人気ブログランキング |

2015/08/28-30 救歯会サマーセミナー

今年も年に一度の救歯会夏合宿に参加して参りました。
テーマは咬頭嵌合位の回復と保持
初日の夜から
 吉野先生の論文報告の状況説明。現在救歯会は、歯根破折の予兆についての調査が行われています。
二日目に全員発表
嵌合位を回復、保持する 
統一テーマは大変秀逸でして、ではどうなったら嵌合位は回復できたのか?
どうなったl嵌合位は保持できているのか?
咬頭嵌合位は臨床咬合学事典によると、上下顎の天然歯あるいは人工歯が咬合接触する事により決定される咬合位の一つ上下額歯列がもっとも多くの部位で接触嵌合した状態の顎位とあります。
最大接触していたら咬頭嵌合位と呼べるのでしょうか?
天然歯での嵌合状態で数点しか咬んでいない人もいます。 歯並びが悪くても問題なく咬んでいる方もいます。
その方はもともとの咬頭嵌合位はないのでしょうか?
逆に人為的に最大接触点を付与させたらそれは咬頭嵌合位なんでしょうか?
b0112648_17561420.jpg

この方は過去にほとんどの歯をクラウンで修復してあり、接触点が乏しかったため
上下修復を行いました。接触点は増えました。
しかし多分もともとこのような接触ではなかったはずです。
b0112648_1756356.jpg

歯ぎしりの強い方なので5年もしないうちに点が面になってきます。
面になると言うことは上下の写真はすでに高さがわずかに低くなっている可能性があります。
数ミクロンのレベルですが、当初与えたはずの顎位(高さ)は維持できていない事になります。
定義では上下とももっとも多くの部位で接触しているはずなので、上の写真をこの時の嵌合位
と呼べるのであれば、下もまた嵌合位ということになります。
でも上下の嵌合位は別のものであるといえます。
歯は絶えず動いてすり減って、上下の関係を変化させていく
そんなものである事を再認識しました。
b0112648_19324414.jpg

by nooji1 | 2015-08-30 13:35 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://nojiden.exblog.jp/tb/24865327
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]