなぐ時に位置がずれたものと思われる。
上記の覚悟で臨んだのであれば、製作した個歯トレーをテスト印象して連結して持参するべきでした。
b0112648_20224596.jpg

この印象で内冠を作るつもりはないので、セミナーで採得した印象に石膏をついでみました。
b0112648_20231820.jpg

形成にもバーの跡がまだあります。
左下犬歯は縁下に入りづらい形態ですね。覚悟は我ながら立派ですが、間接法の最高峰を眼前に今年の登頂はベースキャンプ入りから難航している模様です(笑)
次回までには完璧な印象を採って臨もうと思います。
[PR]

by nooji1 | 2016-06-27 20:34 | Trackback | Comments(0)

2016/06/25 院内勉強会

今月も月に一度の院内勉強会を行いました。
 今月も昨年よりしばらく抄読している。
三上直一郎先生著 「口を診る・生活を読む」医師薬出版株式会社 より。第4編セルフケアへのきづき
の抄読とレポート発表をS衛生士が行いました。
 発表中、彼女は第4編で思い当たった自分の症例を初めて出してきました。
b0112648_198408.jpg


4枚組のわずか2ショットでしたが、そこには彼女なりに来院者のセルフケアへの気づきを促す努力の跡があり、大変嬉しく思いました。自分の行った事を発表することは、勇気のいることです。しかしコレができた人は発表をする事によって、自分で問題を発見する以外に、客観的な意見をもらうことが出来る様になります。
プラークコントロールが安定していなくても
大仰な発表でなくても、自分がまず考えて「汗をかいた」症例であれば、それにより得られる事が、ただセミナーを聴講するよりも何倍もあるからです。
彼女自身の自らの成長、きづきの瞬間に立ち会えたことが、なによりも嬉しい今月の勉強会でした。
 
[PR]

by nooji1 | 2016-06-27 19:48 | 勉強会 | Trackback | Comments(0)

2016/06/12 救歯会外来講師講演会

年に一度の救歯会外来講師講演会に参加して参りました。
b0112648_12185376.jpg

 今年は、火曜会 鷹岡竜一先生をお呼びしての講演会です。
テーマは「基礎資料から読み取る治療計画立案の手がかり」でした。
大変ベーシックな内容ですが、なかなか多くの歯科医師が大事と分かっていながらも日々の診療で忙殺されておろそかになりがちな、「臨床記録」。そして臨床記録から何を学び治療計画立案へと導くかをご講演頂きました。
規格性や黒化度の均一さ、コントラストすべてが整ったデンタルX線写真は、圧巻の一言でした。 臨床記録が綺麗であることが、スタディーグループにおける会話のマナー。 口調は穏やかですが、大変厳しいお言葉です。
講演内容は歯周治療を歯科衛生士と行う上で考えたい事。補綴処置、欠損歯列、重度歯周病患者へのアプローチと多岐にわたるものでした。 臨床への厳しい姿勢で臨むお姿を拝見し、また明日の臨床に活かしていきたいと思います。
b0112648_15162289.jpg

鷹岡先生有り難うございました。
[PR]

by nooji1 | 2016-06-13 15:16 | Trackback | Comments(0)