2012.06.25 情報の整理

勉強会でシェアしてもらった本を読んでおります。
「超」整理法―情報検索と発想の新システム (中公新書)
 この本は実は名前を知っておりました。その他のこの類の書籍には結構引用されているので気になっていたのです。
 1996年に執筆された書籍ですが、非常に根本的でわかりやすい情報の整理法は現在でもお手本になるものがあります。 
 ポケットを1つにするという事。
 時系列による分類(内容による分類を避ける)

などはかなり思い当たる事がありました。
この本が出版された当時にはできなかった事としては (知的生産の技術にも書かれておりましたが)
机ごとに情報を整理せざるを得なかった点は、現在は上記2項目をクリアした上で
クラウドコンピューティングが達成できていると思いました。
b0112648_14204644.jpg

野口式押し出しファイリングシステムはどうか?
b0112648_14273888.jpg

先に書いたGTDの考え方のうち 実行中のノートで時系列に並べると使う事ができる
かと思います。
[PR]

by nooji1 | 2012-06-25 22:44 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://nojiden.exblog.jp/tb/18492224
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]