人気ブログランキング |

2018/12/18 個別性を読むこと

月に一度の院外勉強会に参加して参りました。

本日は症例検討3例。

前々回くらいからの新しい試みで、初診時の読みを強化すべく事前の資料に終了時や治療方針の情報がない状態で検討していきます。

以前来行われている、スクリーニングからの診断から一歩進んで患者さんの個別性を診断や処置方針検討に織り交ぜてのディスカッション。

未だに進化を続けている勉強会に驚きを感じます。

論文抄読は 日本歯科医師会雑誌vol.71 No7 2018.10号 欠損補綴への取り組み 〜患者の個別性への配慮と対応〜 壬生秀明先生

本勉強会の先生が書かれた論文を抄読するという日が来ることが驚きです。

卒業間もない先生にとっては、病態の把握や進行に得体の知れない欠損歯列はやはり「怖いもの」。

症例の難易度や、未来予測にはスクリーニングは大変有用で、様々な症例に救われる思いがしました。

しかし同じ欠損形態でも、問題が起こる方もいれば、起こらない方もいる。

その意味を深く考えるという試みで、画期的な事柄です。

「歯数」などで一般化しやすい「個体差」は学会や論文、スタディーグループ、先生同士の会話の共通言語としては大変使い勝手が良い。

一方で誰もが、同じ症例がない事を知っているように個別性については少なからず考慮した上で治療方針を立てている。

一般化できない、客観的に書くことが難しい内容を大変分かり安くまとめて有りました。

b0112648_12575866.jpg
写真は今年喜寿を迎えた黒田先生のお祝い。

皆さん言い笑顔です。
b0112648_12581300.jpg



by nooji1 | 2018-12-19 12:52 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://nojiden.exblog.jp/tb/28986287
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]