2016.06.30 語る会の準備

今年も年に一度の大規模な勉強会「臨床歯科を語る会」を目前に準備を行っております。
エントリーは欠損歯列のはずでしたが、発表以来はこちらでして都合により出題することと相成りました。
b0112648_2259101.jpg

しかし始めてみると難しい・・・。
根管治療の難症例ってなんだ?
マイクロスコープと歯科用レーザーとCTが歯科における御三家みたいな風潮の昨今
マイクロエンドのハンズオンやセミナー、学会はなかなかの盛況かと思いますが・・・。
一方で昨年の語る会のエンドペリオ病変の分科会でも術者の経験差がほとんど出なかった記憶があり
根管治療は術者経験が割と若いうちに良好な結果が出てきたりする事も事実。
おそらく、マイクロがなくても、根尖病巣を治す歯科医師は結構多いはずです。
そんななか、根管治療の難症例とはなんだろう・・・
極端な湾曲根
狭窄の強い根管
複数の分岐や形態、側枝、隠された根管などなど
機械や器具の進化でだいぶ解決されている問題が多いように思います。
しかし手を尽くしても治らない症例には破折が絡んでいることが結構あるように思いまして。
タイトルのような出題としたわけですが
うーん、やはり企画の趣旨に完全に外れていますかね・・・
だんだん出題するのが怖くなってきた。
[PR]

by nooji1 | 2016-06-30 23:12 | 勉強会 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://nojiden.exblog.jp/tb/25967534
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]