人気ブログランキング |

2008年 01月 10日 ( 1 )

2008.01.10 シャープニング

歯石をとるスケーラーという器具をみたことがあるかとおもいます。
歯石は歯肉の下の歯根についており、歯と歯茎のくっつきを壊す細菌の足場となります。
コレをこわして、歯根からきれいにとるためにこのスケーラーの刃が鋭く研げないと出来ません。スケーラーの研磨については2005年に半年間W衛生士とカンカンになって取り組んだことがあったんですけど、開業からまたあらたに取り組みだしました。
b0112648_046617.jpg

使用後のスケーラーはこんな感じ、矢印の部分で歯石をとるわけですが、白い細い光がみえます。刃の部分が丸くなっており光が反射してみえているのです。
b0112648_046333.jpg

研磨後の拡大写真はこのような感じ光の筋がなくなります。この写真ではもう少し鋭くとげそうです。
b0112648_0475367.jpg

研磨後の確認はマイクロとデジタルカメラを拡大して確かめます。

by nooji1 | 2008-01-10 00:29 | マイクロスコープ | Trackback | Comments(0)