2010年 02月 17日 ( 1 )

2010.02.17 仮ブリッジ

こんばんは のじでんです
歯失った時、両側の歯が虫歯であった場合には両側の歯を治療してつなぐ方法があります。
両側の歯を柱にたとえて、橋をかけたようになるので「ブリッジ」と呼ばれています.数日後にセットされるブリッジの仮の歯が技工所から送られてきました.
b0112648_13487.jpg

三つ並んでいる真ん中の歯の部分は歯がない所になります。一見するときれいですが、この仮の歯は大きな問題を抱えておるようです。
 三つの歯が三つとも大きい!左側に見えているとなりの歯は天然の歯ですが、一目でそれより大きいと分かります.いぜんからお世話になっているT技工士さんとは違う何社かおつきあいしている大手の技工所の一つなのですが・・・。うーん残念!
 さいわいにも仮の歯なので磨けるように、これから形態修正をすることができますが、コレが形態の修正が困難な金属やセラミックスだったらと思うとぞっとします。
b0112648_1124834.jpg

裏から見たところ
b0112648_1172936.jpg

このくらいダイエットが必要ですかね?
実際にブラシを当ててみる。
b0112648_1191792.jpg

b0112648_1193775.jpg

いろいろな方向から当ててみて・・・
b0112648_1201395.jpg

どう歯ブラシを当てても、柱と柱の間の歯のない部分の裏側にブラシが届きそうにありません。
何かが詰まらないような配慮なのか

、仮の歯が折れないような配慮か?ただこのままセットして磨けない部分ができてしまって困るのは患者さんなのです。
[PR]

by nooji1 | 2010-02-17 01:00 | 虫歯 | Trackback | Comments(0)