2014年 06月 18日 ( 2 )

2014/06/17 黒田勉強会

月に一度の勉強会「黒田勉強会」に参加して参りました。
本日はミニケース2例
 主機能部位を確認してみた症例 
 加藤均先生の主機能部位を症例検討の考察の一助として使われており、主機能部位と主咀嚼側の違いなどの考察がされました。


b0112648_20162679.png
加藤先生の論文より抜粋しました。嗜好側とちがい
「右側の主機能部位」「左側の主機能部位」という風に求めるもののようです。

 2例目は「リカバリーにも失敗した上顎インプラントの一症例
 比較的埋入早期に脱落してしまったインプラントの症例に対して検討されていました。 
論文発表は先日の救歯会外来講師講演会で使われた論文の内の一方
 調節性咬合器の選び方 長谷川成男
b0112648_20233666.jpg

拝読すると、顆頭間距離調節機構を備えた咬合器の有用性や、フェイスボウトランスファーが必要ない理由が改めて理解出来ました。




[PR]

by nooji1 | 2014-06-18 20:26 | 勉強会 | Trackback | Comments(0)

2014/06/15 救歯塾

月に一度のセミナーに参加して参りました。
今回のテーマはブリッジワーク
両隣在歯を切削してつなぐブリッジを回避するためにインプラントをお勧めされる事が巷では多いとおもいますが、
インプラントを回避するために両隣在歯を削ってつないだブリッジが長期に経過した場合は、どちらがミニマムな治療
だったか差が微妙になってくるかと思います。 ブリッジでの補綴の際に注意しておくべき点をディスカンションしました。
b0112648_19413813.jpg

[PR]

by nooji1 | 2014-06-18 19:42 | 講演会 | Trackback | Comments(0)