2018/12/13 院内勉強会を行いました。

月に一度の院内勉強会を行いました。

b0112648_11020884.jpg

今月は初診患者さんの問題発見を行いました。

写真やレントゲン写真から得られる問題を発見し、因果関係や症例の難易度を考える作業です。

単純な問題のスクリーニング作業かと思えば、その患者さんごとに実に様々な細かい問題が写真からみてとれます。

3年目になる当院の衛生士もようやくですが、それぞれの問題点がどういう意味を持つのかをつないで考える様になって参りました。

過去の既往や過去に起こった事から、問題点の共通性を見いだす。

問題点の原因を予想する。

疑問を持つことは難しいですが、問題が読めるようになると大変嬉しいものです。

b0112648_11072869.jpeg

今回は、一歯単位の問題点だけでなく、一口腔単位の問題を見てもらう様に欠損歯列の症例を呈示しました。

しかしこれは若干難しい。

やはり基本は歯牙が揃っていて問題がある方をどのように読み解くか・・・。

先日のスキーセミナーと違ってなかなか、相手のレベルに寄り添う事の難しさを感じます。

書籍の抄読はD. カーネギー先生 「人を動かす」

以前衛生士と抄読した、長野県の衛生士勉強会「百合の会」新人合宿での「モチベーション」について書かれた作文に

本書が出てきており、二人で興味を持ったわけです。

自分自身は何度か再読しておりますが、スタッフとシェアするのは初めてです。

患者さんのモチベーションアップに参考になればとおもい第1章から抄読をはじめました。



by nooji1 | 2018-12-13 10:27 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://nojiden.exblog.jp/tb/28985998
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]