2007.07.09 ぴたごら装置?

b0112648_145562.jpg

ごぞんじですか?これ 特に欠かさずみているわけではないです。たまにながれているのをみて「へぇー」っておもうくらいだったんですが、なんとなーくかわいらしい感じと、むかしの教育番組っぽいなつかしさがあるので、ちょっと好きなんですね。
5月に開業した友人の診療室を訪れた折、待合室にこれが流れておりました。
彼の医院はこどもさんが多く来院するような場所です。
それにくらべて当院は開業当初子供さんはこないのではないかなあ・・・とおもっておりましたが、とある日に子供を連れたお父さんお母さんが治療に来院されました。
 そこでなんとなくおもいだしたんですねぇー
ピタゴラスイッチ♪
DVDには本がついてまして、何となく目を通してその緻密さに驚きました。
慶応大学の佐藤雅彦研究室が作成しているとのこと、試作をくりかえして完成した装置は場合によっては何回も失敗による撮り直しをするとのこと、O.Aの展開のはやさと美しさの裏に誰も気付かないのではないか?とおもうような地道な労力とストイックさがあり、診療室に流すかどうかをおいといて、改めて楽しめました。
[PR]

# by nooji1 | 2007-07-09 01:59 | 趣味 | Trackback | Comments(0)

自己研鑽

こんにちは のじでんです
SJCDのマイクロデンティストリーコースにいってきました。顕微鏡を使って口の中を治療するためのトレーニングです。
b0112648_05233.jpg



青山の研修会場は診療室のなかにあり、非常におしゃれなところでした。
b0112648_0534729.jpg

受講生ひとりに一つの顕微鏡がありました。お金がかかってそうですね
b0112648_0561315.jpg




・・・みえますでしょうか?縫合の糸ですよ! 糸は細い方が外科処置の時の傷がきれいになおります。髪の毛のような細さの糸を拡大した視野で縫合していきます。
午前中の実習ですが、前日、前々日と2日ほど家に帰れない状況なのでちょっと涙でまえが見えませんでした(笑)
でも細かい作業は基本的に好きなので、結構楽しめます。
最高に大きくしてみるを24倍くらいになるのですが、口の中を大きくしてみて治療をするという効果は絶大に感じます。肉眼では見えないものがよくみえるということがその理由です。
とらなければならないものを見落とししない。
詰め物やかぶせのあわせがあっているか、従来よりも厳しくみることができる。
などなどです。
このシステムを導入したことは正解だったと確信しています。
[PR]

# by nooji1 | 2007-06-30 00:48 | 勉強会 | Trackback | Comments(0)

ブログ発進!

こんにちはのじでんです ようやくブログをはじめました
おもに日常おもったことや、いろいろなことを載せていこうかと思います。
[PR]

# by nooji1 | 2007-06-28 01:27 | Trackback | Comments(0)