2016/05/25 必見「歯根破折の予兆を読む」

6月号の「歯界展望」が医師薬出版からとどきました。
b0112648_21311812.jpg


 救歯会会員の先生方の歯根破折症例をあつめてレントゲン写真の予兆時の
所見を疫学調査結果と座談で検討するという企画が掲載されています。レントゲン画像から歯根破折の兆しをよむ事が、どのくらい出来るか? この企画はそもそも、昨年の黒田勉強会でM先生の発案で立ち上がりました。約一年間勉強会で検討がなされ救歯会の会員の先生方のデーターが収集されてこのような形になりました。
 掲載されているデンタル写真はどれも画質、方向も綺麗で大変見応えのある特集となっております。
レントゲンの画質や撮影の規格性に拘ると、歯根破折のような予測がしづらいものにもかなりの信憑性で予兆を読むことが出来る事にも驚きましたし、救歯会の先生全員が掲載されているレベルの画質、規格性を持っている「救歯会」ってすごいなと改めて感じました。 お勧めの記事です。
[PR]

by nooji1 | 2016-05-25 21:31 | | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://nojiden.exblog.jp/tb/25839091
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]