2009.02.19 ピンレッジつづき

こんばんは のじでんです。
ピンレッジのつづきになります。今日は形成したピンの部分。
模型上で形成のイメージをつかみます。 
b0112648_0351629.jpg

だいたいこんな感じ
b0112648_036316.jpg

ピンを掘る為のマイクロドリル、径は0.75mm
これがはいるピンの原型となるもの、径は0.5mm
このままステンレスのピンを芯にして印象をとると、入りませんでした.
b0112648_014564.jpg

そこで、
b0112648_22554751.jpg

このステンレスのピンをシリコーン印象材で片側だけ印象をとりまして、
ボクシング後、分離材を塗って
b0112648_22572379.jpg

両面取りできるようにします.ここにパターンレジンを流して硬化後にバリをとります。
b0112648_0184534.jpg

すこし余分に作ります.なにぶん細いので、バリをとって研磨するときに折れやすいんです。
ちょっと心が折れそうになりました.(笑)
これを芯にして印象材用の接着剤を塗り印象をとると・・・
b0112648_0222943.jpg

とれました!。
模型上でピンの方向を決定して
b0112648_1134841.jpg

ステントを作成します.
b0112648_0161465.jpg

矯正用チューブ(内径0.8mm)これをレールにする。
b0112648_0241530.jpg

こんな感じですかね? ドリリングと、個歯トレーに使用
b0112648_0181884.jpg

レジンの棒を7mmにカットして試適、接着材を塗り
ピンホールにはそのままシリンジで注入します.注入後レジンパターンを
一本ずつさしていき、個歯トレーを圧接
b0112648_0295071.jpg

硬化時間を待って注意深くはずしてみると
b0112648_0212644.jpg

この方法で良さそうですね。
[PR]

by nooji1 | 2009-02-23 22:59 | マイクロスコープ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://nojiden.exblog.jp/tb/10398455
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]