人気ブログランキング |

2010.03.01 土台と歯磨き

こんにちはのじでんです


タイトルが土台と歯磨き 全く関係ないように見えてそうでもないのです。
明日にセット予定の技工物が届きました. 前回型取りを行った症例のつづきですね。
b0112648_23595653.jpg

左上の一番奥の歯、この場所が苦手な歯医者さんはけっこう多いのではないでしょうか?。のじでんも得意ではありません. 理由としては
 先生の側から最も遠く、最もおくにある歯だからでしょうかね?
 頬の粘膜は気にしないといけないし、奥なのでドリルの頭が入りにくい
外側や、奥はミラー越しに削る部分を見なければいけない等 歯医者さん泣かせの部分なのです。
出来上がってきた土台と、歯の模型は結構きれいです。ちょっと自慢。ミラー越しでもちゃんと形が整っています.
b0112648_04533.jpg

土台の天井の部分(赤)
b0112648_0536100.jpg

土台の裾の部分(青)ここをマージンと呼びます.
かぶせ(クラウン)はたった一個でも、患者さんに説明されない膨大な注意事項と手間ひまがかかっているという事をお伝えしたいのです.
先ほどの赤と青の部分の位置関係と注意点は、思いついただけでもこんな感じ
b0112648_08183.jpg

つまり、理想的な歯の形を技工士さんが作れるようにする為には、まず土台がしっかりしていないとだめなのです。
まず模型をよく観察します。
b0112648_0112457.jpg

形作った歯の表面に、波上のしわがあります. 合わせを良くする為には、このようなしわが一つもあってはならないのです。 そのため次回はこの部分を研磨するという事が、まえもって分かります.
仮の歯 教科書的できれいです. 歯ブラシを当ててどのようにあたるかを観察してみます.
b0112648_0264773.jpg

b0112648_027897.jpg

外側
b0112648_0273371.jpg

内側
b0112648_0275526.jpg

奥側 ここがちょっと磨きにくそうです.
b0112648_0283439.jpg

横から見たところ、歯肉から立ちあがる感じは青い線の方が磨きやすそうです.
技工士さんはそうした方が良いのはわかっているはずですが、できなかった
「土台の奥がわを削る量がたりないから」 です。
そこでお口の外でまず削ってしまいます.
b0112648_032452.jpg

・・・と型をとってからできてきた土台を、ポン付けするのと、このような事を考えて取り組むのとでは出来上がりにかなりの差ができると思います.
次回セット 仮の歯がどのようにお手入れされるかをみます。

by nooji1 | 2010-03-02 00:33 | 虫歯 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : https://nojiden.exblog.jp/tb/12923894
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 春川華代乃 at 2010-03-02 02:41 x
はじめまして。パソ塾生の春川華代乃です。すごい技術ですね。こういうブログとてもいいです。歯医者さんとはなかなか長くお話できないですから。すごく納得と、大切に思われているんだなって感謝です。
Commented by のじでん at 2010-03-02 10:37 x
はじめまして野地です。コメントありがとうございます。
型取りから、セットまでの間の一週間は実は技工士さんと歯医者さんの間でかなりの色々なやり取りがされているんですよ。それがキャッチボールであったり、ドッチボールであったりもするんですけどね(笑)。