人気ブログランキング |

2010.03.02 土台と仮の歯

こんばんは のじでんです。
昨日、届いた技工物の方のセットです。前もって奥の部分を模型上で削っておきました。
この歯の奥の部分を削って何をしたいかというと。
b0112648_23282458.jpg

最後にできる冠(クラウン)のダイエットがしたいのです.このままの土台の大きさで、なだらかなカーブにするとクラウンに穴が空いてしまいます.
b0112648_2330549.jpg

どうやるかというと、模型の上で削って
b0112648_23314287.jpg

それを歯にいれると、このような段差ができます。この状態で金属の部分と面一になるまで削れば丁度よい感じになります.

ミラーの下の方に土台との段差が見えています. わかりますか?
b0112648_23512153.jpg

ちなみにこの映像は、実態顕微鏡でのじでんが見ているのと同じものです。

段差をなくしていきます.  ミラークリアもうすこしがんばって(笑)
この一番奥の部分に、粘膜を傷つけないように入れるのはとてもむずかしい。
b0112648_0385877.jpg

先日このくらいかなーとおもって線を引いた写真と
b0112648_0393255.jpg

実際に後ろの部分をダイエットしたもの
b0112648_0401480.jpg

次回は最終的な研磨をして型を採ります.

by nooji1 | 2010-03-02 23:34 | 虫歯 | Trackback | Comments(0)

2010.03.01 土台と歯磨き

こんにちはのじでんです


タイトルが土台と歯磨き 全く関係ないように見えてそうでもないのです。
明日にセット予定の技工物が届きました. 前回型取りを行った症例のつづきですね。
b0112648_23595653.jpg

左上の一番奥の歯、この場所が苦手な歯医者さんはけっこう多いのではないでしょうか?。のじでんも得意ではありません. 理由としては
 先生の側から最も遠く、最もおくにある歯だからでしょうかね?
 頬の粘膜は気にしないといけないし、奥なのでドリルの頭が入りにくい
外側や、奥はミラー越しに削る部分を見なければいけない等 歯医者さん泣かせの部分なのです。
出来上がってきた土台と、歯の模型は結構きれいです。ちょっと自慢。ミラー越しでもちゃんと形が整っています.
b0112648_04533.jpg

土台の天井の部分(赤)
b0112648_0536100.jpg

土台の裾の部分(青)ここをマージンと呼びます.
かぶせ(クラウン)はたった一個でも、患者さんに説明されない膨大な注意事項と手間ひまがかかっているという事をお伝えしたいのです.
先ほどの赤と青の部分の位置関係と注意点は、思いついただけでもこんな感じ
b0112648_08183.jpg

つまり、理想的な歯の形を技工士さんが作れるようにする為には、まず土台がしっかりしていないとだめなのです。
まず模型をよく観察します。
b0112648_0112457.jpg

形作った歯の表面に、波上のしわがあります. 合わせを良くする為には、このようなしわが一つもあってはならないのです。 そのため次回はこの部分を研磨するという事が、まえもって分かります.
仮の歯 教科書的できれいです. 歯ブラシを当ててどのようにあたるかを観察してみます.
b0112648_0264773.jpg

b0112648_027897.jpg

外側
b0112648_0273371.jpg

内側
b0112648_0275526.jpg

奥側 ここがちょっと磨きにくそうです.
b0112648_0283439.jpg

横から見たところ、歯肉から立ちあがる感じは青い線の方が磨きやすそうです.
技工士さんはそうした方が良いのはわかっているはずですが、できなかった
「土台の奥がわを削る量がたりないから」 です。
そこでお口の外でまず削ってしまいます.
b0112648_032452.jpg

・・・と型をとってからできてきた土台を、ポン付けするのと、このような事を考えて取り組むのとでは出来上がりにかなりの差ができると思います.
次回セット 仮の歯がどのようにお手入れされるかをみます。

by nooji1 | 2010-03-02 00:33 | 虫歯 | Trackback | Comments(2)

2010.02.19 本日の患者さん

本日いらした患者さん
 以前反対側に冠をセットした方です。この方は後もう少しで終了になります。
前回と同じ方法で土台の方を採ります.プラークコントロールいいですね!
患者さんも頑張ってくれているので、ぜひそれに応えたい!。この部分もパーフェクトを目指して頑張っていきます.
b0112648_5484471.jpg

土台の入る部分の干渉を極力抑えたいので、とてもきれいに研磨します.
b0112648_5501643.jpg

型取りをしたところです.採った型も患者さんにとってはまじまじと見る事は少ないと思います.この方は頬側の根が2つあるのですが、ほとんど1つにまとまっていました。型取りはとても神経を使います.でもきれいに採る事ができました.
患者さんが見えない部分にこそ、誠実に妥協なく、魂のはいった治療をします。

by nooji1 | 2010-02-20 05:41 | 虫歯 | Trackback | Comments(0)

2010.02.17 仮ブリッジ

こんばんは のじでんです
歯失った時、両側の歯が虫歯であった場合には両側の歯を治療してつなぐ方法があります。
両側の歯を柱にたとえて、橋をかけたようになるので「ブリッジ」と呼ばれています.数日後にセットされるブリッジの仮の歯が技工所から送られてきました.
b0112648_13487.jpg

三つ並んでいる真ん中の歯の部分は歯がない所になります。一見するときれいですが、この仮の歯は大きな問題を抱えておるようです。
 三つの歯が三つとも大きい!左側に見えているとなりの歯は天然の歯ですが、一目でそれより大きいと分かります.いぜんからお世話になっているT技工士さんとは違う何社かおつきあいしている大手の技工所の一つなのですが・・・。うーん残念!
 さいわいにも仮の歯なので磨けるように、これから形態修正をすることができますが、コレが形態の修正が困難な金属やセラミックスだったらと思うとぞっとします。
b0112648_1124834.jpg

裏から見たところ
b0112648_1172936.jpg

このくらいダイエットが必要ですかね?
実際にブラシを当ててみる。
b0112648_1191792.jpg

b0112648_1193775.jpg

いろいろな方向から当ててみて・・・
b0112648_1201395.jpg

どう歯ブラシを当てても、柱と柱の間の歯のない部分の裏側にブラシが届きそうにありません。
何かが詰まらないような配慮なのか

、仮の歯が折れないような配慮か?ただこのままセットして磨けない部分ができてしまって困るのは患者さんなのです。

by nooji1 | 2010-02-17 01:00 | 虫歯 | Trackback | Comments(0)

2010.02.05 歯の治療

昨年にコアが入った方のつづき、ようやく被せものが入ります.
白金加金のクラウンになります。
修復物の種類は色々あります。最近では白い歯の色をした美しい修復物が話題となる事が多い様ですが、金属の修復にはそれなりの良さがあります.
 
 まず歯との合わせが良い事。金属を鋳込む方法でオーダーメイドで制作します.
行程が複雑な分、ぴったり合わせる為には技工士と歯科医院の技術力が問われます.しかし古くからある実績のある方法であるため、その方法を頑に守れば非常に良い結果を出す事ができるのです.

 次に古くからあるという事(実績があるという事)は見えにくい部分であれば、非常に無難な経過をたどると言われています.
b0112648_22272783.jpg

形の修正が終わった状態。拡大してできるだけ表面を滑らかに研磨します.
b0112648_22294276.jpg

この歯はほとんど直接見る事ができないため、ミラーを見ながらの研磨です。
b0112648_22305214.jpg

模型になった土台の状態、ここまできれいに研磨して型取りするのは本当に神経を使います.
b0112648_2232359.jpg

あまり見る事がないのではないでしょうか?。冠の裏側です。
白くもやのように見えているのは、適合試験材というもので合わせのよし悪しを見るものです。
練った後、冠の中に入れた状態で土台にのせ、しばらく咬んでもらっていると土台と冠の間で固まり、土台と冠の間の隙間がどのくらいあるかがわかります。
b0112648_2252374.jpg

マイクロメーター0.1ミクロンまで厚みを測る事ができます.
適合試験材を間に入れて、厚みを決めて固めたものと比較すると
b0112648_2301016.jpg

天井部分でも10ミクロンをきっているのがお分かりいただけるかと思います.
文献によると、普通につくった冠は天井部分で100ミクロン近く隙間ができるという結論が出ているため、この冠がいかに隙間がないかが分かります.
b0112648_2323062.jpg

わずかに干渉する部分を調整していくと、このくらいの薄さにまでする事ができます.
b0112648_2333984.jpg

セットした状態。舌の方から撮影。
b0112648_234102.jpg

頬の側から撮影。次回はこの部分のブラッシングのチェックになります.
b0112648_5392669.jpg

セット時のレントゲン。土台も冠もきれいにはいりました。^^

by nooji1 | 2010-02-05 22:17 | 虫歯 | Trackback | Comments(0)

2009.12.26 コアのセット

こんばんは のじでんです。
先日の分割コア(土台)のセットを行いました.この部分は上ものがかぶってしまうと見えなくなってしまう為、患者さんからはどのようなものがどのような精度で入ったかは全く分からない部分になります.
b0112648_21574576.jpg

舌側のパーツの適合、ほとんど模型と同じにはいりますが・・・
b0112648_22013.jpg

わずかな干渉はこのような金属の「すれ」で分かりますこの部分を地味ですが、調整していきます.
写真は調整後です。
b0112648_2221160.jpg

最終的に型をとるまでにはもっときれいな形に修正していきますが、この時点で歯と土台との適合はかなり良かったです.
b0112648_2233646.jpg

セット後舌側から
b0112648_2241185.jpg

頬側から
b0112648_23342561.jpg

レントゲン写真内側の合わせをみます。
b0112648_2243440.jpg

仮の歯の状態

by nooji1 | 2009-12-26 21:55 | 虫歯 | Trackback | Comments(0)

2009.12.25 分割式

コアの印象の方、技工物がきました.
b0112648_23562751.jpg

b0112648_23565841.jpg

印象面
b0112648_23581193.jpg

石膏模型
b0112648_23585880.jpg

別の角度から
b0112648_23592316.jpg

3分割式コア 技工士さん気合い入ってます。
この三つの部品が
b0112648_002385.jpg

一つに組合わさります.
b0112648_01222.jpg

模型との適合
b0112648_02094.jpg

こんな感じ、コンサバティブな治療も行います.
b0112648_073618.jpg

仮の歯

by nooji1 | 2009-12-25 23:25 | 虫歯 | Trackback | Comments(0)

2009.12.23

b0112648_23391210.jpg

(掲載は患者さまの同意を得ております.)

by nooji1 | 2009-12-23 23:36 | 虫歯 | Trackback | Comments(0)

2009.12.04 目標

こんばんはのじでんです。
最近の読み物に、新潟の精密部品工場のお話がありました。プラスチックのとても小さな製品を作る為に親子二代で会社を育ててきたというお話です. 部品のクオリティーは目標「公差プラスマイナス0」
詳しくはないんですが、多分難しいと思うんですね。でもその心意気がいいですよね。
モノを作るのも、機械を操るのも、歯の治療をするのも、最後は人ですから、こういう魂のはいった仕事をするかどうかは
その人が決めてしまうものなのではないかなとおもってます。
仕事は違ってもそういう精神は同じ
一本の歯の治療でも目標はつなぎ目のすくない詰め物、被せもの
b0112648_0462630.jpg

本日いらした患者様 根の治療が終わりコアの印象です。
魂のはいった治療をめざします。

by nooji1 | 2009-12-04 00:50 | 虫歯 | Trackback | Comments(0)

2009.11.29 歯の間 歯肉の際

こんばんは のじでんです。
本日いらした患者様の写真、(ブログ掲載はご本人の了承済)
b0112648_0391891.jpg

詰め物の端から2次むしばになっておりました。詰め物と歯との合わせ目がうまく磨けていなかったかは定かではありません。
よく見ると詰め物の、歯肉よりのところが黒くなっています.この部分は歯肉からでる浸出液(しんしゅつえき)で乾燥しにくく、詰め物を接着しにくい場所なのです.
 偏見かもしれませんが、「詰め物の合わせもソコソコで、磨き方もソコソコ」という状況がこのような悲劇を招いたのではないかとおもいます。磨きやすい詰め物と、こういう磨きにくい場所という事をお伝えしないと、次に虫歯になったときはいよいよ根の治療になってしまいます.
b0112648_037576.jpg

かなりきわどく、神経ぎりぎりのところで虫歯をとりきることができました。仮の詰め物をいれて、しばらくは安静が必要です。

by nooji1 | 2009-11-29 00:27 | 虫歯 | Trackback | Comments(0)