人気ブログランキング |

2010.10.06 ブリッジの清掃性を考える2

ブリッジの歯のない部分の形態はどのような形が磨きやすいのでしょうか?
仮止めから約2週間後。金属製の仮歯の状態です。
b0112648_16381446.jpg

内側から
b0112648_16383332.jpg

外側から
比較的良好です.
b0112648_16385995.jpg

外して下側から歯のない部分にプラークがついていました.
歯肉にべったりとついてしまうとこのようになってしまいます。
b0112648_16405033.jpg

一番後ろの部分は親知らずという事もあります.形態をやせ気味にして
歯ブラシをあててもらいます。
b0112648_16413163.jpg

底の歯肉に接する部分はすこし削って歯間ブラシか、歯ブラシの先が入る様スペース
をつくってみました。
b0112648_16423637.jpg

この部分は歯肉との間に隙間が出来すぎてしまっても食べ物が詰まってしまいやすい部分ですので。
御手入れの仕方と形態に注意が必要です.

by nooji1 | 2010-10-06 14:59 | 歯磨き | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://nojiden.exblog.jp/tb/14158858
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]