人気ブログランキング |

2018/12/18 個別性を読むこと

月に一度の院外勉強会に参加して参りました。

本日は症例検討3例。

前々回くらいからの新しい試みで、初診時の読みを強化すべく事前の資料に終了時や治療方針の情報がない状態で検討していきます。

以前来行われている、スクリーニングからの診断から一歩進んで患者さんの個別性を診断や処置方針検討に織り交ぜてのディスカッション。

未だに進化を続けている勉強会に驚きを感じます。

論文抄読は 日本歯科医師会雑誌vol.71 No7 2018.10号 欠損補綴への取り組み 〜患者の個別性への配慮と対応〜 壬生秀明先生

本勉強会の先生が書かれた論文を抄読するという日が来ることが驚きです。

卒業間もない先生にとっては、病態の把握や進行に得体の知れない欠損歯列はやはり「怖いもの」。

症例の難易度や、未来予測にはスクリーニングは大変有用で、様々な症例に救われる思いがしました。

しかし同じ欠損形態でも、問題が起こる方もいれば、起こらない方もいる。

その意味を深く考えるという試みで、画期的な事柄です。

「歯数」などで一般化しやすい「個体差」は学会や論文、スタディーグループ、先生同士の会話の共通言語としては大変使い勝手が良い。

一方で誰もが、同じ症例がない事を知っているように個別性については少なからず考慮した上で治療方針を立てている。

一般化できない、客観的に書くことが難しい内容を大変分かり安くまとめて有りました。

b0112648_12575866.jpg
写真は今年喜寿を迎えた黒田先生のお祝い。

皆さん言い笑顔です。
b0112648_12581300.jpg



by nooji1 | 2018-12-19 12:52 | Trackback | Comments(0)

2018/12/13 院内勉強会を行いました。

月に一度の院内勉強会を行いました。

b0112648_11020884.jpg

今月は初診患者さんの問題発見を行いました。

写真やレントゲン写真から得られる問題を発見し、因果関係や症例の難易度を考える作業です。

単純な問題のスクリーニング作業かと思えば、その患者さんごとに実に様々な細かい問題が写真からみてとれます。

3年目になる当院の衛生士もようやくですが、それぞれの問題点がどういう意味を持つのかをつないで考える様になって参りました。

過去の既往や過去に起こった事から、問題点の共通性を見いだす。

問題点の原因を予想する。

疑問を持つことは難しいですが、問題が読めるようになると大変嬉しいものです。

b0112648_11072869.jpeg

今回は、一歯単位の問題点だけでなく、一口腔単位の問題を見てもらう様に欠損歯列の症例を呈示しました。

しかしこれは若干難しい。

やはり基本は歯牙が揃っていて問題がある方をどのように読み解くか・・・。

先日のスキーセミナーと違ってなかなか、相手のレベルに寄り添う事の難しさを感じます。

書籍の抄読はD. カーネギー先生 「人を動かす」

以前衛生士と抄読した、長野県の衛生士勉強会「百合の会」新人合宿での「モチベーション」について書かれた作文に

本書が出てきており、二人で興味を持ったわけです。

自分自身は何度か再読しておりますが、スタッフとシェアするのは初めてです。

患者さんのモチベーションアップに参考になればとおもい第1章から抄読をはじめました。



by nooji1 | 2018-12-13 10:27 | Trackback | Comments(0)

2018/12/07-08 平沢先生BSAセミナー

ようやくスキーの季節がやって参りました。

今年も志賀高原 熊ノ湯スキー場で行われる。

BSA主催 平沢文雄先生のプライベートセミナーに参加して参りました。

平沢先生は今年で84歳ですが、84歳とは思えない鋭い滑りをされておられました。


今年は暖冬のせいか、積雪量がすくなくゲレンデもかなりさみしい状態でしたが・・・。

ゲレンデは一カ所がなんとか滑走可能の状態でのセミナーとなりました。

それでも滑れる状態のゲレンデがある事はありがたいことです。


今年はターン要領の内のターン後半の外足首の緩め方から、つま先への重心移動に焦点を絞って

教えて頂きました。 お話をお伺いする事は今年で3シーズン目になりますが、最初のシーズンは

内容が全くわかりませんでした。

今見返すと、その理論の合理性がとてもよく分かります。

b0112648_10155656.jpg
体がどのような状態になっているかを把握して、言葉として伝える。

そして伝える相手がどのように受け取るかを予想して、相手に合わせてお話の仕方を変えられる。

物事を指導する際の「繊細」さに毎年瞠目致します。

このようなところでも日々勉強です。




by nooji1 | 2018-12-09 10:25 | Trackback | Comments(0)