人気ブログランキング |

2011.04.02 放射能について

地震発生から3週間が経ちました。都内は計画停電によるもの以外はようやく落ち着きを取り戻しつつあるように
思います。
テレビでの報道番組の割合が少なくなりつつも、不安がつきまとうのは地震以外に
福島第一原発の事態の進展
はっきりしない政府の発表は事態が収拾に向かっているのか、悪化しているのかが非常にわかりにくい
特に関東域の方々の不安の内訳はその辺りなのではないでしょうか?
ガイガーカウンターを購入しました。大学院以来ですがこんなものを使う日がまたくるとは思ってもいませんでした。
実際の報道されている情報は果たして本当なのかを検証してみたいと思います。
b0112648_1650508.jpg

まず診療室内 0.1マイクロシーベルト毎時
ここのページの情報とも比較
平常時の2倍くらい。
b0112648_17101268.jpg

鉛で遮蔽されているレントゲン撮影室の中にある暗室
鉛の扉が2重になってますが・・・。あまり変わりないです。
天井や床は遮蔽されておらず、空調等も普通ですからあまりこういう時に役に立たないようです。

胸部エックス線写真撮影時の被爆線量が100−300マイクロシーベルトだそうなので。
診療室に1時間いると0.01マイクロシーベルト
現時点では全く心配ないようです。
天気予報ではないですが。ドイツに放射能予報をしてくれるページがありました。

by nooji1 | 2011-04-02 17:21 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://nojiden.exblog.jp/tb/15169116
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]