人気ブログランキング |

技工スペースをよりよく

 現在技工スペースの整理を行っておりまして、以前改造したバキュームモーターのゴミ問題に取り組んでおります。

バキュームモーターはその名の通り、モーターで吸引して技工作業中にでる粉塵をすいとる「掃除機」のような

機械です。

技工作業中の粉塵は主に「石膏」の為、部屋に細かい粉がまったりと体に良くありません。

モーターは家庭用の掃除機に入っているゴミパックを使うのですが・・・

コレがあまり良くない。

石膏くずがもれたりするのですね。

モーターも粉塵だらけで壊れてしまいそうなので、吸引している粉塵をなんとか上手く集める方法を考えたいと思っていました。

b0112648_11161475.jpg
バキュームモーターのカバーを開けると、このように布製のゴミパックが出てくるのですが、石膏が漏れていることがわかります。

そこでこんなものを使います。

b0112648_11181847.jpg
サイクロン 集塵機自作用

これは吸引された吸気中の粉塵やゴミだけを分離するものです。

ダイソンの掃除機のような作用がある。

これを取り付けます。

従来のゴミパックはフィルターのみを使い

b0112648_11205238.jpg

新たにペール缶を用意、ここにゴミを分離集めるようにします。

このペール缶蓋にパッキンがついていていい感じです。

b0112648_11223200.jpg
ペール缶の蓋に先ほどの分離するパーツがぴったり合うように穴を開けます。

分離パーツの円周が50mmなので直径は・・・(久し振りに円周率の計算をしました笑)

おかげでパーツも隙間無くぴったり。

b0112648_11242868.jpg

ペール缶の上部に分離パーツをねじで固定した様子。 

旨いこといきました。

あとは上部の穴にホースを繋いで、バキュームモーターに繋げば完成です。

b0112648_11275170.jpg
ゴミ缶にはゴミ袋を入れておけば、石膏ゴミを捨てる際にも便利。

地味ですがこんなことをやっています。






by nooji1 | 2019-05-15 11:29 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://nojiden.exblog.jp/tb/29422311
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]