人気ブログランキング |

カテゴリ:勉強会( 120 )

2013/01/22 複根歯の移植

月に一度の院外勉強会に参加して参りました。 
当院ではインプラントの埋入を極力控える
残す事が出来ない様な歯がある場合に、親知らずを利用した「自家歯牙移植」に取り組んでおります。

b0112648_12373251.jpg


インプラントよりも複雑でケースバイケースの治療術式、判断が必要になるために
その成功率が術者によってかなり変わる難しい治療です。

出題したケースはさらに難しい適応症ではないとされるような智歯を用いた移植です。
b0112648_1211336.jpg


そんな難しい処置でも、最後にご自身の歯で食事が出来るようになってほしいと思います。

by nooji1 | 2013-01-23 12:38 | 勉強会 | Trackback | Comments(0)

2013.01/22 院外勉強会

月に一回の勉強会の準備中
本日の出題内容は「複根歯の自家歯牙移植」
b0112648_1338233.jpg

by nooji1 | 2013-01-22 13:39 | 勉強会 | Trackback | Comments(0)

2012.11.20 院外勉強会

月一の院外勉強会に参加して参りました。
今月はレポート発表で出題
今回のレポートの論文は以前こちらでも紹介した
補綴臨床 2012年3月45巻2号 119頁
「特集 プラークコントロールの次に来る課題」 熊本県菊池市 林康博先生
発表に先だち、2月ほど前からの準備となりました。林先生のデータベースに影響をうけ
新たなデータベースのファイルを立ち上げたのが、9月初旬でした。
仕事終わりにちくちくつくっていく為、この2ヶ月ほど睡眠時間が激減する始末。
出題は出来たものの、できあがったデータベースの姿としては残念な形になりました。
林先生は7年もの歳月をかけて完成させたとのこと。そう考えるとそんなに甘いものではないなとおもえます。
しかしいろいろなサジェストを頂けたのでまた頑張っていこうと思います。

by nooji1 | 2012-11-21 00:45 | 勉強会 | Trackback | Comments(0)

2012.08.24-26

今年も救歯会の夏合宿が始まりました。
2泊3日で山中湖でおこなわれました。3日ともほぼ勉強漬けのかなりストイックな催しです。
b0112648_111182.jpg

b0112648_1112150.jpg

b0112648_1112284.jpg

by nooji1 | 2012-09-01 01:08 | 勉強会 | Trackback | Comments(0)

2012.08.28 勉強会

衛生士さんとの勉強会を行いました。
b0112648_22283738.jpg

治癒の病理 歯周治療 第2章歯槽骨の再生

by nooji1 | 2012-08-28 22:28 | 勉強会 | Trackback | Comments(0)

2012.07.27 情報のインプット1 Filemaker pro 歯苦歯苦

こんばんは のじでんです。
先日教わったデーターベースのファイル「歯苦歯苦」ですが、実に色々できることが分かってきました。
その一つに歯周組織検査が有ります。
開院当初から当院の歯周検査はポ○ットプ○スペリオでしたが、高額な製品の割にあまり使い心地がよくない・・・。ポケット端末からの入力はいいのですが、アフターサービスがぞんざいだったり分岐部が記録できなかったり排膿が記録できなかったり・・・
とにかく垢抜けないのです。
 そのためにいけていないポケット○ラスペリオから脱却しようとおもいます。
b0112648_21354671.jpg

まずは動作確認。 ちゃんと動くことが確認されました。
今まで使用してきたデータベースソフトからの移行を試みます。
まず従来のデータベースとリレーションシップを・・・。
b0112648_21373343.png

えーと・・・(笑)。 負けずに一つ一つのリレーションを理解して。
従来のデータの基本的な部分のみは本日中に移行する事ができました。
b0112648_214111100.jpg

歯周組織検査を入力するためには、ユニット横にあるマックを何とかしなければなりません。
手前のユニットに有るマックは入力には問題ないのですが、先週CDを飲んでくれたまま出てこなくなってしまいました。
b0112648_21431494.jpg

受付の横にあるマックは調べたところ、Filemaker pro のバージョンアップにはまず
OSののせかえが必要で、なおかつOSを変えるためにはメモリーの増設が必要であることが分かりました。
文字通りの四苦八苦がつづいてます(笑)。

by nooji1 | 2012-07-27 21:47 | 勉強会 | Trackback | Comments(0)

2012.07.25 院内勉強会準備

こんばんは、のじでんです。
月一回の院内勉強会の準備をしております。
テーマは成書 「治癒の病理/臨床編」第2巻歯周治療 ようやく第3章
横浜臨床座談会 丸森健二先生
歯周疾患の治癒の一つに「長い上皮性の付着」という形があります。偉大な先人の先生方の臨床経過から
この治癒の形が長い時間安定して健康な状態を保つことが分かっております。
b0112648_1374449.jpg

本文中より抜粋

by nooji1 | 2012-07-24 22:58 | 勉強会 | Trackback | Comments(0)

2012.07.19 黒田勉強会

月一回の院外勉強会に出席して参りました。
部分的な治療の妥当性をディスカッションするミニケース2症例
術後経過のある症例の初診時から治療方針をディスカッションする「じっくり一症例」
抄読論文の解説が行われました。
また先週行われた「臨床歯科を語る会」で金子先生が発表された
KA367について勉強しました。

by nooji1 | 2012-07-19 12:20 | 勉強会 | Trackback | Comments(0)

2012.07.06-08 臨床歯科を語る会

2泊3日の大きな勉強会に参加して参りました。
「臨床歯科を語る会」 北府中のクロスウェーブで行われました。

b0112648_20243475.jpg

b0112648_21104593.jpg

初日 新人発表
写真は火曜会 金子先生 無門塾三上先生による 欠損歯列の考え方「KA367にみる偏在と咬合崩壊」 
b0112648_20243466.jpg

2日目の分科会「上顎大臼歯Ⅲ度根分岐部病変への対応」
いつも大変お世話になっている火曜会の千葉先生がコーディネーターでした。
のじでんも出題し、勉強させてもらいました。
テーブルクリニック 熱気が伝わるでしょうか 満席です。
「技工士とともに歩む歯科臨床」
b0112648_2238832.jpg

b0112648_22245336.jpg

技工士とのやりとりを出題しました。 
b0112648_23274746.jpg

押見先生と金子先生、黒田先生と一緒の写真。思い出の一枚になりました。
b0112648_21284911.jpg

2日目 夜の部屋 北九州歯学研究会 下川公一先生 通称下川道場
テーマは「審美あの手この手」
b0112648_21584624.jpg

のじでんはここで終了でしたが、この日はだいぶ遅くまで語り合われたようです。
翌日のアナウンス「えー昨日靴を忘れた方が・・・」(笑)
どれだけ激しい飲みだっただろう
b0112648_2210457.jpg

K先生(笑) さすがです。
b0112648_20243554.jpg

最終日 救歯会 西堀 雅一先生
 「インプラントの過去と現在」
 インプラントのコンセンサスの変遷を勉強しました。

by nooji1 | 2012-07-08 20:22 | 勉強会 | Trackback | Comments(0)

2012.07.05 救歯会例会

月一の勉強会に参加して参りました。
b0112648_1093961.jpg

インプラントを義歯の異なる支台装置にした症例が2症例
咬合再構成の症例が1例 
約3時間ほどの勉強会です。

by nooji1 | 2012-07-05 10:09 | 勉強会 | Trackback | Comments(0)