人気ブログランキング |

2019年 07月 22日 ( 1 )

救歯塾に参加して参りました。

月に一度のセミナーに参加して参りました。

数年前にも一度行われたコーヌスクローネの内容を教えて頂けるセミナーです。

コーヌスクローネとは2重冠を使う義歯で、義歯の製作ステップが複雑で「間接法の最高峰」等と呼ばれたりする程

難しい補綴技法です。

昨今は技工士の不足や、CAD/CAMによるメタルフリー修復に注目が集まっている為かなかなか作り手と成ってくれる技工所が少なくなりつある様です。

当院は、お世話になっている技工士さんがいる為問題は無いですが、複雑な義歯をつくる技法を歯医者が知る意義は計り知れません。

なので今年も最高峰への登頂にチャレンジしたいと思います。


b0112648_18551372.jpg
セミナーで印象のデモを仰せつかりました。

流石に、ほぼ毎日やっているようなことなので、これはデモンストレーションで皆さんの前で行っても採れるようになりました。

考えてみれば、私のこの印象技法は「語る会」の様々な先生方と、黒田先生、救歯塾に育てられた様なものです。

ついこないだまで、圧排をしなければ採れないような感じでしたが(笑)

いつの間にか、圧排をせずに出来る様になってました。

有り難うございます。



採れた印象は
b0112648_18585824.jpg
b0112648_18590492.jpg
マージン部も問題なく全ての支台の全周でマージン下まで採れています。

b0112648_18594511.jpg
b0112648_19001966.jpg
前回よりも、作業模型まではたどり着きました。



by nooji1 | 2019-07-22 19:01 | Trackback | Comments(0)