人気ブログランキング |

ペルチェ素子による冷却装置について考えてみました。

前回の失敗がとても残念でしたので、往生際悪くペルチェ素子について調べています。

b0112648_12530241.png
まず前回購入した製品自体が成り立っていないことが分かりました。(今見返すと写真の組み上がりもおかしいことに気付きます)
b0112648_12361068.png
この半導体は40mm四方の正方形です。

12Vの電流が流れると、裏表に76度の温度差が出来ます。

この際に発熱部分の冷却が大変重要で、76度以上に発熱してしまうと急熱部分が壊れてしまうと言うことを学びました。



発熱部の冷却が大変重要だそうで(2回言いました笑)

仮に室温25度で急熱部分を4度に維持しようと考えると、発熱部分は50度近くまで冷却しなければ成らない事になるようです。

製品に入っていたファンでは長い時間その冷却を維持できない。

上記の状態を長時間維持する為に必要な冷却装置となると、4cm角のファンではだめで3倍くらいの大きさでヒートシンクも

かなりでかくしないといけない事が分かりました。

発熱側の冷却をどうするか?

ペルチェ素子を2重にするか?

冷却に保冷剤をつかうか?←(だったら外液槽に保冷剤をつかう従来の方法でいいのでは(笑)

うーん難しい。



by nooji1 | 2019-07-01 13:05 | Trackback(1) | Comments(0)

トラックバックURL : https://nojiden.exblog.jp/tb/29500249
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from Sakaidoori.E.. at 2019-07-05 09:35
タイトル : Sakaidoori.Exblog.Jp
ペルチェ素子による冷却装置について考えてみました。 : のじでんのひとりごと... more