2016/02/27-28 もくあみ会

年に一度の勉強会 もくあみ会に参加して参りました。
b0112648_20231070.jpg


今年は3年ぶりの発表もあり、1ヶ月ほど前から準備で非常に憂鬱な日々を送っておりました。
カルテを見返して
そのとき考えていた事を思い出して
あれ?このデンタルは何を見ようとしてとったんだっけ・・・?
もしくは
「コレを警戒して○○したはずなのに、そのときの資料がない!」
等々
はたまた、自分は治療をしていたのでわかるが
果たしてこの発表で、どのくらい分かりやすいか・・・
兎角言葉を端折ったり、省略しがちな自分がいる事はさすがに理解しておりますが
この作業はいつも悩む事が多いです。
b0112648_2071818.jpg


治療をしていた当時を思い返すこともよくあります。
今回出題した来院者さんとは10年以上の長いお付き合いでした。
卒後2年目くらいの経験のない術者に
倍以上の年齢の社会的地位も人生経験もある来院者さん
少々技術がついて術者が天狗になっていた時期にも、うまくご来院されておられました。
初診から9年後に大幅な介入が必要になったときには、現症の深刻さからくる治療介入の大変さ
と遠方から来る大変さを思い、治療の方向性と共に眠れないくらい悩んだ記憶があります。
年齢も70歳をこえて、風邪を引いたり体調を崩されることもしばしば
それでも遠方から4ヶ月に一度のメンテナンスにいらして頂いておりました。
振り返ってみるとこの方から、様々な事を学んだように思います。
長い時間の中で、患者さんと先生という風な関係でしたが
どちらが先生だったか分からない。
自分はこの方に対して治療を通じて真摯に向き合えたのだろうか?
全力を尽くせたのだろうか?
そんなことを考えます。
発表を通じてさまざまな先生から、いろいろなご意見を聞きました。ご意見を頂いた先生方有り難うございました。
しかし今なお処置が妥当だったかは分からない。
経過が終える限りは責任をもって、健康を守る努力がしたいと肝に銘じました。
[PR]

by nooji1 | 2016-02-27 19:58 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://nojiden.exblog.jp/tb/25447098
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]