2016/09/30 久しぶりの衛生士会

S衛生士さんをつれて、月に一度行われている六本木衛生士会に見学に行って参りました。
Sさんにとっては初めて参加した衛生士会です。 
b0112648_10443186.jpg


1症例のじっくりと問題発見して治療の経過をみる事はとても大事な事です。複数の歯科医院の衛生士さん達が次々と的確な問題点を挙げていく光景は、彼女の目にどのように映ったかは分かりませんが、成長の糧となるかと思います。 
 来月は火曜会の鷹岡先生を招いての会が催されるとのこと。ぜひまた参加したいと思います。
[PR]

by nooji1 | 2016-09-30 10:40 | 勉強会 | Trackback | Comments(0)

2016/09/05 内冠作成

ワックスアップからキャスト、内冠作成まで行っております。 以前より救歯塾でトランスファーコーピング法を用いたコーヌスクローネ義歯作成は3回目ですが・・・ 1回目は大手ラボで指示だしして作成。
2回目は悪戦苦闘の末自作しましたが、内冠に穴が空いたりマージンを削ったり・・・
さすがに、今回はそういうこともなく研磨までたどり着きました。
b0112648_00110657.jpg

[PR]

by nooji1 | 2016-09-06 00:19 | 補綴 | Trackback | Comments(0)

2016/09/02 院内勉強会を行いました。

月に一度の院内勉強会をおこないました。
今月から、暫く単著論文の抄読を行っていくことになりました。
本日の論文は補綴臨床別冊 「歯周疾患を伴う欠損歯列の補綴」より
欠損歯列のプラークコントロール 品田和美衛生士著
 歯牙欠損がある場合ない方に比べて、プラークコントロールを向上させて歯周疾患を良好に保つことが格段に難しくなります。 補綴したとしても動揺。それが何故難しいのかを考えてもらいたいという思いからこの論文を選択しました。
b0112648_10404886.jpg

担当はM衛生士 優秀な衛生士さんですが、11月に退職してしまいます。大変残念ですが今後も活躍してほしいものです。 タイトルは彼女のインプラント過剰傾向診療に対するアイロニーでしょうか?どこからかインターネットで持ってきた物をもってきておりました。
[PR]

by nooji1 | 2016-09-02 10:42 | Trackback | Comments(0)