2016//10/25 院内勉強会

月に一度の院内勉強会を行いました。
今月の抄読論文は
 現在歯数の推移から読む『治療効果」「患者満足」ー「歯の生涯図」の歯科医院における活用ー
歯界展望 2006年11月号 vol.108 no5
最近拝読している論文にしては比較的新しい論文です。
東京歯科大学 高江州義矩先生らによって喪失歯数のパーセンタイル曲線が開発、
東京都歯科医師会の協力により37000人のデータを元につくられた「歯の生涯図」という名称に
なり診療室で用いられていることを学びました。
当院でも説明などで用いることの多いツールですが、当院スタッフのSさんが当院の実例と共に
まとめて発表して下さいました。 彼女は助手さんながら前歴のキャリアを活かしてファイルメーカー
を使うことが出来る優秀なスタッフさんです。
b0112648_12470385.jpg
当院の来院者さんの内、歯牙欠損のない方を除いたデーターで来院傾向と喪失曲線状での推移を発表しました。



[PR]

by nooji1 | 2016-10-25 12:32 | 勉強会 | Trackback | Comments(0)

2016/10/18 黒田勉強会



月に一度の勉強会 黒田勉強会に参加して参りました。
今回はミニケースで出題しました。
タイトルは予後不安歯の介入を再考する。
b0112648_13084676.jpg
主訴部位は#46動揺度3度
b0112648_13093476.jpg
根管内からの排膿はあるものの、破折や穿孔がないためRCTを開始
b0112648_13105911.jpg
術後約8年後の状態です。この後#46は歯根破折を起こしてしまいます。
b0112648_13142655.jpg
b0112648_13205400.jpg
術後8年目と今年初旬の状態。当該歯は当初から破折を警戒してのファイバーポストを装着していたもの
接着もラバー防湿下で行われておりました。 しかし力には抗えない。 ナイトガードが装着されていようと、
ファイバーコアであろうと歯根破折は起こります。8年の経過をへてこの方は現在他の失活歯の続発する歯根破折を警戒。
まだもう少しは持ちこたえてくれそうですが 次の一手は左上智歯の自家歯牙移植を検討中の為
次の処置に進む時期の判断が難しそうです。


[PR]

by nooji1 | 2016-10-18 12:54 | 勉強会 | Trackback | Comments(0)

2016/10/16 救歯塾に参加して参りました

月に一度の講習会 救歯塾セミナーに参加して参りました。
実習は今月が最終回。来月は全員ケースプレ
作成中の内冠をセメントアップします。
b0112648_12214946.jpg
チュートリアル形式でのプロダクトは各種内外冠の作成法のメリットデメリットについて
ディスカッション、発表を行いました。
b0112648_12220453.jpg
こちらは内冠のセメントアップ風景。リン酸亜鉛セメントの練和経験があまりないという受講生の先生に錬ってもらいました。
リン酸亜鉛セメントは、セメントの中ではコンサバティブな材料になりますが、臨床実績や経過のある材料と言うことで
現在も一定数の需要があります。





[PR]

by nooji1 | 2016-10-16 12:18 | 講演会 | Trackback | Comments(0)

2016/10/09 休みの日にバーベキュー

そろそろ涼しくなってきまして
今年も恒例の院内レクリエーションですが、ちょっと初の試みで
バーベキューを行いました。
都内ではなかなか裸火を起こすということが難しいですので、一度やってみたかったんですよね
というわけでバーベキュー場は
葛西臨海公園バーベキュー場
炭をおこすのも、ダッジオーブンも経験がないメンツでしたが

楽しい連休を過ごしました。

[PR]

by nooji1 | 2016-10-09 16:09 | 趣味 | Trackback | Comments(0)

2016/09/27 院内勉強会

月に一度の院内勉強会をおこないました。
b0112648_1115723.jpg


 前回に引き続き論文抄読は、「補綴臨床別冊 歯周疾患を伴う欠損歯列の補綴」より
  「欠損歯列のプラークコントロール」 品田和美衛生士著
担当はS衛生士が発表しました。 内容はまだ簡単なものですがようやく自分の症例を出すことが出来ました。
基本的な問題発見はプロトコールをみないで行えるようにはなりましたが、問題を発見して解決に導くまでの道のりはまだまだ始まったばかりです。 さらなる高みを目指して頑張って欲しいと思います
[PR]

by nooji1 | 2016-10-01 13:43 | Trackback | Comments(0)

2016/09/11 救歯塾

月に一度のセミナー『救歯塾セミナー」に参加して参りました。
今年は7回でコーヌスクローネの作成から間接法を学んでいくカリキュラムです。
七転八倒の末なんとか作業模型〜内冠製作までこぎ着けました。課題もちらほら見つかりました。
未だに新しい発見や学びがあるのは、非常に嬉しいことです。
b0112648_1048424.jpg

[PR]

by nooji1 | 2016-10-01 10:59 | Trackback | Comments(0)