人気ブログランキング |

2011.05.15 ビンテージ

研究用に無理を言ってN先生に御借りしました.
Hanau University 130-21全調節性咬合器
b0112648_20161036.jpg


真ん中の板で側方顆路はこの板を伝って動くようです。
b0112648_15234012.jpg

作業側の再現ができるというのがこの咬合器の特徴で上下左右に60度の四角錐の
中であればどこでも再現できるようです。
そのため、チェックバイトをとってみると・・・
このように全周スプリットがあってきます。
b0112648_20325556.jpg

調べたら現存する全調節性咬合器は6種類しかないんですね。
N先生ありがとうございます。

by nooji1 | 2011-05-15 20:19 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://nojiden.exblog.jp/tb/15544691
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]