2016/02/11-12 もくあみ会

年に一度の勉強会「もくあみ会」に参加して参りました。
 「臨床基本ゼミ」のOB会であり、「勉強したことが身につかず「もとのもくあみ」にならないようにという意味合いがあるとの事です。
 発足はかなり古く、今年で15周年ということ。勉強会としての原点に返るべく今年は日曜日も全体回ではなくケースプレゼンテーション
 が行われ、全体で14人が出題されました。
  各スタディーグループの気鋭の先生方の発表と言うことも、新人の先生の熱意のある発表もあり全体的にすごいレベルの発表だったと
 感じました。今年の臨床歯科を語る会でも分科会のテーマとなるディープオーバーバイト症例の問題についても話題が登り、一年間のはずが
 大変な浦島太郎状態を体験しました。火曜会の先生方の進化のスピードに瞠目しました。さすがエリート集団です。
b0112648_16311839.jpg
b0112648_16333610.jpeg
2日目にこのような書籍をいただきました。以前黒田勉強会で黒田先生にご紹介頂いた書籍で、かつて2年前と3年前に行われた長谷川成男先生をお呼びしての救歯会外来講師講演会で拝読した参考文献に幾度となく登場した論文です。まさか手に入るとは思っていなかったので大変嬉しかったです。有り難うございます。来年のもくあみ会は新潟で行われるとの事です。


[PR]

by nooji1 | 2017-02-13 16:37 | 勉強会 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://nojiden.exblog.jp/tb/26649851
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]