2007.07.18 黒田勉強会

こんにちは のじでんです。 今日は黒田勉強会の日です。
いくつか参加させていただいている勉強会のなかでも、とても濃度の濃い勉強会です。
11人という少人数なので、この間の救歯会よりもさらに一人あたりの
発表の機会も多いのです。いくつかのこういった会に参加させて頂いてますが、ふつうの講習会と違うのは双方向性があることです。ただ聞きに行くだけでなく「自分から」なにかをしていく・・・。当然参加した人々一人一人が得られるものにも差が出来るようなきがします。
[PR]

# by nooji1 | 2007-07-18 06:46 | マイクロスコープ | Trackback | Comments(0)

2007.07.17

こんにちは(^^)。 のじでんの嫁です。
b0112648_13213742.jpg

台風が過ぎて、暑くなってきましたね。
二日前に、ちまたでよく見かける、L25を手にしてみました。
数ページめくると、最高気温のおはなし。
熊谷の、うちわ祭りの写真が、大きく載っています。
夏祭りの熱気と興奮に、熊谷の暑さがマッチするのだとか。
熊谷は、昨年まで勤めていた歯科医院があるところで、
たしかに、暑い! と〜っても暑いんです。
最高気温で、よく記録を塗り替えたりしたいますものね。
どうしてそんなに暑くなるかというと、ヒートアイランド現象による熱を海風が運び、山からの風がフェーン現象を起こすので、気温も湿度も高いのだそうです。

しかし、さらに、冬は寒い!!
こんな季節感のある土地も、なかなか無いな〜、なんて感心していました。

お祭りといえば、先週末には靖国のみたま祭りがあったようですが、
せっかくのお祭りを見に行けずでした(;;)
お祭りや花火は、夏って感じがしますよね。
花火見に行きたいです(^^)
[PR]

# by nooji1 | 2007-07-17 13:20 | 趣味 | Trackback | Comments(0)

2007.07.16 送り火

こんにちは、のじでんです
今日は嫁と私の実家にいきました。
送り火です。
台風一過とまではいきませんでしたが昨日までの雨はやみ、すこし蒸し暑い日でした。
b0112648_1163979.jpg

久しぶりにかえった実家は日当たりだけはよく、植物がよくそだちます。
ベランダにはおおきな夕顔の実がいくつかなっておりました。

b0112648_6473586.jpg

前に患者様にいただいたアロエがちょっとみぬ間にこんなに立派に!
もう鉢を変えないといかんですね。
[PR]

# by nooji1 | 2007-07-16 01:15 | 趣味 | Trackback | Comments(0)

2007.07.13 レントゲンのつづき

こんにちは のじでんです
現像は相変わらず、気泡問題をどのように解決するかというところで頭を痛めております。既製のものではこれは解決できないですかね・・・。前の奴は
b0112648_0394913.jpg

中のフィルムを斜めにして現像液などにはいるようにしたのです、なぜかというと真横にして現像液のなかにしずめると中身だけ浮いてきてしまうんです。そこで斜めにアクリルの筒をカットして中に固定してみたのですが、
b0112648_0434376.jpg

気泡に関しては横でも、斜めでも関係ないみたいですね。
うーん・・・
これは新しく「縦にフィルムを現像液に入れられる」方法を作らないとだめですかね?
こんな感じいいかげんな図をかいてみる
b0112648_0454968.jpg

それをもとに(こうゆうのは専門でないのでこれもいいかげんですが・・・)自分なりにはきれいに図をかいてみます。
b0112648_0474787.jpg


ハンズで仕切り板と穴あきの金属の板を買ってきました。加工しやすいように1mmの厚みのものです。
b0112648_0485532.jpg

底の部分
b0112648_0492344.jpg

b0112648_051481.jpg

これにあわせて板を切ります。
b0112648_0514547.jpg

切った板はとりあえずおいといて型紙をおってみて切る前のしきり板と取っ手
を仮組して感じをみてみます。
b0112648_0541163.jpg

仕切り板を切るとこんな感じさらに仮組みしてみる
b0112648_056371.jpg

ビスで固定してみるとこんな感じちょっと長いビスですねこれはあとで切ります。
b0112648_0571429.jpg

ふたを開けるとこんな感じ(これを閉じてフィルムが浮かないように固定します。)
ふたを止める部分が必要ですね。
[PR]

# by nooji1 | 2007-07-13 00:39 | マイクロスコープ | Trackback | Comments(0)

2007.07.12 写真撮影

ブログに載せているものはすべてこれではないのですが、当院の模型等の撮影はこんな感じで行っております。

出来るだけ光源は太陽光に近いものを使用します。
b0112648_0353060.jpg

光を反射しやすい特に白い被写体などは

このようなもので光を弱めて撮影します。
b0112648_0362391.jpg

[PR]

# by nooji1 | 2007-07-12 00:29 | Trackback | Comments(0)

7.11.07 救歯会例会

きょうは歯医者の勉強会のお話です。
処置の妥当性を他のドクターにみてもらうという大変厳しい会です。ここには白い巨塔のような政治的なことや年齢、経験の差などはなくただ患者様のためだけに物事を考えてゆきます。
個人情報保護の為画像はお見せできませんが、3人の先生が治療経過を発表されており、
その内のお一方の先生は、治療経過ごとに寸分違わぬ角度でのレントゲン写真をとられておりました。同じ角度からとり、同じ濃さで現像が出来ていないと変化が分からないからです。
技術があたらしくなっても、この方向性はいつの時代も変わらないのではないかなとおもいました。
[PR]

# by nooji1 | 2007-07-11 23:15 | Trackback | Comments(0)

2007.07.10 レントゲン

今日はちょっとマニアックなお話です。
歯科医院ではお口の中にフィルムを入れて撮影するレントゲンがあります。
歯医者さんのレントゲンというと皆様これを思い出すのではないかと思います。
こんな感じで部分的に歯の中や、歯の周りがどうなっているかみるものですね。
b0112648_14214621.jpg



写真の掲載は患者様の了承済みのものです。
このようなレントゲンはどこの歯科医院でもとられており、現像も自分で行います。昨今はデジタル画像のレントゲンをお撮りすることもあります。当院では大きなレントゲンはデジタルできれいな画像がとれますが、小さいこのようなレントゲンはまだフィルムのほうがきれいなのではないかとあえて古い方法をとりいれているんです。
b0112648_15162124.jpg

現像室はこまごまとした薬品やら機械がおいてあります。レントゲンがきれいにうつっていないと病気がどのようになっているかわかりにくいため、誤診の原因になります。
ふつうの写真と同じように「現像」「停止」「定着」という順番でフィルムを処理していきます。いかに手で触れないように傷をつけないように、暗闇のなかで作業が出来るかの工夫が必要なのでこのようなものをつくりました。
b0112648_22411368.jpg

このような枠にいれて手で触れないように
b0112648_22413641.jpg

フィルムがはいって・・・
b0112648_22415716.jpg

このような枠でフィルムが固定されます。
b0112648_2242294.jpg

このようなチューブにいれて、これ底が網になっていてこれが現像槽〜定着槽
を行き来します。

現像液たちは0.1度単位で測定し1度以内で管理します。(夏場はとても難しいです。)
b0112648_2363119.jpg

この方法ならまとめて何枚も現像できるのでよいかとおもいきや・・・
なんだこれは・・・?
しろいつぶつぶ、この原因にきづくのにちょっと時間がかかりましたが
フィルム面に気泡がついてその部分が現像できなかったんですね。
やはりこの方法では問題がありそうです。 つづく
[PR]

# by nooji1 | 2007-07-10 14:01 | Trackback | Comments(0)

2007.07.09 ぴたごら装置?

b0112648_145562.jpg

ごぞんじですか?これ 特に欠かさずみているわけではないです。たまにながれているのをみて「へぇー」っておもうくらいだったんですが、なんとなーくかわいらしい感じと、むかしの教育番組っぽいなつかしさがあるので、ちょっと好きなんですね。
5月に開業した友人の診療室を訪れた折、待合室にこれが流れておりました。
彼の医院はこどもさんが多く来院するような場所です。
それにくらべて当院は開業当初子供さんはこないのではないかなあ・・・とおもっておりましたが、とある日に子供を連れたお父さんお母さんが治療に来院されました。
 そこでなんとなくおもいだしたんですねぇー
ピタゴラスイッチ♪
DVDには本がついてまして、何となく目を通してその緻密さに驚きました。
慶応大学の佐藤雅彦研究室が作成しているとのこと、試作をくりかえして完成した装置は場合によっては何回も失敗による撮り直しをするとのこと、O.Aの展開のはやさと美しさの裏に誰も気付かないのではないか?とおもうような地道な労力とストイックさがあり、診療室に流すかどうかをおいといて、改めて楽しめました。
[PR]

# by nooji1 | 2007-07-09 01:59 | 趣味 | Trackback | Comments(0)

自己研鑽

こんにちは のじでんです
SJCDのマイクロデンティストリーコースにいってきました。顕微鏡を使って口の中を治療するためのトレーニングです。
b0112648_05233.jpg



青山の研修会場は診療室のなかにあり、非常におしゃれなところでした。
b0112648_0534729.jpg

受講生ひとりに一つの顕微鏡がありました。お金がかかってそうですね
b0112648_0561315.jpg




・・・みえますでしょうか?縫合の糸ですよ! 糸は細い方が外科処置の時の傷がきれいになおります。髪の毛のような細さの糸を拡大した視野で縫合していきます。
午前中の実習ですが、前日、前々日と2日ほど家に帰れない状況なのでちょっと涙でまえが見えませんでした(笑)
でも細かい作業は基本的に好きなので、結構楽しめます。
最高に大きくしてみるを24倍くらいになるのですが、口の中を大きくしてみて治療をするという効果は絶大に感じます。肉眼では見えないものがよくみえるということがその理由です。
とらなければならないものを見落とししない。
詰め物やかぶせのあわせがあっているか、従来よりも厳しくみることができる。
などなどです。
このシステムを導入したことは正解だったと確信しています。
[PR]

# by nooji1 | 2007-06-30 00:48 | 勉強会 | Trackback | Comments(0)

ブログ発進!

こんにちはのじでんです ようやくブログをはじめました
おもに日常おもったことや、いろいろなことを載せていこうかと思います。
[PR]

# by nooji1 | 2007-06-28 01:27 | Trackback | Comments(0)